page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「チップス」の見どころ情報

チップスに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「チップス」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果15

1 2 末尾 次へ


「ラファエル」の姉妹店として人気の「エル・メルカド」
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • 中南米/ペルー/リマ 
ラテンアメリカ随一の美食の都リマは、数千ものレストランがひしめき合うグルメ激戦区。世界的な口コミサイトに掲載されるレストランだけでも3000店を超え、有名店といえど努力抜きで決してその地位に安住することはできない。その中で何年も変わらぬ支持を集めているのが、ミラフローレス区の「EL MERCADO(エル・メルカド)」だ。メルカドとはスペイン語で“市場”のこと。ペルーの豊かな自然が育んだ瑞々しい食材が並ぶ伝統市場、そんなメルカドを体現したさまざまな料理が味わえる。オーナーシェフは「ラテンアメリカ・ベストレストラン50」の常連「RAFAEL(ラファエル)」でお馴染みの、ラファエル・オステリングだ。

この記事の続きを見る


カメのマークが目印の「Two
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • オセアニア/オーストラリア/ケアンズ 
ケアンズ空港から、少し北に向かったところに、Two Turtles Taproomがあります。国道1号線から見えてますが、1本中に入った道沿いなので、一旦通り過ぎて、ファーマーズマーケットに入る道を左折し、少し戻る感じです。

この記事の続きを見る


2、美味しいアメリカ料理と名物ポテチ「METRO
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/シカゴ 
涼しい午前中からたっぷりのマイナスイオンと太陽を浴びて歩き回り、心も身体もスッキリ気分一新、都会の喧騒から離れリフレッシュできたら、そろそろお腹が元気良くググゥ〜ッとなりませんか?そんなお昼にオススメの美味しいアメリカンがいただけるのがこちらのお店です。こちらのお店では古典的なアメリカ料理を少し現代風にアレンジした最近流行のニューアメリカンも取り入れている郊外にありながらちょっとお洒落な雰囲気を醸し出しているお店です。

この記事の続きを見る


どこよりもフレッシュ!
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • オセアニア/オーストラリア/ケアンズ 
ケアンズのマリーナで、海に向かって左手を見ると、「フレッシュ・シーフード」と書いた横断幕を掲げた船、プローン・スターを見つけることができるはずです。以前はこの船、捕れたてのエビや牡蠣を販売する、シーフード屋さんだったのですが、お隣にもう一艘船をくっつけて、テーブルやイスを配置して、レストランになりました。

この記事の続きを見る


うまい! オランダ・アムステルダムのフライドポテトは、実はここが違うのだ!
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
フライドポテトは、日本人では、アメリカ発のハンバーガーのサイドディッシュとして定着しました。ですからつい、アメリカが発祥なんだろうと考えてしまいがちです。ところがフライドポテトなるもの、実は19世紀ころからヨーロッパで食べられていた料理で、その発祥を巡って、オランダとベルギーが長きにわたって戦争状態にあるのです。オランダの主張はこうです。「そもそもオランダの伝統的な料理だったのをナポレオン一世が大変気に入り、フランスに持ち帰ったのだ」。ベルギーはこうです。「いやいや、ベルギー東部のリエージュで、冬は川が凍ってしまい魚が獲れない。そこでその昔から、魚の代用食としてポテトを揚げてきたのだ」。ポテトの発祥は南米のペルーですが、ポテトの発祥地をよそに、この2か国が互いに譲らず今日に至っているのです。

この記事の続きを見る


4人前のフィッシュ&チップス
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • オセアニア/オーストラリア/ケアンズ 
イギリスを始めとする国々からの移民によって成り立っているオーストラリア、人気の食べ物といえば、ティムタムというチョコレート菓子や野菜エキスを発酵させたベジマイトなどがあります。それではオーストラリアをイメージする料理はなんでしょうか。おそらく「フィッシュ&チップス」と答える人が多いと思います。イギリス諸国でも人気のこの料理は名前の通り、白身魚のフライとフライドポテトのセットなのですが、地域や食べる店、もちろん値段によってその内容は異なります。

この記事の続きを見る


天気のいい日は外で食べたい、フィッシュ&チップス
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イギリス/ロンドン 
イギリスには大した名物料理がない、と聞くと、旅行前からがっかりしてしまいますよね。しかしながら、国民フード「フィッシュ&チップス」は、誰もが一度は聞いたことのあるイギリス名物です。白身魚のフライとチップス(ポテトフライ)がセットになった一皿で、ボリューム満点。筆者は、美味しいこの名物が食べられたので、イギリスの食事がイマイチなんて感想は持ちませんでした。もともとは庶民のお手軽な食事でしたが、現在はテイクアウトでも8ポンド(約1400円)ほど。お手軽な価格ではないので、失敗したくない店選びの参考に読んでみて下さい。

この記事の続きを見る


屋外の八百屋さんでは、珍しい野菜が手に入ります。
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/デンマーク/コペンハーゲン 
ここ数年でグルメブームがやってきたコペンハーゲン。2011年にオープンした Torvehellerne(トオゥヘラネ)は、世界中の新鮮でおいしいものが手に入るフードマーケットです。2つのホールと、屋外のテントにあるお店の数は40以上。野菜、シーフード、お肉、パン、チーズ、ハーブ、スパイス、オイル、コーヒー、お茶、チョコレート、デザートなどの専門店が並びます。また軽食やお茶も楽しめるカフェもたくさん。観光にもオススメ!見て、食べて楽しいフードマーケットです。

この記事の続きを見る


黒ビールとの相性ぴったり!イギリスのソウルフード、フィッシュ&チップス!
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イギリス/ロンドン 
ビールというと、アメリカやドイツといった国を思い起こす方も多いと思いますが、イギリスも正真正銘のビール大国です。あまり日本へ輸入されているイメージもありませんよね。それはイギリスと日本のビールの種類が違うからかもしれません。日本で主に飲まれているビールは下面発酵のラガービール。イギリスは上面発酵のエールビールが主流です。前者は、爽快なのど越しや口当たりが重視され、後者は甘みと香ばしさが強く、味わい深いビールだとか。好みはありますが、イギリスに行ったら本場のラガービールを試す価値がありますよ。

この記事の続きを見る


フレンチ・ビストロ、コート
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イギリス/ロンドン 
Cte(コート)はフランス料理のビストロ。イギリス国内に約30店舗のレストランがあります。チェーン店だと、あまりオススメしたくなるようなレストランは少ないのですが、このコートは別。ロンドンにある15店舗のうちの2店に行ったことがありますが、食事の質だけでなくサービスもなかなかよいのです。イギリスのグッド・フード・ガイド(レストランのガイドブック)でも、「ベスト・バリュー」のレストランとして紹介されているので安心です。

この記事の続きを見る


1 2 末尾 次へ


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。チップスに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介