page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「チャイナエアライン ハワイ 映画」の見どころ情報

チャイナエアライン ハワイ 映画に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「チャイナエアライン 映画」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


大人の心にやさしく響く
  • テーマ:
  • 癒し
  • 行き先:
  • アジア/台湾/台北 
台湾を代表する絵本作家、幾米(ジミー)。絵本作家というと、子ども向け?と思われる方も多いかもしれません。しかし幾米の場合、そのカラフルで温かみのあるイラストとファンタジーの世界に魅了されるのは、子どもたちよりも、大人のファンが多いのが特徴といえます。

この記事の続きを見る


「ハワイ 映画」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

さあ、これから出発! 長い海外へのフライト時間をどう過ごす?
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • ハワイ/ハワイ/オアフ島 
誰もが思い浮かべる代表的な「飛行機内でのすごし方」というと「睡眠」でしょう(笑)。出発前の夜はたいてい準備などで寝不足気味。私は早朝に起きて空港に向かうことが多いので、飛行機に乗ると離陸前に寝てしまい、気がついたらもう空を飛んでいたということも少なくありません。またハワイやアメリカ線のように東に向かう路線の場合は、現地に着いたら朝や昼なので1日目がとても長いです。体力温存のために、機内で十分に寝ておかないと体力が持ちません。ということで快適な睡眠が取れるように、私は長時間のフライトの場合はアイマスクや携帯枕(ネックピロー)を持ち込むこともあります。人によっては睡眠導入剤を使う人もいるようですが、そんな時は私は天然の導入剤(機内サービスのお酒)の力を借りています(笑)。

この記事の続きを見る


鮮やかな色で熱帯を感じる花、ブーゲンビリア
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/アマルフィ海岸 
海外へ旬の花を見に行くシリーズ。今回紹介するのは、ブーゲンビリアとプルメリアです。共に南国の花ですよね。まずはブーゲンビリアから。この木の原産地は、中央・南アメリカの熱帯林です。名前の由来は、18世紀に世界就航したフランスの博物学者ブーガンヴィルの旅に随行した植物学者がブラジルで採集したことから。ブーガンヴィルの名は、他にもパプアニューギニアにある「ブーゲンヴィル島」の由来にもなってもいます。乾燥にも強い丈夫な花なので、熱帯各地で栽培されており、南国のホテルや公園、生垣などではおなじみの花です。開花は春と秋の年2回。花の色は赤、濃いピンク、紫、白などとさまざまで、同じものでも環境で色が変わることもあるようです。

この記事の続きを見る


エルヴィスとその家族の墓を見学する人々
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/メンフィス 
グレイスランドへの旅・その3からの続きです。ジャングルルームは、彼の最後のアルバムとなった音源の大半が録音された場所でもあります。彼の録音はナッシュビルのスタジオが多かったのですが、晩年はここにミュージシャンを呼んで録音していました。全体的に邸宅内の装飾は、ゴテゴテしています。センスはハッキリ言って良くはないですが、それがまた、映画などで良く戯画化されるアメリカの成金趣味を見ているようで面白いです。もっともそう思うのは日本人だからでもなく、アメリカでも「10セントの価値もない」と手厳しく批判する人もいます。それも含めて、こうしたアメリカの邸宅を見てみるのも、日本人にとっては貴重な文化体験となるでしょう。

この記事の続きを見る


おしゃれなブティックホテルでよい思い出を
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ワシントンD.C. 
アメリカの首都・ワシントンD.C.は、歴史的建物からさまざまな展示物を誇る博物館、そして映画&ドラマなどでたびたび登場する有名な観光地まで、とにかく見どころが満載。そしてそれらの多くは、ダウンタウンの中の「ナショナル・モール」と呼ばれるエリアに集中しています。そのためダウンタウンに位置するホテルへ宿泊すれば、主要な観光地へ歩いていくことができますよ(なにより日中のダウンタウンは交通量が激しいので、車での移動はおすすめできません)。

この記事の続きを見る


大リーグ野球を観戦しに、オハイオ州のシンシナティとクリーブランドに行ってみよう!
  • テーマ:
  • 野球観戦
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/シンシナティ 
アメリカ合衆国は文字通り、州が集まってできた国で、ハワイ、アラスカを含めて全部で50の州があります。50州のうち、大リーグ球団がない州はいくつあるか、ご存じですか?大リーグの球団数は30なので、30州にまたがって均等にあるのかと勘違いしてしまう方も多いでしょう。1チームだけある州が9個、2チームある州が7個、5チームある州が1個で、カナダに1チーム、ワシントンDCに1チームあるので、大リーグがない州は33もあります。今回は大リーグチームが2つあるオハイオ州のチーム、シンシナティ・レッズとクリーブランド・インディアンスについて紹介します。

この記事の続きを見る


シダの葉(ハワイ名:ラウアエ)をパレオにプリント
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ハワイ/ハワイ/オアフ島 
内緒にしておきたいぐらい、楽しいツアーを見つけてしまいました・・・!ハワイの太陽で、自分のオリジナルのプリントをパレオに描くツアーです。もちろん作成したパレオはお土産としてお持ち帰り。「ヘリオグラフィー」と呼ばれる日光写真の技術を用いてプリントするのですが、この手法で現在パレオを作成しているところは少ないとのこと。またプリントは、ハワイの植物などを自分の好きなように配置して作るので、世界に一つだけの貴重なパレオが作れます。

この記事の続きを見る


アリゾナ・メモリアル
  • テーマ:
  • 映画のあの場所
  • 行き先:
  • ハワイ/ハワイ/オアフ島 
「トラ・トラ・トラ!」は1970年の日米合作映画。真珠湾攻撃をめぐる日米双方の動きを描いている。日本側の出演者は山本五十六連合艦隊司令長官を演じた山村聰をはじめ、東野英治郎、田村高廣、島田正吾、内田朝雄・・・もう40年も前の映画ということもあり、故人になった人が多い。映画のタイトル「トラ・トラ・トラ!」は暗号電文で“ワレ奇襲ニ成功セリ”を意味している。

この記事の続きを見る


ホノカア・ピープルズ・シアター
  • テーマ:
  • 映画のあの場所
  • 行き先:
  • ハワイ/ハワイ/ハワイ島 
「ホノカアボーイ」は邦画では珍しい全編海外ロケ作品で、舞台はハワイ島北部にあるホノカアという小さな町。日本人青年レオ(岡田将生)がホノカアにたった一軒だけある映画館で働くことになり、個性的な町の人たちと触れ合う中で、成長していく姿が描かれている。このホノカアは、サトウキビ産業で栄えた頃にはヒロに次ぐハワイ島第二の都市だったが、徐々にそれが衰え、人口も少なくなってしまった。

この記事の続きを見る


空母イントレピッド
  • テーマ:
  • 映画のあの場所
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ニューヨーク 
2007年に公開されたウィル・スミス主演の「アイ・アム・レジェンド」。公開前のテレビCMでは愛犬とともに地球に生き残ったただひとりの人間という、無人島への漂着物語みたいな孤独さだけが強調されていた。しかし、実際にはガンの治療薬が突然変異してできたウイルスが世界中に蔓延して、ほとんどの人類は死に絶える。感染したものの命だけは助かった者もダークシーカーズと呼ばれる凶暴なゾンビのような怪物に変わってしまったという映画。本当はダークシーカーズたちと科学者ウィル・スミスの戦いがストーリーの中心になっている。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。チャイナエアライン ハワイ 映画に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介