page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「チャイナエアライン 映画 エコノミー」の見どころ情報

チャイナエアライン 映画 エコノミーに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「チャイナエアライン 映画」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


大人の心にやさしく響く
  • テーマ:
  • 癒し
  • 行き先:
  • アジア/台湾/台北 
台湾を代表する絵本作家、幾米(ジミー)。絵本作家というと、子ども向け?と思われる方も多いかもしれません。しかし幾米の場合、そのカラフルで温かみのあるイラストとファンタジーの世界に魅了されるのは、子どもたちよりも、大人のファンが多いのが特徴といえます。

この記事の続きを見る


「映画 エコノミー」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

写真はB777-300ER(写真提供:ユナイテッド航空)
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ロサンゼルス 
各航空会社は、エコノミークラスより快適なワンランク上のエコノミープラスまたはコンフォートプラスといった座席を設けています。オンラインチェックイン時に、座席をもっと良い場所に変更しようと座席表を開いてみると、$マークなどがついている追加支払いが必要なシートがありますよね? これがそのシートです。機内の前方側、ビジネスクラスのすぐ後ろに位置し数千円支払えばそこに座れます。通常のエコノミークラス席よりも座席ピッチ(足元の広さ)が若干広くなり、スリッパや耳栓などのアメニティが付いている場合もあります。このクラスのさらに上を行く「ユナイテッド・プレミアムプラス」が、この春、アメリカ大手航空会社ユナイテッド航空から登場しました。

この記事の続きを見る


英国の国際運輸調査機関スカイトラックス社が認定する「5つ星エアライン」に選ばれているカタール航空。エミレーツやエティハド航空と並び中東を代表するエアラインです
  • テーマ:
  • エアライン・空港
2018年の春、近年とても人気と噂の高いカタール航空に初めて搭乗してみました。カタール航空は、中東の国カタールの国営航空で、航空券の安さもあってヨーロッパ行きに利用する人も多いエアラインです。今回の旅先はドイツのミュンヘン。行きのQR807便は成田から出発し、途中ドーハで乗り継ぎます。帰りはパリから同じくドーハ乗り継ぎで成田へ。帰路のパリからドーハまでは、今話題の最新鋭機種、2階建てのエアバスA380にも乗れました! まず機内に乗り込むと、天井が高く、足元の広さと座席の座り心地、リクライニングの深さ、座席前スクリーンの大きさに驚かされました。これがタッチパネルの最新型で映画の種類もかなり豊富です。内ポケットには歯ブラシ、ソックス、耳栓、ココナッツの香りのリップクリームのセットが用意され、新しい機内誌がビニール袋に入っています。PCやスマホ充電用のコンセントも各自の席に備わり、嬉しい限りでした。

この記事の続きを見る


乗り継ぎとなったコロンボ国際空港の出発フロア
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • アジア/スリランカ/コロンボ 
ただいま、私はスリランカのコロンボ国際空港でこの記事を書いています(笑)。今回の旅の行き先はインドのチェンナイ。成田からスリランカ航空に乗り、コロンボ乗り継ぎで20時ぐらいにチェンナイに着くはずでした。もとからコロンボでの乗り継ぎ時間が45分しかなく心配だったのですが、成田空港に着いたらすでに1時間のディレイ表示が…。乗り継ぎ、無理ですね。チェックインカウンターで聞くと、すでにその次の乗り継ぎ便が用意されていましたが、それが0:40発の深夜便でチェンナイ到着は深夜2時。チェンナイでインド到着ビザを発給してもらい、市内のホテルに着いたらきっと4時。それから寝たら、起きるのはどう考えてもお昼になるでしょう。それがわかった時点で、腹をくくりました(笑)。

この記事の続きを見る


導入されたB787型機、ドリームライナー
  • テーマ:
  • エアライン・空港
成田〜シカゴを結ぶアメリカン航空が2015年8月19日から、新ビジネスクラスを搭載したボーイング787-8型機(通称ドリームライナー)をシカゴ線に導入。B787-8型機の導入は北米や北京、上海といった中国路線などに続き世界で5番目、アジアでは3番目の登場。これにあわせ運航スケジュールも週5便だったところをデイリーに変更。より、スムースに日本とアメリカを結ぶほか、乗り継ぎにより北米および中南米へのアクセスを快適にする。

この記事の続きを見る


総二階建てのエアバスA380にも新たに投入される
  • テーマ:
  • エアライン・空港
シンガポール航空に新たに「プレミアムエコノミークラス」が登場する。導入は2015年8月9日からで、まずはシンガポール〜シドニー線の一部限定フライトから開始。今後は導入予定のエアバスA350の20機も加え、A380の19機、777-300ER19機で先行導入。2015年後半から2016年初めにかけて東京、ロサンゼルス、デリー、ムンバイ、シドニー、オークランド、ロンドン、パリ、チューリッヒ、フランクフルト、ニューヨークなどの路線に段階的に導入される予定になっている。

この記事の続きを見る


モスクワからヘルシンキに到着したばかりのA350XWB。笑顔の機長と。翼のエッジがカッコいい!
  • テーマ:
  • エアライン・空港
フィンエアーは2014年8月、ヨーロッパでのローンチカスタマーとなるA350XWBの客室デザインを発表した。それにあわせて現在、テスト飛行中のA350XWBがハブとなるヘルシンキにやってくるということで現地1泊3日の強行取材にチャレンジした!2014年8月12日、18:40。まだ明るいヘルシンキ空港に初めて実物を見るA350XWBの雄姿が美しくランディングした。XWBとは「エクストラ・ワイド・ボディ」の頭文字。その名の通り、よりワイドなボディに特化しているのが何よりも大きな特徴。このスペースを活かし中・長距離路線を効率的かつ快適に運航することができるのだ。フィンエアーは欧州のエアラインの中でいち早く、A350XWBを導入。2015年にまずヘルシンキ発着の上海、バンコク、北京線に、さらに2016年に香港、シンガポール線に投入する計画。待望の日本路線へのいち早い導入を願うばかりだ。

この記事の続きを見る


スイスアルプスを眼下に日本から一直線!
  • テーマ:
  • エアライン・空港
スイス インターナショナル エアラインズ(以下SWISS)はスイスのバーゼルに本社を置くスイスを代表する航空会社だ。2002年に解散したスイス航空とは別会社で、SWISSは現在ルフトハンザ ドイツ航空のグループ傘下にある。ハブとなるのはチューリッヒ、バーゼル、ジュネーブといったスイス主要都市。ここからヨーロッパを含む世界40ヶ国84都市に運航。日本からは成田〜チューリッヒ間を毎日運航する。ちなみに2014年は日本とスイスが国交樹立して150周年のアニバーサリーイヤー。両国間でさまざまなイベントが開催されるほか、お得な特典のついた記念クーポンブックなどの配布も行われている。通常では体験できないアトラクションも多いので今年はスイスが旬だといえる。

この記事の続きを見る


アリヤニワス外観
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • アジア/インド/ジャイプール 
今回ご紹介するアリヤニワスは、1981年オープンの全91室のホテルです。実は、アリヤニワス、私は常宿にさせていただいていたことがあります。今までインドでは、いろいろなホテルに泊まっていますが、他ホテルに比べてコストパフォーマンスが非常に良く、バランスの取れた良いホテルだと思います。客室のカテゴリーは、デラックス、スーペリア、スタンダード、エコノミーなどがあり、ACつきかどうかでも値段が変わりますので、予算によって選べますね。

この記事の続きを見る


今後は2014年中旬までに全ての対象機のアップグレードを終える見込みとなっている。
  • テーマ:
  • エアライン・空港
米系の代表格デルタ航空は現在、長距離路線用機材の改装を進めているところで、昨年はボーイング747-400型全16機のリニューアルを完了。改装後はビジネスクラス「ビジネスエリート」48席、エコノミーコンフォート42席、エコノミー286席の計376席に変更。「ビジネスエリート」には完全水平となるフルフラットベッドシートを導入した。747型機は現在、成田発ニューヨーク、アトランタ、デトロイト、ホノルル、マニラ、台北行き、また名古屋発デトロイト、マニラ間に使用され、今年6月には成田〜シアトル間でも運航される予定だ。さらに昨年12月、ヴァージン アトランティック航空と共同事業契約を締結。今後はコードシェア、マイレージの共有など利便性が加速しそうだ。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。チャイナエアライン 映画 エコノミーに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介