page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「チャイナエアライン 映画 プログラム」の見どころ情報

チャイナエアライン 映画 プログラムに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「チャイナエアライン 映画」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


大人の心にやさしく響く
  • テーマ:
  • 癒し
  • 行き先:
  • アジア/台湾/台北 
台湾を代表する絵本作家、幾米(ジミー)。絵本作家というと、子ども向け?と思われる方も多いかもしれません。しかし幾米の場合、そのカラフルで温かみのあるイラストとファンタジーの世界に魅了されるのは、子どもたちよりも、大人のファンが多いのが特徴といえます。

この記事の続きを見る


「映画 プログラム」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

大人も子供も体験を通して学べます
  • テーマ:
  • スポット
  • 行き先:
  • 北アメリカ/カナダ/バンクーバー 
このミュージアムのすごい所は、年齢に関係なく、それぞれの楽しみ方が出来ること!「サイエンス」とありますが、展示や体験できることの幅はとても広く、大人も子供も楽しめる展示がたくさん用意されています。目の錯覚やデザインで遊べる「パズルとイリュージョン」コーナー、人間の体を様々な角度から学べる「Bodyworks」などの常設展示の他に、様々な特別展示も開催されています。またセンターステージでは一日に何回も様々なテーマでライブショーも開催。子供も大人も楽しめる科学実験を間近に見られる楽しいショーです。ショーの内容や詳細スケジュールはHPで確認してください。◆センターステージのライブショー案内https://www.scienceworld.ca/centrestage行かれる前にHPでプログラムをチェックしていく事をお勧めします。

この記事の続きを見る


環状鉄道の廃駅を再利用した建物は他にもレストランなどがあります。
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
クリニャンクールののみの市が有名なポルト・ド・クリニャンクール駅(地下鉄4番線の終点)。その駅を降りると何やら人がたくさん集まるエコ・フレンドリーなカルチャースポット「REcyclerie」があります。ここはかつての環状鉄道の廃駅を再利用した建物です。環状鉄道とは「プティト・サンチュール」といってパリ市内を運行していた鉄道。現在でも利用されている駅もありますが多くの駅はすでに壊されているか、何かの建物として利用されている駅もあります。「REcyclerie」はまさに後者で2014年から運営されています。

この記事の続きを見る


ぜいたくな機内の時間
  • テーマ:
  • エアライン・空港
飛行機の中にいる時間って、なんだか特別だと思いませんか? 空の上という緊張感、高揚感、非日常感。そして、ありあまる時間。こんなにも長時間、じっとしていることは、あまりないですよね。何時間も同じ席にすわって過ごすのは、つらいときもあるけれど、楽しくもあります。ゆっくり本を読んだり、考え事をしたり、自分の好きなことをいくらでもできるという意味では、ぜいたくな時間ではないでしょうか。

この記事の続きを見る


ホワイトハウスは一般公開はされていない
  • テーマ:
  • 家族で海外旅行
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ワシントンD.C. 
誰もがテレビなどで一度は見たことのあるアメリカのシンボルはホワイトハウスではないでしょうか。大統領の家であるホワイトハウスがあるのはアメリカの首都ワシントンD.C。ここは州には属さないコロンビア特別区です。日本からは成田から直行便が飛行時間約12時間半。日本人にとっての観光先としてはあまり馴染みのない場所ですが、ミュージアムが充実しているので子どもと一緒に学ぶ旅先としておすすめです。ホワイトハウスは遠目で前からと後ろから見ることができます。セキュリティーのためガードが何人もいるため、門ギリギリまで近づくことはできませんが、写真を撮るのは自由。前にある公園では座り込んでサイレントプロテストをしている団体や、ベンチに腰かけてピクニックしている家族など、穏やかな雰囲気が流れています。

この記事の続きを見る


音楽祭のメインの会場。ザルツブルク祝祭大劇場
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ザルツブルク 
毎年、夏のザルツブルクはホテルが取りにくくなります。もちろん、観光シーズンだからでもあるのですが、ザルツブルク音楽祭のためです。特に、音楽祭の時期は五つ星ホテルは満員御礼が続きますから、夏にザルツブルクのご旅行を考えている方は音楽祭の日程を確認してくださいね。場合によっては、ミュンヘンなど別の町に泊まったほうがいいケースもあります。ザルツブルク音楽祭は、ウィーン・フィルハーモニーを筆頭に、世界中から有名オーケストラや音楽家が登場します。そのため、毎年チケットの争奪戦が繰り広げられるのです。ザルツブルクにやってくる聴衆もドレスアップしていて、この時期ととても華やかです。ザルツブルクは小さな町なのですが、有名ブランドのショップが多いのです。それだけ需要があるということですね。

この記事の続きを見る


最高にクールなグラフィティ・アーティスト
  • テーマ:
  • イベント
  • 行き先:
  • アジア/シンガポール/シンガポール 
Didier “Jaba” Matthieu(ディディエル・ジャバ・マシュー、写真左から2番目)は、コロンビア人のグラフィティ・アーティストにして多分野から芸術にアプローチする、マルチディスシプナリー・アーティスト。今回のフェアの注目アーティストによるトークセッションの、エッジが効いた背景の絵も彼の作品!シンガポールのアートシーンで活躍すること10年で、ルーカスフィルムとの仕事や『アイアンマン』『スタートレック』など有名な映画でのデジタルデザイン担当も。そんなすごい経歴の若手アーティストながら、気さくで“ライフスタイルを作品に投影したい”と話していたのが印象的でした。日本での仕事の予定もあるとのこと、彼が来日したら是非チェックして!

この記事の続きを見る


1)ベルリンを襲う妖怪巨人女?
  • テーマ:
  • スポット
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/ベルリン 
ベルリンのおしゃれエリア「プレンツラウアーベルグ(Prenzlauer Berg)」の広々とした大通り沿いに現れるのが「妖怪巨人女(Attack of the 50 Foot Woman Socialite")」。Tristan Eatonというアメリカ人グラフィティアーティストによる作品。ベルリンベースのアートグループ「Urban Nation」による招聘プログラムの一環で、50年代の映画のポスターがモチーフなのだとか。どこで見られる?Am Friedrichshain 33, 10407 Berlin

この記事の続きを見る


屋上カフェ・バーで贅沢ブランチ
  • テーマ:
  • スポット
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/ベルリン 
夏になるとベルリナーたちがこぞって訪れるのがルーフトップバーと呼ばれる屋上にあるカフェやバー。クラブとして利用されることも多く、年中賑わうホットなスポットです。そんなルーフトップバーはベルリン市内に多くありますが、共通するのは見晴らしがいいこと。あまり高いビルがないベルリンでは街を一望する機会が少なく、屋上からの景色は街を新しい目線から見ることができ新鮮!夕日を眺める絶好のスポットです。遅めに起きた天気のいい夏の日は俄然ブランチがオススメ!バスケットいっぱいのパンと新鮮なチーズとハムでお腹いっぱいに。午前中にくればまだ太陽もそこまで強くないので気温も丁度いい!

この記事の続きを見る


映画好きには要注意!
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • アジア/韓国/ソウル 
韓国のソウルまでの機内、みなさんはどのように過ごしますか? 東京から約2時間半の空の旅は、何かをするにはちょうどいい時間です。読書をするもよし、座席に設置された映像プログラムを見てもいいでしょう。また、時間的にもひと眠りするには最適な時間かもしれません。私は座席シートに挟まれた海外雑誌に目を通しながら、音楽サービスを利用するのがお気に入りです。しかし、ほとんどの場合は、パソコンを開いて仕事をしてしまうのが現実だったりします。飛行機に乗っている間ぐらいは、ゆっくりとしたいものですね。一方で、2時間半という時間は、映画を1本見るにはちょうどいい時間と思っている方も多いのではないでしょうか?実は、これがちょっとした注意が必要なんです。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。チャイナエアライン 映画 プログラムに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介