page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「チャイナエアライン 邦画」の見どころ情報

チャイナエアライン 邦画に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「チャイナエアライン 邦画」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


大人の心にやさしく響く
  • テーマ:
  • 癒し
  • 行き先:
  • アジア/台湾/台北 
台湾を代表する絵本作家、幾米(ジミー)。絵本作家というと、子ども向け?と思われる方も多いかもしれません。しかし幾米の場合、そのカラフルで温かみのあるイラストとファンタジーの世界に魅了されるのは、子どもたちよりも、大人のファンが多いのが特徴といえます。

この記事の続きを見る


「チャイナエアライン」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

これがMRTの入口。到着ロビーを出ると目の前に。その横にはタクシー乗り場がある。空港〜ホテル間の荷物宅配ができるクロネコヤマトのカウンターも!
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • アジア/台湾/台北 
昨年の羽田の国際化に伴い、もっともアクセスがよくなったのが台北だろう。現在、日本航空、ANA、チャイナエアライン、エバー航空が就航。羽田発着のフライトが向かうのは松山(ソンシャン)国際空港。台湾の国内線専用空港だったが羽田の国際化に伴い桃園空港に続く台北2番目の国際線空港に。台北市内の北に位置し、中心部まではタクシーで10〜15分程度の近さ!到着ロビーを出ると目の前にMRT(地下鉄)の松山機場駅やバス乗り場があり、中山、台北駅など主要エリアへも抜群のアクセス。海外旅行での移動のストレスがなく、まさに国内旅行感覚で到着することができる。

この記事の続きを見る


「邦画」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

大理古城内復興路459。年中無休。9時から午後6時
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • アジア/中国/大理(ターリー) 
手描きの映画の看板って、ちょっと劇画チックで味があって、いい感じです。しかも全部漢字のタイトルがおもしろい。「翻訳すると、こういうタイトルになるのか」など、漢字のタイトルから邦画のタイトルを想像しながら見ると、全く退屈しません。私が行ったのは、雲南省北部の大理にある「大理農村電影歴史博物館」です。中国の西南部に位置する雲南省は、お隣の四川省と並んで、観光客の多いところです。その中でも大理は、90年代から人気が高い古い町です。大理の見どころは、アー(さんずいに耳)海、喜洲、沙渓など、郊外に集まっています。大理古城内にある大理農村電影歴史博物館は、まさに穴場のようなところです。

この記事の続きを見る


映画の舞台となった場所へ! 邦画の舞台になったタイのゲストハウスへ
  • テーマ:
  • 憧れホテル
2009年に発表された日本映画をご存知でしょうか? もたいまさこがゲストハウスのオーナーで、小林聡美がスタッフの役を演じていました。あの巨大な茅葺屋根のあるリビングルームや、プールももちろん実際にあります。チェンマイから車で40分の郊外に、そのゲストハウスがあります。隣接しているのが『バーンロムサイ』という孤児施設です。ここにはHIVに母子感染した孤児たちが、学校へ行きながら暮らしています。同時に手工芸品を製作するなど、孤児たちの自立も目指して活動しています。ゲストハウスも、そんなバーンロムサイの活動のひとつ。社会にアピールしつつ、その収益は施設の経費に充てられています。

この記事の続きを見る


ホノカア・ピープルズ・シアター
  • テーマ:
  • 映画のあの場所
  • 行き先:
  • ハワイ/ハワイ/ハワイ島 
「ホノカアボーイ」は邦画では珍しい全編海外ロケ作品で、舞台はハワイ島北部にあるホノカアという小さな町。日本人青年レオ(岡田将生)がホノカアにたった一軒だけある映画館で働くことになり、個性的な町の人たちと触れ合う中で、成長していく姿が描かれている。このホノカアは、サトウキビ産業で栄えた頃にはヒロに次ぐハワイ島第二の都市だったが、徐々にそれが衰え、人口も少なくなってしまった。

この記事の続きを見る


ランダム更新!本日のおすすめ見どころ・ガイド記事

世界遺産マルボルク城は巨大です
  • テーマ:
  • 世界遺産
ポーランド北部の港町、グダニスクから列車で約1時間程度でマルボルクに到着します。駅の周辺は住宅地で、見た所ごく普通のポーランドの田舎町なのですが、ヴィスワ川方面に歩いていくと巨大な城壁、また城が見えてきます。これが、ユネスコ世界遺産に登録されたマルボルク城です。以前は、城の前にある掘っ立て小屋がチケット売り場だったのですが、今はぴかぴかのコンクリート造りの建物です。張り切って、観光客を呼び込もうとしているようですよ。13世紀に建設が始まったヨーロッパ最大のゴシック建築ともいわれ、ドイツ騎士団修道会の本拠地であったマルボルク城、今は観光客でにぎやかです。

この記事の続きを見る


韓国の貴族(両班・ヤンバン)たちが住み暮らした家をそのまま移転させ、気軽に歴史を感じるられる場所として造られた「南山コル・韓屋村」。地方まで行かなくても都会で伝統に触れることができる注目スポットです
  • テーマ:
  • 歴史
  • 行き先:
  • アジア/韓国/ソウル 
ショッピングにコリアングルメに、エステと何かと忙しいソウル旅行。でも、せっかくの外国ですよ。韓国の伝統文化も体感して帰らないと何となく物足りないないですか?でも時間が・・・と、もう悩まないでください。そんな、忙しいトラベラーにおすすめしたいのが、都会の真ん中にある韓国伝統の村「南山コル韓屋マウル」です。ここは、韓国伝統の美しい伝統建築物を中心に韓国の伝統がそのまま再現されている“マウル=村”なのです。

この記事の続きを見る


サンスーシ公園入口近くにあるブランデンブルク門
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/ポツダム 
ベルリンの隣町ポツダムは緑と水に囲まれた風光明媚な町で、歴代プロイセン王から“ベルリンの庭”と呼ばれてきた。サンスーシ宮殿やポツダム会談が開かれたツェツィーリエンホーフ宮殿は良く知られているが、それ以外にも多くの離宮が建てられ、意外な所で美しい宮殿に出会う。意外、と言えば、ポツダムにもブランデンブルク門があることをご存知だろうか。有名なベルリンのブランデンブルク門より規模は小さいものの、こちらの方が20年も早く建てられた先輩なのだ。フリードリヒ大王が、宿敵マリア・テレジアと戦った7年戦争で勝利したことを記念し、1771年に建設されている。ポツダムのクリスマスマーケットはブランデンブルク門から始まり、そこから東へ延びる歩行者専用のブランデンブルク通りで開かれる。

この記事の続きを見る


ノイアー・マルクトで開かれる盛大なクリスマスマーケット
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/ベルリン 
中世でハンザ同盟の町として栄えたロストック。バルト海に面した港町では西にヴィスマールが、東にシュトラールズントがある。その丁度中間にあるロストックは、ハンザの荷を積んだコッゲ船が停泊するのに好条件の港町だった。海賊の被害に悩まされていた時代、ロストックは川のように長い入り江の奥にあったため、船に荷を積んだまま安心して夜を明かすことができたからだ。毎年8月にハンザ時代を彷彿させる帆船祭が開かれ、この時は世界中から帆船が集まる。ロストックはこのハンゼ・セイル・ロストックHanse Sail Rostockで知られているが、冬場のクリスマスマーケットも見逃すことができない。市庁舎前広場いっぱいに屋台が並び、移動遊園地も開かれる。大人も子供も楽しめるロストックのクリスマスマーケットなのだ。

この記事の続きを見る


検索サイトは24時間、いつでも航空券を探すことができる
  • テーマ:
  • エアライン・空港
航空券を探すときに多く利用されているのが航空券検索サイトである。日程、目的地などを入力すれば、さまざまなルートの航空券が提示され、安い順や所要時間の短い順などに並べ替えられることができ、「複数都市の周遊」「直行便のみ」「航空会社指定」「時間帯指定」などもできる。さらに「この航空会社以外」といった表示もでき、かなりカスタマイズして航空券検索ができるようになっている。運賃も燃油サーチャージ、諸々の空港での保安料の類も含められているので、総額で表示される。 検索サイトは航空会社や旅行会社のサイトとリンクしていて、いわば検索サイトは航空券を探すだけで、検索サイトと契約して航空券を購入するわけではない。予約をクリックすると、その航空券を扱っている航空会社や旅行会社のサイトへ移動する仕組みになっている。 1円単位の総額表示であるが、空港の保安料などは外貨建てのものを日本円に換算しているので、実際に予約をすると、若干の数字の誤差は生じる場合はある。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。チャイナエアライン 邦画に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介