page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「チャイナエアライン同意書」の見どころ情報

チャイナエアライン同意書に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「チャイナエアライン」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


大人の心にやさしく響く
  • テーマ:
  • 癒し
  • 行き先:
  • アジア/台湾/台北 
台湾を代表する絵本作家、幾米(ジミー)。絵本作家というと、子ども向け?と思われる方も多いかもしれません。しかし幾米の場合、そのカラフルで温かみのあるイラストとファンタジーの世界に魅了されるのは、子どもたちよりも、大人のファンが多いのが特徴といえます。

この記事の続きを見る


これがMRTの入口。到着ロビーを出ると目の前に。その横にはタクシー乗り場がある。空港〜ホテル間の荷物宅配ができるクロネコヤマトのカウンターも!
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • アジア/台湾/台北 
昨年の羽田の国際化に伴い、もっともアクセスがよくなったのが台北だろう。現在、日本航空、ANA、チャイナエアライン、エバー航空が就航。羽田発着のフライトが向かうのは松山(ソンシャン)国際空港。台湾の国内線専用空港だったが羽田の国際化に伴い桃園空港に続く台北2番目の国際線空港に。台北市内の北に位置し、中心部まではタクシーで10〜15分程度の近さ!到着ロビーを出ると目の前にMRT(地下鉄)の松山機場駅やバス乗り場があり、中山、台北駅など主要エリアへも抜群のアクセス。海外旅行での移動のストレスがなく、まさに国内旅行感覚で到着することができる。

この記事の続きを見る


「チャイナ」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

ジャメモスク周辺はセントラルマーケット、チャイナタウンをはじめクアラルンプールの観光スポットが多く集まるエリア
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/マレーシア/クアラルンプール 
クアラルンプール最古のモスクといえば1909年に建てられたスルタン・アブドゥル・サマド・ジャメ・モスク(Masjid Jamek Sultan Abdul Samad)で、一般的にはジャメ・モスク(マスジッド・ジャメ)と呼ばれています。クラン川とゴンバック川の合流するこの地点こそがクアラルンプール(Kuala Lumpur)の地名の由来で、クアラ(Kuala=河口、合流点)、ルンプール(Lumpur=泥)から成る「泥が合流する地点」を意味します。周辺にはおみやげやショッピングのセントラルマーケット(Central Market)、中華街(China Town)などの観光スポットが徒歩圏内に集まっています。

この記事の続きを見る


カオサン通りに近いバンランプー地区からチャイナタウンに行くなら、チャオプラヤーエクスプレスが一番早い
  • テーマ:
  • 船・クルーズ
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
決してきれいな川とは言い難いですが、その川を運行するボートの上から「暁の寺」と言われる「ワットアルン」が見えてくると、不思議なほどタイ旅行を満喫している気分になれます。これはバンコク中心部を流れるチャオプラヤー川を運行しているチャオプラヤーエクスプレスと呼ばれるボートです。旅行者向けの路線ボートですが、乗るたびに多くのタイ人乗客と一緒になります。行先は限られますが、本当に便利。バンコクは非常に渋滞が多いところ。チャオプラヤーエクスプレスに乗れば、渋滞知らずで目的地まで着けます。おすすめ理由はそれだけではないんですが、とにかく乗ってみましょう!

この記事の続きを見る


「彰藝坊」一階店内様子
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • アジア/台湾/台北 
台湾で、廟のお祭りの時などに観劇できる人形劇「布袋劇」。その人形を作る工房が地下にある「彰藝坊」。一階の入口から布袋劇の人形が所々に飾ってあります。その人形の衣装に使ったはぎれを使って、オーナー陳さんが作り始めた布バッグが、キッチュで可愛いと外国人観光客にも評判。店内には、人形作りで培ったセンスが光る花布や台湾市場バッグの生地を組み合わせて作ったバッグや小物が所狭しと並びます。永康公園から徒歩5分程の閑静な住宅街の一角にある同店は、台湾文化を感じながら、台湾らしく、且つ独創的なバッグやファブリック雑貨が手に入る唯一無二のお店と言えるでしょう。外のオープンエリアで近所の老若男女が集まって観る布袋劇は、近年台北ではなかなかお目にかかれなくなった台湾の素晴らしい文化のひとつ。日本の方にも少しでも興味を持つきっかけになってほしいです。

この記事の続きを見る


チャイナタウン
  • テーマ:
  • スポット
  • 行き先:
  • オセアニア/オーストラリア/シドニー 
シドニーに来たらぜひ立ち寄りたいチャイナタウン。横浜のチャイナタウンほど大きくはないのですが、本格的中華料理やデザートが楽しめるし、金曜日にはナイトマーケットが開催、観光にぴったりです。

この記事の続きを見る


ランチもディナーの大賑わいの人気店
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イギリス/ロンドン 
チャイナタウンとレスタースクエアの境目あたりに位置するJoy King Lauは、どの時間帯に訪れてもお客さんで賑わっている人気レストランです。1日中提供している通常メニューと時間限定の飲茶メニューがあり、通常メニューも抜群においしいのですが、せっかくならやはり飲茶がおすすめ。飲茶が食べられるのは毎日夕方5時までなので、ランチや少し早めのディナーに利用しましょう。

この記事の続きを見る


チャイナタウンにある老舗
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ニューヨーク 
今回ご紹介するお店は、こちらのPho Bang(フォー・バング)です。筆者は無類のフォー好きですが、筆者的おすすめベスト店1位のお店です。こちらの本店は、クイーンズにあり本店の方がお店も広く、通いやすかったのですが残念ながら休店してしまい、今はマンハッタンにあるチャイナタウンエリアにお店があります。マンハッタンのお店も歴史が古く、老舗ですが老舗ならではの安価な価格でお財布にも優しいのが嬉しいです。なかなか佇まいには気合が入っているので入るのに一見さんは勇気がいるかもしれませんが、思い切って入店してみましょう。

この記事の続きを見る


中国らしいイラストが壁一面に書かれたワットマンコン駅
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
チャイナタウンらしい赤が基調の地下鉄の駅なんて初めて。スポンサーのネスレが強調されてますが、中国らしいイラストは、本当にラブリー!ここは、2019年7月に開通したばかりのバンコクの地下鉄ブルーラインのワットマンコン駅です。バンコクの地下鉄とモノレールと言えば、鉄道のフアランポーン駅の東側の地区を中心に走っています。バンコクの若者が集まるサイアムスクエア、日本人旅行者が多いスクンビットも東側。初めてのタイ旅行なら、絶対にはずせない王宮やワットポーは、フアランポーン駅の西側にあり、地下鉄やモノレールとは無縁の地区でした。その西側に2019年7月、地下鉄が開通しました!

この記事の続きを見る


目印は黄色い看板
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • アジア/マレーシア/クアラルンプール 
お店の目印は黄色い看板。周辺にも海南鶏飯や中華料理店が並んでいますが、一際混み合っています。お昼過ぎに伺いましたが、人気店なだけあり、地元民から観光客まで多くの人で賑わっていました。チャイナタウンの店舗は営業時間が15:00までなので注意してください!

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。チャイナエアライン同意書に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介