page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「チャチャポヤス」の見どころ情報

チャチャポヤスに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「チャチャポヤス」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


2017年にオープンした「クエラップ遺跡ロープウェイ」
  • テーマ:
  • 遺跡
前回の『“北のマチュピチュ”クエラップ遺跡への道 前編』では、リマからチャチャポヤス、そして「TELECABINAS KUELAP(クエラップ遺跡ロープウェイ)」の出発駅があるヌエボ・ティンゴ村までの移動について紹介した。この索道の先にあるのが、今回の旅の最終目的地「クエラップ遺跡」だ。後編では先ずロープウェイの利用方法や注意点から説明していこう。最初はチケットの入手から。チケットはクエラップ遺跡ロープウェイの出発駅「ESTACION DE EMBARQUE(エスタシオン・デ・エンバルケ)」で販売されている(駅の営業時間は8:00〜16:00)。搭乗日と時間は指定できるが座席数に限りがあるため、当日に購入する場合は希望の時間帯で確保できない可能性も。チケットを代理購入してくれる宿もあるので、ヌエボ・ティンゴ村に前泊するなら事前に相談してみるといいだろう。

この記事の続きを見る


“北のマチュピチュ”“第2のマチュピチュ”との呼び名も高いクエラップ遺跡
  • テーマ:
  • 遺跡
今ペルーで最もホットな観光エリアといえば、何といってもアマソナス州の「CHACHAPOYAS(チャチャポヤス)」だろう。ここはかつて独自の埋葬文化を持つチャチャポヤの人々が暮らした地。彼らの文化を代表する「クエラップ遺跡」は、ナショナル・ジオグラフィック・トラベラー誌や、ウォールストリートジャーナル紙にその魅力がたびたび取り上げられている。2016年にラタム航空がリマ〜ハエン間のフライトを就航、翌2017年には「TELECABINAS KUELAP(クエラップ遺跡ロープウェイ)」が完成し、さらに訪問しやすくなった。遺跡の詳細については2013年3月8日掲載の「北のマチュピチュ・クエラップ要塞」をご覧いただくとして、今回はリマから遺跡までのアクセスを前後編に分けて紹介していこう。

この記事の続きを見る


そそり立つ崖の裂け目にはめ込むように造られたレバッシュの霊廟
  • テーマ:
  • 遺跡
  • 行き先:
  • 中南米/ペルー/リマ 
ペルー北部、アンデス山脈の東側に位置するアマゾナス州の州都チャチャポヤス。ここは、あのインカ帝国に最後まで抵抗したチャチャポヤスの人々が暮らしていた場所だ。チャチャポヤス文化の遺跡としては、2013年3月8日にペルーガイド記事で紹介した「クエラップ遺跡」や、同6月17日掲載の「サルコファゴス・デ・カラヒア(カラヒアの石棺)」が有名だが、他にも彼らの住居跡や死者を祀った墓所がいくつも残されている。今回ご紹介する「MAUSOLEOS DE REVASH(レバッシュの霊廟)」もその一つ。断崖絶壁の裂け目に造られた、チャチャポヤスの空中墳墓だ。

この記事の続きを見る


博物館の入り口では、2013年6月17日のガイド記事でご紹介した「サルコファゴス・デ・カラヒア(カラヒアの石棺)」のレプリカがお出迎え
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • 中南米/ペルー/リマ 
現在日本で巡回中の「インカ帝国展」。そこで人気を博しているのが、チャチャポヤス文化のミイラだ。このミイラはペルー・アマゾナス州の州都チャチャポヤスから南へ93km、レイメバンバ村郊外に位置する「MUSEO LEYMEBAMBA (レイメバンバ博物館)」から出展された貴重なもの。レイメバンバ博物館では、コンドル湖岸で見つかった200体を超すミイラを始め、衣類や籠、ひょうたん製の容器といったチャチャポヤス時代の日用品などが数多く展示されている。お目当てのミイラは特別室で大切に保管されており、ずらりと並んだファルド(ミイラ包み)状のミイラをガラス越しに眺めることができる。

この記事の続きを見る


急峻な崖に作られたカラヒアの石棺。崖の張り出しが天然の雨よけになっている
  • テーマ:
  • 遺跡
  • 行き先:
  • 中南米/ペルー/リマ 
かつてペルー北部のアマゾンに暮らしたチャチャポヤスの民は、独自の世界観と埋葬法を持っていた。切り立った断崖に窪みを穿ち、そこに巨大な石棺を立て中にミイラを安置したのである。標高2600mに位置する「サルコファゴス・デ・カラヒア(カラヒアの石棺)」は、ペルー人考古学者フェデリコ・カウフマンの調査により1984年に世界に向け紹介された。地元ガイドの話では、その昔はチャチャポヤス地域全体で数百基もの石棺があったが、度重なる地震と盗掘者による破壊、加えてその価値を知らぬ愚か者たちの銃の的にされてきた結果、その多くが失われてしまったという。その中で最も保存状態がよいのが、ここカラヒアである。

この記事の続きを見る


スペイン人に破壊され、忘れ去られていたクエラップ要塞。荒れ果て、朽ちた遺跡にその年月を想う
  • テーマ:
  • 遺跡
  • 行き先:
  • 中南米/ペルー/リマ 
ペルー北部、アンデス山脈の東斜面に位置するアマゾナス州。この地域は熱帯雨林の湿った空気が山の峰々にぶつかるため、雲が発生しやすい。そんな雲多き山村に、「北のマチュピチュ」と例えられる石造りの巨大な遺跡「FORTALEZA DE KUELAP(クエラップ要塞)」がある。紀元800年ごろから長きに亘りこの地に栄えたCHACHAPOYAS(チャチャポヤス)文化。クエラップはその政治・行政・宗教における最も重要な施設であった。ちなみに「チャチャポヤス」はケチュア語で、その意味は「雲(霧)の森に住む人々」とも「屈強な男たち(戦士)の地」とも言われている。しかしアンデス文明には文字がなく、すべてが口伝のためはっきりしたことは未だに分かっていない。

この記事の続きを見る


「チャチ」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

サイアムエリアのランドマーク、MBK(マーブンクローンセンター)。ショッピングエリアにレストラン、スパに映画館まで入って1日たっぷり遊べるのがうれしい。激安アイテムが眠るショッピングスポットです
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
BTS National Studium(ナショナル スタジアム)駅に直結したMBK(マーブンクローンショッピングセンター)は洋服から家具、電化製品までなんでもそろう大型ショッピングモール。レストランやスパ、映画館もなども入った「1日遊べるショッピングモール」としてバンコクっ子はもちろん、タイの地方から来る人にとっては「憧れの観光名所」として人気のスポット。それだけに平日、週末問わずいつでも人でごった返しているのですが、その波にもまれる価値は多いにアリ!と私は断言します。とくにファッションエリアはプチプラ(プチプライスアイテム)がざっくざく。今回はその中でもオススメの店舗をご紹介しましょう!

この記事の続きを見る


「チャ」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

ネパール語で使う文字は、ヒンディー語と同じ。語順は日本語と同じで動詞が最後
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • アジア/ネパール/カトマンズ 
ヒマラヤの国ネパールは、多民族国家で民族ごとに独自の言語を有していますが、公用語はネパール語。北インドで話されるインドの公用語であるヒンディー語の流れを汲む言語です。ツーリストエリアのホテルやお店、レストランでは英語が通じますが、ところどころでもネパール語を使うと、とても喜んでもらえます。人なつっこいフレンドリーな人が多いネパール、片言でもネパール語を話せば、あっという間に、あなたも”オトモダチ”。ここでは、シーン別、ちょこっと使える、旅が楽しくなるネパール語をご紹介します。

この記事の続きを見る


せっかくのネパールトレッキング、ネパール語をぜひ使ってみよう
  • テーマ:
  • トレッキング・登山
  • 行き先:
  • アジア/ネパール/ゴレパニ 
ヒマラヤ山脈の麓に位置するネパールは、年間を通して多くのトレッカーが訪れる、海外トレッキングで人気の国です。トレッキングガイドは英語や日本語を話しますし、トレッキングルート上にある村の人々は、ロッジや茶屋を営む人が多く、カタコトで英語を話します。それでもネパール語を使えば、嬉しそうに笑顔を返してくれます。ここでは、トレッキングで役立つ簡単なネパール語を紹介しますので、ぜひ、トレッキング中に使ってみてください。

この記事の続きを見る


派手さに脱帽、グランド・リスボアの電飾
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/マカオ/マカオ 
マカオで夜景撮影・その1からの続きです。私はこれらの「リスボア」を撮るために、だいぶ時間をかけました。なぜなら、イルミネーションにさまざまなパターンがあり、どのタイミングでシャッターを切るかにより、写真の印象がまったく変わってしまうからです。パッとすべての灯りが消えるときもあれば、全部が点灯するときもあり、波のように下から上へと立ち上るようなときもあり。全部がグリーン一色になったり、青一色になったり、何色も入り乱れたり…。しばしカメラを下ろして、まずは電飾の順序を覚えました。そして、とりあえず全部の灯りが点灯しているところ、自分の好みの色合いに染まっているところなど、別のパターンを山のように撮りました。複雑なパターンのイルミネーションは、とにかく撮っておいて、あとで成功しているものを選ぶことに尽きます。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。チャチャポヤスに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介