page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「デルタ航空 成田 シアトル」の見どころ情報

デルタ航空 成田 シアトルに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「デルタ航空 成田 シアトル」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


今後は2014年中旬までに全ての対象機のアップグレードを終える見込みとなっている。
  • テーマ:
  • エアライン・空港
米系の代表格デルタ航空は現在、長距離路線用機材の改装を進めているところで、昨年はボーイング747-400型全16機のリニューアルを完了。改装後はビジネスクラス「ビジネスエリート」48席、エコノミーコンフォート42席、エコノミー286席の計376席に変更。「ビジネスエリート」には完全水平となるフルフラットベッドシートを導入した。747型機は現在、成田発ニューヨーク、アトランタ、デトロイト、ホノルル、マニラ、台北行き、また名古屋発デトロイト、マニラ間に使用され、今年6月には成田〜シアトル間でも運航される予定だ。さらに昨年12月、ヴァージン アトランティック航空と共同事業契約を締結。今後はコードシェア、マイレージの共有など利便性が加速しそうだ。

この記事の続きを見る


「デルタ航空 成田」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

空港からも近いヒルトンガーデンイン
  • テーマ:
  • ライフスタイル
  • 行き先:
  • ハワイ/ハワイ/オアフ島 
成田空港からデルタ航空を利用し、ホノルル空港に到着しました。約8,9時間のフライトはあっという間で快適でした。ワイキキまでは車で約30分ほどで到着です。ヒルトンガーデンインの一階にはカフェとお土産屋さんが併設されています。ヒルトンガーデンインのロビーは、清潔感があり、カジュアルな雰囲気でゆったりと快適に過ごすことが出来ます。

この記事の続きを見る


”南の島”への憧れがすべて叶うパラオへ週4便、直行便が就航。約5時間ちょっとで、この風景
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/ミクロネシアビーチ/パラオ 
2010年12月22日、パラオがグーンと近くなります。デルタ航空の成田−パラオ直行便が週4便就航します! これまでチャーター便はありましたが、直行便ははじめてのこと。また、待ち時間は少ないものの入国審査をしなくてはならなかったグアムでの乗り継ぎをすることなく、ダイレクトにインできるのです。所要時間わずかに約5時間20分! タイムスケジュールは成田発15:50、パラオ着21:10、運航は月・水・金・日。帰りはパラオ発4:05、成田着9:15、運航は月・火・木・土。スケジュールも組みやすくなりますネ!

この記事の続きを見る


羽田線で使用するのは、B747-400型機。エアライン好きにはおなじみの「ハイテクジャンボ」。ウイングレットと呼ばれる尾翼先端の小さな翼がこの機種の特徴。
  • テーマ:
  • エアライン・空港
アメリカに行く機会が多い人なら、一度はお世話になったこともあるはず。米系エアライン最大手のデルタ航空は提携エアラインとの広範囲なネットワークにより、世界65カ国、367都市をつなぎ、年間1億6,000万人以上の搭乗者数を誇っている。その、デルタ航空がついに、羽田に就航する。来年2011年の1月末からの予定で、羽田〜デトロイト、羽田〜ロサンゼルスの定期便をデイリーで運航。デトロイトはデルタ航空のハブ(基幹)空港でもあり、設備は充実。これにより、アメリカ西海岸と北東部への旅がぐっと身近になる。

この記事の続きを見る


「成田 シアトル」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

セントレアの付帯施設「FLIGHT
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
待ちに待った海外旅行! せっかくなら、旅の思い出に“空港での時間”も思いっきり楽しみたいですよね。私は東京に住んでいるので、出発する空港はほぼ羽田か成田です。しかし、先日初めて名古屋の「中部国際空港 セントレア」に行ってみて、その施設の充実ぶりに驚きました。飛行機に乗るまでの時間が、すでにひとつの特別な「旅の時間」になるんですよ!

この記事の続きを見る


「デルタ航空」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

博物館がリニューアルオープンした6月17日は、1929年、デルタ航空がテキサス州ダラスからミシシッピー州ジャクソンへ初の旅客便を運航した85周年の記念日でもあった
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/アトランタ 
2014年6月17日、デルタ航空は「デルタ航空博物館」をリニューアルオープンした。この博物館はアトランタにあるデルタ本社屋に隣接、6万8,000平方フィートの広さを有する航空博物館で85年間にわたるデルタ航空の歴史と、民間航空産業の発展の軌跡を、航空機やユニフォームなどの展示を通して紹介。アメリカの航空史跡(Historic Aerospace Site)に指定される由緒ある施設といえる。運営はデルタ航空基金、関係スポンサーからの寄付により行われ、歴史ある建物を大幅に改装して一般に公開される。

この記事の続きを見る


欠航になると余裕のない人は大変だが、時間のある人には一泊分のおまけに
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ロサンゼルス 
もう15年も前になる古い話で恐縮ですが、友人たち6名でアメリカにスキーに行ったことがありました。目的地はユタ州のソルトレイクシティ。往復ともロサンゼルス経由のデルタ航空のフライトでした。現地で1週間楽しく過ごした後の帰路での出来事です。その日の午後の早い時間に乗り継ぐために、早朝ソルトレイクシティを出発。ロサンゼルスには定刻通りに到着したのですが、東京行きの乗り継ぎ便の表示が見当たりません。

この記事の続きを見る


アメリカの空港での乗り継ぎ。ハブになっている巨大空港では、立ち止まって確認をすることが大切です
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/デンバー 
自転車の車輪をイメージしてみてください。車輪を支える何本もの細いスポークが中心に集まっていますが、その細いスポークが飛行機の路線で、それが集まった中心部がハブです。年間1万人以上が利用する空港が700近くあるアメリカでは、拠点となる空港(ハブ)に地方からの便をいったん集め、そこから各地へ飛んだほうが、効率よく運航ができます。もちろん大都市の空港間には直行便がありますが、ちょっと小さな空港に行く場合、こういったハブで乗り継ぎをして向かうことが多くなります。

この記事の続きを見る


「成田」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

ニュージーランド航空は人気航空会社だが利用機会は限られる
  • テーマ:
  • エアライン・空港
航空会社を評価する際、単にサービスの良し悪しなどを基準にするのでは意味がない。「どういった運航をしているのか」が大切である。たとえば人気の航空会社にニュージーランド航空とカタール航空があるが、この2社を比べると大きな違いがある。日本からニュージーランド航空を利用する乗客のほとんどがニュージーランド渡航を目的にするのに対し、カタール航空の利用者はほとんどがカタールを目的地にしていないという点だ。同じ人気航空会社でも、その利用目的は真逆といっていいだろう。 つまり、ニュージーランド航空は質の高いサービスが人気で「ニュージーランド渡航の際はぜひ利用してみたい」となっても、欧米などへ行く際に利用できるわけではない。いっぽう、カタール航空は日本からヨーロッパ、中近東、また遠く南米方面への足となっているので、ヨーロッパに行く際などに「直行便にするか、エミレーツ航空にするか、カタール航空にするか」などと比較対象となり、利用機会も多いのである。

この記事の続きを見る


ベトナム航空のA350に乗ってホーチミンへ出発
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • アジア/カンボジア/プノンペン 
カンボジアというと日本人観光客の多くが訪れるのがアンコール遺跡で、カンボジア西部のシェムリアップにある。しかし、今回はカンボジア中南部にある首都プノンペンを訪ねてみた。使った航空会社はベトナム航空のホーチミン乗り継ぎである。 ベトナム航空は近年、フライトが充実していて、東京を例にすると、成田からホーチミンへ1日2便、ハノイへ1日1便、ダナンへ1日1便、羽田からもハノイへ1日1便運航、ダナン便を除いてエアバスの最新機材であるA350に揃えられているというのも魅力である。 アジアへはLCCを利用する機会が多くなっているが、ベトナム航空は航空券がお手頃価格で、しかも機内食なども充実なので、コストパフォーマンスが高く感じる。ホーチミンでの乗り継ぎもスムーズで、空港の乗り継ぎ施設も充実している。たとえば、ベトナム航空の日本行きは夜行便が多いが、空港のトランジットエリア内に無料のシャワーがあり(バスタオルは自分で用意する必要あり)、重宝した。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。デルタ航空 成田 シアトルに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介