page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「デンマーク アート」の見どころ情報

デンマーク アートに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「デンマーク アート」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果13

1 2 末尾 次へ


対岸から。王立図書館の近くです。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/デンマーク/コペンハーゲン 
デンマーク・アーキテクチャー・センター、略してDACは、デンマークの建築・デザイン・アーバンカルチャーを取り扱う団体です。デンマークの首都コペンハーゲン市内の運河沿いに2018年BLOXをオープンその中にDACが入っています。企画展、イベント、アート展示、講演など開催されている他、建築ガイドツアーなど行っています。世界から注目を集めるデンマークの現代建築に興味のある方におすすめです。

この記事の続きを見る


写真撮影OK。いつも斬新なアートが展示されています。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/デンマーク/コペンハーゲン 
コペンハーゲン・コンテンポラリー(Copenhagen Contemporary, またはCC)は、世界中の才能あふれるアーティストによるインスタレーションアートが体験できる国際アートセンターです。展示スペースは元溶接場の建物に連なるホール延べ面積約7,000m2。大規模なインスタレーション、アートワーク、パフォーマンスアート、ビデオワークが展示されています。五感を使って、今のアートシーンを体験してみませんか?

この記事の続きを見る


「虹のこころ」を子どもたちに伝える草間彌生展
  • テーマ:
  • スポット
  • 行き先:
  • アジア/シンガポール/シンガポール 
草間彌生展『Life Is The Heart Of A Rainbow(人生は虹のこころ)』。東南アジアの主要美術館では初の展覧会となり、1950年代からの120作品が見られます。『I Want To Love On The Festival Night(祭りの夜に愛したい)』という穴から覗く鏡の部屋は、ナショナルギャラリーのための特別作品。じっくり鑑賞したら2時間かかるほどの見ごたえでした。子どもが多く来場する期間に彼女がフィーチャーされるのは、ドット柄のわかりやすさと親しみやすさだけではなく、難しい幼少期を乗り越え国際的アーティストになった、「人と違ってもいい」夢と希望を与えるストーリーが背景にあるのでは。

この記事の続きを見る


コペンハーゲンから行く場合は電車で約3時間、または飛行機で40分です。
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/デンマーク/オーフス 
デンマークユトランド半島東岸にあるオーフスはデンマークで2番目に大きい人口約140万人の都市です。アート、カルチャー、グルメ、訪れる人を楽しませてくれるスポットがたくさんあります。今回ご紹介するのはオーフスにあるミシュラン1つ星レストラン4店。シンプルなようで美しく奥が深い北欧グルメ。4店ともモダンデンマーク料理を提供していますが、それぞれに個性豊か。ぜひ本場の味わってみませんか?

この記事の続きを見る


写真左奥がクロンボー城。コペンハーゲンに数日滞在するなら、1日日帰り小旅行におすすめです。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/デンマーク/エルノシアー 
デンマーク国立海洋博物館はハムレットの舞台で有名な都市ヘルシンオアにあります。同市のクロンボー城内にあった旧博物館が移動し2013年にリニューアルオープンしました。斬新なデザインの舟形地下建築が話題の新名所です。建築に興味のある方は必見です!コペンハーゲンから訪れる場合は、中央駅からヘルシンオア行きの長距離電車で約50分、終点ヘルシンオア駅の北側を海沿いに歩いて約10分。博物館から見えるところに世界遺産クロンボー城があるので、合わせて見学できます。

この記事の続きを見る


昼間は業者の車が絶えず行き来。夜はおしゃれなコペンハーゲン子が集まります。
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/デンマーク/コペンハーゲン 
コペンハーゲンのちょっぴりアンダーグラウンドでヒップなエリア、Koedbyen。1900年から30年の間に作られた食肉加工、食品卸売りのための地区です。現在も大型卸売店や食肉加工会社など残っていますが、2000年以降は現代アートのギャラリー、デザインカルチャー系の会社のオフィス、おしゃれなカフェバー、話題のレストランが次々とオープン。いつ訪れてもヒップな空気があふれ、コペンハーゲンを語る上で外せないエリアとなりました。今回はそんな中からオススメのレストラン、バー&デリをピックアップ!

この記事の続きを見る


特別企画展は別料金で大人110DKK。無料の常設展部分だけでもとても広い美術館です。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/デンマーク/コペンハーゲン 
国立の博物館と美術館は、18歳以下は入場無料、大人も場所によっては無料であることが多いデンマーク。その中でも最大規模、新旧のアートを楽しみたいなら、コペンハーゲン市内にあるSMK国立美術館がおすすめです。常設展は入場無料。世界中のアーティストの作品が展示されています。デンマークアーティストの作品も豊富です。■Statens Museum for KunstWEB:http://www.smk.dk/住所:Soelvgade 48-50, 1307 Koebenhavn K

この記事の続きを見る


行き方は、メトロFrederiksberg駅から、Nordhavn行きバス8Aで7分、Jaegersborggadeバス停下車すぐ。
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/デンマーク/コペンハーゲン 
今回は、地元で人気のイヤースボーゲーという通りをご紹介します。コペンハーゲンを何度も訪れて、一通りストロイエのショッピングストリートやデパートを見たあとに物足りなさを感じたらオススメしたい場所です。ノアブロ地区の住宅街にある1小さな通りには、レストラン、カフェ、ワインバー、ショコラティエ、キャラメル工場、アイスクリームショップ、アートギャラリー、陶器のお店、ヴィンテージの服屋さん、などなど軒を連ねます。コペンハーゲンの新しいもの、珍しいものが発信されるワクワク感たっぷりの空間です。

この記事の続きを見る


外から見ると四角い建物。4階にある入口から入ると大きな吹き抜け!思いがけない作りになっています。(c)Adam
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/デンマーク/オーフス 
オーフスは、コペンハーゲンから電車で約4時間、ユトランド半島の中程にあるデンマーク第2の都市です。その中心に2004年に開館したアロス オーフス美術館は、デンマークで珍しい前衛的な現代アートの美術館。難しいことは考えず大人から子供まで、アートとは何かを感じることができるオススメスポットです。シュミット・ハマー・ラッセンによる美しい建築もアートの一部。10階建、展示総面積6,775平方メートルの建物は北ヨーロッパでも最大規模です。

この記事の続きを見る


立地はコペンハーゲンの真ん中!ノアポート駅から徒歩OK、ローゼンボー宮殿のすぐ近く。
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/デンマーク/コペンハーゲン 
「国立美術館」と聞くと古い絵画が荘厳な空間に並んでいそうですが、デンマークの国立美術館はユニークで親しみのある場所です。1896年に建設されたどっしりしたモダニズム建築の中に入ると、白で統一された現代的なエントランス。休館には16世紀頃から現代までの絵画、彫刻、1998年に増設された新館には、現代美術、インスタレーションなどが並びます。最近では、スマートフォンアプリと連動する展示会をしたり、ダンスミュージックのイベントを定期的に開催したり、話題に事欠かない美術館です。

この記事の続きを見る


1 2 末尾 次へ


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。デンマーク アートに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介