page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「トルコ 目玉」の見どころ情報

トルコ 目玉に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「トルコ 目玉」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果27

1 2 3 末尾 次へ


アクロポリスの丘にあるゼウスの祭壇跡には松の木が茂っている
  • テーマ:
  • 遺跡
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/トルコ/イズミール 
トルコのベルガマは古代都市ペルガモンだった町。中心部は典型的なトルコの地方都市だが、町の北側に小高い丘が広がり、急斜面の劇場や白亜の神殿跡などが見える。紀元前の遺跡と共に人々が暮らしている町はトルコの至る所で見かけるが、ここもそのひとつだ。世界遺産ペルガモンを訪れる外国人観光客はこのところ急に増加している。今ではペルガモンがベルガマであることは知られているが、長いことペルガモンはドイツのベルリンと結びついていた。それはペルガモン博物館という古代オリエント美術品を展示する博物館がベルリンにあり、そこがあまりにも有名であるからだ。ベルリンを訪れるツアーの中には、ブランデンブルク門とペルガモン博物館だけを見学して帰ってしまうほど、観光ポイントになっている。

この記事の続きを見る


筆者お勧めの生ロクム。トルココーヒーと抜群の相性だ。
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/トルコ/イスタンブール 
トルコ菓子の王様と言えば、ナッツがぎっしり詰まったパイ生地に、糖蜜をたっぷりと吸わせたパイ菓子『Baklavaバクラヴァ』でしょうか。トルコ料理レストランやケバブ(トルコ焼肉)レストランのデザートの定番でもあるので、メニューや店頭で目にされた方も多いのでは。しかしこのバクラヴァ、とてつもなく甘い!控えめな甘さに慣れていると、強烈すぎるかもしれません。そこで今回は、控えめな甘さと、羽二重餅や求肥(ぎゅうひ)にも似たどこか懐かしいトルコ菓子、Lokumロクムの中から『生ロクム』をご紹介しましょう。バクラヴァが王様なら、ロクムはさしずめ女王といったところ。そして、生ロクムはさらに上品なお味です!

この記事の続きを見る


ベルリンで必ず行きたい博物館島の「ペルガモン博物館」
  • テーマ:
  • スポット
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/ベルリン 
ペルガモン博物館のほか、ボーデ博物館 、旧国立美術館 、旧博物館、新博物館 が博物館島には集中しています。その中でも人気の高い「ペルガモン博物館」は古代ギリシャやイスラム文化圏の美術品など、考古学ファンにはたまらない貴重なコレクションを誇ります。

この記事の続きを見る


典型的なトルコの朝食( イスタンブールのレストラン・スティシュにて )
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/トルコ/ガジアンテップ 
トルコを旅行していると、ホテルの朝食でビュッフェに並んでいるものがヨーロッパとはちょっと違うことに気付くであろう。まず、ハムの種類がヨーロッパとは全く異なる。イスラム教徒は豚肉を食べないので、羊の肉が多く、場合によっては牛肉や鶏肉から造られることもある。次にチーズの種類は豊富だが、いずれも白っぽい色をしており、ヨーロッパで見かける黄色がかったチーズではない。3番目の特徴は、オリーヴ豆が何種類もあること。ヨーロッパや日本では酒のつまみにオリーヴを食べるが、朝食で食べることはまずない。トルコでは、オリーヴが朝食の定番。特に黒いオリーヴが好まれる。トルコはオリーヴの世界最大生産地の一つなので、どこへ行っても豊富に出てくる。トルコの朝食は家庭でもリッチだ。特にチーズとオリーヴは絶対に欠かせない。

この記事の続きを見る


無機質なコンクリートの建物ではなく、木馬を意識したような色合いのトロイ博物館
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/トルコ/チャナッカレ 
トロイの木馬で有名なトロイ遺跡。ここがユネスコの世界遺産に登録されたのは1998年のことで、今年で20年目になる。それを記念し、2018年を世界遺産登録20周年の「トロイ年」と定め、今年夏の完成を目指して数年前から博物館の建設が始まった。既にトロイ遺跡を訪れた方は皆さん感じておられるだろうが、目にするのは壊れた石の壁ばかり。見学コースは単調で、この光景から古代都市トロイやトロイ戦争のことは到底想像できない。だが、新設されるトロイ博物館と同時に遺跡を訪れるなら、太古の昔にここで起こった壮大なドラマを想像することができるかもしれない。オープンに先立って海外のメディアがプレ・オープン取材を希望しているが、この度、日本のメディアが一番最初に建物の中へ入ることを許された。

この記事の続きを見る


焼きたてアツアツの真偽
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/トルコ/イスタンブール 
街を歩けば<シミッチ/Simitci(シミット屋)>に当たる!というくらい、街中のあちこちで見かけるこちらのワゴン。1.25TL(約35円/2018.3月時点)という手頃な価格も相まって、朝食に・小腹が減ったときのおやつにと、老いも若きもごまパンを丸かじり。路上ワゴンやパン屋の他に、ユニークな移動販売もありますよ。大量のシミットが積まれたお盆を頭に乗せ、元気よく大声を出しながら朝の住宅街を歩き回ります。「シミット、シミット〜!焼き立てアツアツだよ〜!」って、焼きあがってからだいぶ時間経ってるでしょ!とツッコミどころ満載なのはご愛敬です。

この記事の続きを見る


石段を上がって要塞へ向かう
  • テーマ:
  • 大自然
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ボスニア・ヘルツェゴビナ/モスタル 
「モスタルの郊外ツアー(その2)」からの続きです。次に向かったポチテリは、丘沿いに民家が建つ小さな村。16〜17世紀のオスマン・トルコ時代に芸術の町として栄えたそうで、現在でもイスラム文化を色濃く感じられる景観を残しています。定番の観光スポットでもあるため、ドブロブニク(クロアチア)からのモスタル日帰りツアーなどでも立ち寄ることが多いでしょう。しかしそのような長距離ツアーだとあまり時間がないため、露店の土産物屋がひしめく村を散策だけして終わり、というケースがあります。それだけでも面白くはあるのですが、ポチテリでぜひご覧いただきたいのは、丘の上の要塞からの眺望です。

この記事の続きを見る


ひときわ目立つ、丘の上のモスク
  • テーマ:
  • スポット
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/トルコ/イスタンブール 
7つの丘があると言われているイスタンブール。そのひとつの丘の上にひときわ目を引くジャーミィ(トルコ語でモスクの意)【Suleymaniye Camii/スレイマニエ・ジャーミィ】があります。目の前に遮るものがなく遠くからでもその存在を確認することができるため、イスタンブール観光中に何度となく目にすることでしょう。旅行中に撮った写真を見返した際、知らず知らずのうちにスレイマニエ・ジャーミィが写り込んでいた!なんて方も多いのでは?!

この記事の続きを見る


「エマール・スクエア・モール」の正面玄関。ホテル・オフィス・レジデンス棟も包括した巨大建築物に圧倒される。
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/トルコ/イスタンブール 
旅先でのちょっとしたお買い物やお土産の物色、食事やお茶休憩にと、ショッピングモールは旅行者の強い味方。しかもトルコのモールは通常10:00から22:00まで営業していて、ほぼ年中無休!これを利用しない手はありません。今やイスタンブールには100箇所以上のショッピングモールがオープンしているほど、この街はモール天国なのです。どこに行こうか迷っているあなたに、2017年4月28日にオープンした最注目の「EMAAR SQUARE MALLエマール・スクエア・モール」をご紹介しましょう。

この記事の続きを見る


見渡す限り広がるヒマワリの畑
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/トルコ/エディルネ 
ここはギリシャとの国境に近いエディルネ。イスタンブールから西へ高速道路を走っておよそ2時間半。この辺りはトラキア地方と呼ばれ、かつてトラキア人が住んでいたバルカン半島南東部にあたる。トルコも西の端となると緑が豊かで畑が多い。南東アナトリア地方の乾いた大地と比べると潤いのあるところだ。ヒマワリの栽培でも知られており、その季節になるとあちらこちらで広大なヒマワリ畑を目にする。ヨーロッパよりずっと暑いので、8月初めだというのにヒマワリはもう疲れた様子で首を垂れている。この辺りでは6月から7月にかけてが、ヒマワリの最盛期だそうだ。トラキア地方のテキルダー、クルクラーレリ、エディルネの3つの町を結ぶ三角地帯にヒマワリが豊富に栽培され、”ヒマワリルート”と呼ばれている。

この記事の続きを見る


1 2 3 末尾 次へ


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。トルコ 目玉に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介