page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「トルコ 装飾品 目玉」の見どころ情報

トルコ 装飾品 目玉に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「トルコ 装飾品 目玉」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


この決して大きくない建物の中に、ツタンカーメンの秘宝を始め貴重な遺物がぎっしり詰め込まれています!
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/エジプト/カイロ 
17歳で暗殺されたという、有名な少年王、ツタンカーメン。そのキラめく黄金のマスクの美しさと神々しさに思わず見とれてしまいます。黄金、ラピスラズリ、黒曜石、水晶、トルコ石などを贅沢に使って作られた、細工の細かい棺や装飾品を始め、キンキラキンのイス、ベッド、サンダル!などの当時使われていたリッチな日用品の数々、そして死後の世界で代わりに働いてくれる、何十体もあるツタンカーメンの分身の小さな像、凝った造りのアラバスターの壺、さらに、なんと妻から捧げられた生花まで!書ききれない位に多くの目をみはる品々が展示されています。

この記事の続きを見る


「トルコ 装飾品」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

もともとは1004年にバイキングが作った木の要塞だった
  • テーマ:
  • 城・宮殿
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/ロワール地方 
数多くの城や宮殿があることで知られるフランス中部のCentre Val de Loire地域圏で、なんかどこかで見たことあるな〜と、皆さんもきっと思うであろうお城を見つけました。その名はユッセ城。「La belle au bois dormant」(眠れる森の美女)のモデルとなりました。ディズニーアニメ映画で知っている人も多いのではないでしょうか。元はフランスの作家、シャルルペローがこのユッセ城を舞台に童話を書いたとのことです。受付で入場料を支払うと、城の入り口まで緩やかな登り坂を歩きます。ベルサイユ宮殿をはじめとする数々の庭のデザインで有名なル・ノートルが手がけた庭園はよく手入れされています。現在の城のかたちは17世紀に出来上がり、ところどころ修復を重ねてきました。

この記事の続きを見る


伝統的なキュタフヤの皿とブルーが美しいアロパシャル社の置物
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/トルコ/キャフタ 
トルコの陶器はその絵柄の素晴らしさでは、世界一ではないだろうか。曲線を駆使したペルシャ風の模様、幾何学模様、あるいはデフォルメされたチューリップやカーネーションの花模様、などなどパターンは限りない。トルコの陶器やタイルは最初、マルマラ海に近いイズニックで作られていた。器に適した良質の土が採れるということで、イズニックは陶器の町だった。最盛期を迎えた16世紀以降、イズニックでは材料となる土が枯渇し、次第に陶器産業は衰えていく。その代りとなったのがキュタフヤだった。ここで陶器に適した良質の土が発見されたからである。17世紀からはイズニックで作られていた陶器やタイルがキュタフヤ受け継がれていった。キュタフヤは陶器産業で知られるようになり、近年では新たな高級陶器も作られている。

この記事の続きを見る


ロゼッタストーンをはじめお宝満載の大英博物館だが、意外な発見も!
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イギリス/ロンドン 
ロンドンを訪れた観光客なら、誰もが一度は訪れたい大英博物館。大英帝国時代に植民地から持ちこまれたり、贈られたものが主な展示物となっています。ギリシャのパルテノン神殿の一部、アッシリアの壁画、エジプトのロゼットストーンなど、歴史の教科書に載っているようなお宝ばかり。世界一周旅行できなくても、ここに行くだけで世界中の様々な歴史の産物に触れ合うことができます。全館見て回ると3時間以上かかりますが、その中でも筆者が見て面白かった、意外な展示物をご紹介しましょう。

この記事の続きを見る


足を運びやすい便利な立地も魅力。
  • テーマ:
  • 歴史
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スウェーデン/ストックホルム 
ストックホルム市内にある歴史博物館では、紀元前からバイキング、そして中世など、スウェーデンの歴史を体系的に紹介している。歴史を学ぶことは今を大切に生きるためのヒントを得るいいチャンス。毎日の生活でストレスがたまっているときこそ、昔の人の足跡をたどってみたい。まだ電気も水道もなかった時代、人々はどんな暮らしをしながら文化育んでいたのだろう?展示について理解を深めるためにも、時間があればオーディオガイド(20クローナ、約220円)の活用をおすすめしたい。残念ながら日本語はないけれど、英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、そしてスウェーデン語がそろっている。

この記事の続きを見る


クズラルアース・ハンの外観。白と赤茶色の重厚な建物です。
  • テーマ:
  • 歴史
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/トルコ/イズミール 
エーゲ海の街・イズミール。街の雰囲気はとても開放的でモダンな印象です。エーゲ海の陽光降り注ぐ明るい街です。イスタンブールや他の街に比べると、新しい建物が多く、モスクの数も少ないような感じで、古めかしいイメージは浮かばないです。でも、一部、昔の古い建物が残っているエリアもあるんです。オスマン帝国時代に建てられたモスクなどが残っています。イズミールのど真ん中、コナック広場のすぐ横に、ケメルアルトゥという一角があります。そこは、細く入り組ん路地に日用品や装飾品などのお店が建ち並び、横道に入ると、おもちゃや部品などの問屋が並んでいます。その辺りには、古い建物が結構残っているんです。そんな、ごちゃごちゃとしたエリアの一角に、オスマン朝時代に建てられたキャラバンサライ(隊商宿)があります。

この記事の続きを見る


「トルコ 目玉」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

アクロポリスの丘にあるゼウスの祭壇跡には松の木が茂っている
  • テーマ:
  • 遺跡
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/トルコ/イズミール 
トルコのベルガマは古代都市ペルガモンだった町。中心部は典型的なトルコの地方都市だが、町の北側に小高い丘が広がり、急斜面の劇場や白亜の神殿跡などが見える。紀元前の遺跡と共に人々が暮らしている町はトルコの至る所で見かけるが、ここもそのひとつだ。世界遺産ペルガモンを訪れる外国人観光客はこのところ急に増加している。今ではペルガモンがベルガマであることは知られているが、長いことペルガモンはドイツのベルリンと結びついていた。それはペルガモン博物館という古代オリエント美術品を展示する博物館がベルリンにあり、そこがあまりにも有名であるからだ。ベルリンを訪れるツアーの中には、ブランデンブルク門とペルガモン博物館だけを見学して帰ってしまうほど、観光ポイントになっている。

この記事の続きを見る


筆者お勧めの生ロクム。トルココーヒーと抜群の相性だ。
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/トルコ/イスタンブール 
トルコ菓子の王様と言えば、ナッツがぎっしり詰まったパイ生地に、糖蜜をたっぷりと吸わせたパイ菓子『Baklavaバクラヴァ』でしょうか。トルコ料理レストランやケバブ(トルコ焼肉)レストランのデザートの定番でもあるので、メニューや店頭で目にされた方も多いのでは。しかしこのバクラヴァ、とてつもなく甘い!控えめな甘さに慣れていると、強烈すぎるかもしれません。そこで今回は、控えめな甘さと、羽二重餅や求肥(ぎゅうひ)にも似たどこか懐かしいトルコ菓子、Lokumロクムの中から『生ロクム』をご紹介しましょう。バクラヴァが王様なら、ロクムはさしずめ女王といったところ。そして、生ロクムはさらに上品なお味です!

この記事の続きを見る


ベルリンで必ず行きたい博物館島の「ペルガモン博物館」
  • テーマ:
  • スポット
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/ベルリン 
ペルガモン博物館のほか、ボーデ博物館 、旧国立美術館 、旧博物館、新博物館 が博物館島には集中しています。その中でも人気の高い「ペルガモン博物館」は古代ギリシャやイスラム文化圏の美術品など、考古学ファンにはたまらない貴重なコレクションを誇ります。

この記事の続きを見る


典型的なトルコの朝食( イスタンブールのレストラン・スティシュにて )
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/トルコ/ガジアンテップ 
トルコを旅行していると、ホテルの朝食でビュッフェに並んでいるものがヨーロッパとはちょっと違うことに気付くであろう。まず、ハムの種類がヨーロッパとは全く異なる。イスラム教徒は豚肉を食べないので、羊の肉が多く、場合によっては牛肉や鶏肉から造られることもある。次にチーズの種類は豊富だが、いずれも白っぽい色をしており、ヨーロッパで見かける黄色がかったチーズではない。3番目の特徴は、オリーヴ豆が何種類もあること。ヨーロッパや日本では酒のつまみにオリーヴを食べるが、朝食で食べることはまずない。トルコでは、オリーヴが朝食の定番。特に黒いオリーヴが好まれる。トルコはオリーヴの世界最大生産地の一つなので、どこへ行っても豊富に出てくる。トルコの朝食は家庭でもリッチだ。特にチーズとオリーヴは絶対に欠かせない。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。トルコ 装飾品 目玉に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介