page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「トルコ」の見どころ情報

トルコに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「トルコ」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果539

前へ 先頭 51 52 53 54


山の斜面のオリーブ林の中に、白壁・オレンジ色の屋根の“可愛い”家々が立ち並ぶ
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/トルコ/イズミール 
広い国、トルコには田舎町にもとっても素敵な町や村がたくさんあります。今回は、そんな中から、最近トルコ人にも人気の、エーゲ海地方の小さな村を紹介します。その名も“可愛い”という意味の『シリンジェ(Sirince)』という村。有名なエフェス遺跡の観光拠点・セルチュクから、山あいの道を途中オリーブ林を眺めながら、約8km、白壁にオレンジ色の瓦屋根の小さな村が見えてきたら、そこがシリンジェです。つい最近までは、ひなびた村だったここが、雑誌で紹介されたりするうちにすっかり有名な観光スポットに。

この記事の続きを見る


アトル・キョシュク、「馬の館」と呼ばれる博物館のメイン館。正面に馬の彫像があるため、この名がつけられているらしいです
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/トルコ/イスタンブール 
古都イスタンブールには個性溢れる博物館がたくさんあり、全く飽きさせないです。そんな数多くの博物館の中でも、芸術性のポイント高いものがここ、サークプ・サバンジュ博物館。通称「サバンジュ博物館」。

この記事の続きを見る


トルコ人大好き、まん丸ゴマ付きパンのシミット。ゴマがふんだんにまぶされているので、とっても香ばしい
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/トルコ/イスタンブール 
旅の途中でちょっとお腹がすいた時、手軽にパクッと食べられるスナックがあると便利ですよね。トルコ旅行では、そういう旅人の強い見方が、この丸いゴマ付きパン、シミット(simit)です。ちょっと弾力性のある生地の塩味の付いたパンで、これ一個で結構お腹がいっぱいになります。

この記事の続きを見る


キリッと睨みをきかす、大きな青い目玉、ナザール・ボンジュウ
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/トルコ/イスタンブール 
トルコに行くと、町のあちこちで必ず見かけるものが、青いガラスの目玉。これ、ナザール・ボンジュウという魔除けです。ナザール・ボンジュウは、他人の邪視から身を守ってくれるといわれています。邪視とは、他人の幸せや成功を羨んだり妬んだり、という邪悪な目のこと。そういう悪い目のパワーを、この青い目玉が打ち砕き守ってくれるんです。だからトルコ人は、このナザール・ボンジュウを身に付けたり、大切な物に付けたりします。

この記事の続きを見る


ケバブ料理はとにかくボリュームいっぱい。トルコ人のパワーの源?
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/トルコ/イスタンブール 
トルコ料理といえば、真っ先に思い浮かぶのがケバブではないでしょうか。最近は日本でも、大きな町を中心に、店先で大きなお肉の塊を大きなナイフで切り分けるドネル・ケバブがすっかりお馴染みになってきましたよね。もちろん本場トルコでも、人々から大いに親しまれている料理。種類にもよりますが、大都市イスタンブールでは、だいたい10YTL(約950円)くらいで食べることができます。地方都市なら、もっと安く味わえますよ。トルコ旅行の際、お手頃な価格で、トルコの味を楽しむのには、ケバブは打ってつけではないでしょうか。

この記事の続きを見る


ヨーロッパ文化の源、古代ギリシャ文明を代表する建築物、パルテノン神殿
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ギリシア/アテネ 
ギリシャをイメージするときに、まず浮かぶものの一つがパルテノン神殿ですよね!古代ギリシャを象徴する世界遺産です。残念ながら今のアテネ国際空港からは遠くて見る機会がなくなってしまったのですが、旧空港からは離陸、着陸の際に上空から見下ろすことができました。アテネの街を埋め尽くす白っぽい建物の中に、リカヴィトスの丘と、パルテノン神殿のあるアクロポリスが、そこだけ時が止まったかのように今も変わりなく高くそびえ、見るたびに古代ギリシャの歴史やギリシャ神話の世界を思い起こさせます。私のお勧めは早朝です。まだほとんど人のいない、遺跡の開場前に、新鮮な朝の空気を吸いながら徒歩でアクロポリスに登り、遺跡入り口の右手方向にある、岩でできた高台にのぼってみてください。(岩が磨耗してすべりやすかったのですが、2004年オリンピックの際に新しい階段が設置されてより安全に上れるようになっています。)早朝の紫がかった空の下、アテネの街を一望できます。そして後ろにはさらに高くそびえるパルテノン神殿とその入り口が見えます。

この記事の続きを見る


ドイツ代表を応援する熱狂的なサポーターたち
  • テーマ:
  • サッカー観戦
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/フランクフルト 
2006年ワールドカップの舞台となったドイツ。日本は1次リーグ敗退の屈辱を味わったが、開催国・ドイツはシュバインシュタイガーやクローゼ(ともにバイエルン)ら若手の台頭もあって3位に入った。90年イタリア大会優勝、2002年日韓大会準優勝など華々しい歴史を誇るドイツサッカーも、2004年欧州選手権(ポルトガル)ではチェコの二軍に敗れるなど低迷の時期を経験している。しかし、瞬く間に実力ある若い選手が出てきて、ワールドカップの上位に入るあたりが伝統国だ。かつてイングランド代表だったゲーリー・リネカーも「いつも最後はドイツが勝っていた」という明言を残しているが、勝負にこだわるゲルマン魂は、今もしっかりと生きているのだ。

この記事の続きを見る


アロハタワー・マーケットプレイスにある「チャイズ・アイランド・ビストロ」
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ハワイ/ハワイ/オアフ島 
アロハタワー・マーケットプレイスにあるレストラン「チャイズ・アイランド・ビストロ (Chai’s Island Bistro)」では毎晩、ハワイアン・ミュージックのライブがあります。ミュージシャンは日替わりですが、そのメンバーはそうそうたる顔ぶれ!ハワイのグラミー賞とも呼ばれるナ・ホク・ハノハノ・アワードで2007年度最優秀女性ヴォーカリストに選ばれたエイミー・ハナイアリイや、日本でも有名なウクレレ奏者のジェイク・シマブクロが、Featured Artistsとして名を連ねています。

この記事の続きを見る


世界遺産「博物館島」のなかにあるペルガモン博物館
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/ベルリン 
世界遺産に登録されたベルリンの博物館島には、5つの博物館・美術館がある。島というのは市内を流れるシュプレー川の中州のことで、19世紀半ばから次々と博物館や美術館が建てられていったのでムゼウムスインゼル(博物館島)と呼ばれている。博物館島の中でも必見なのが「ペルガモン博物館」だ。

この記事の続きを見る


前へ 先頭 51 52 53 54


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。トルコに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介