page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「ドイツ デュッセルドルフ」の見どころ情報

ドイツ デュッセルドルフに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「ドイツ デュッセルドルフ」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果14

1 2 末尾 次へ


夏の夜空に打ち上げられる花火に見とれてしまう
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/デュッセルドルフ 
花火といえば日本の夏に欠かせない風物詩。花火大会へ行ったり、家族や友人と一緒に花火を楽しむ光景があちこちで見られますよね。ドイツでは大晦日の打ち上げ花火が恒例ですが、その他にもイベントの締めくくりとしてよく打ち上げられます。例えばデュッセルドルフ近郊のベンラート城の庭園で開催される「光の祭典」は、クラシック音楽と噴水ショー、そして花火を一気に鑑賞できる毎夏恒例のイベントです。2020年は8月22日に開催される予定でしたが、新型コロナの感染パンデミックにより、中止になってしまいました。今回は昨年訪問時の様子をご紹介します。なお2021年は7月3日に開催予定ですので、デュッセルドルフ観光と共に是非体感したいものです。

この記事の続きを見る


リドの店内はオープンキッチンでモダンな雰囲気
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/デュッセルドルフ 
ドイツ西部ノルトライン・ヴェストファーレン州(NRW)の州都デュッセルドルフは、ファッションと芸術の街として世界中の観光客に人気の国際都市。日本人在住者が国内でも一番多く在住しているため、和食レストランやアジア系食材店も充実しており、別名ドイツのリトルトウキョウでお馴染みの街です。デュッセルドルフには空港もあり、パリやロンドンなど欧州内へのアクセスもしやすいため、世界のスターたちもよく訪れます。観光やショッピングに最高の立地、そしてシャネルやプラダなど高級ブランド品専門店、地元のビール、バーやレストランもありと、多彩な顔を持ちます。この街に来たら日本と同じレベルの美味しい和食店を必ず訪問するのですが、今回は、地元観光局お薦めの隠れ家的なアートレストラン「リド」へ行ってみました。

この記事の続きを見る


ホテル正面玄関にて。スター滞在中は、ファンが殺到し、通りを一時通行止めにすることもあるとか。
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/デュッセルドルフ 
200年以上の歴史を誇る「ブラィデンバッハーホフ ア カペラ ホテル」は、世界のスーパースターや富豪の選ぶ滞在場所として知る人ぞ知る極上の宿。世界各地を巡り最高級ホテルを知り尽くしているスターや富豪、そしてリピーターがこのホテルを選ぶ理由はいくつもあるようです。まず最高の立地です。この街には国際航空やコンサートホールもあり、大スターの移動しやすい場所にホテルがある点です。また最高級ショッピング街「ケー二ヒスアレ-(通称ケー)」はホテルの目の前、旧市街や美術館、ライン川プロムナードへも徒歩で行けるなど、街歩きや観光の拠点としてアクセスの良さもキーポイントです。次は、優雅でゆったりした空間の客室、客の求める要望を心得たさりげないサービスです。極上ホテルとはいえ、決して奢ることのない控えめなエレガンスが多くの客の心をつかんでいる雰囲気が伝わってきました。客層は、ポール・マッカートニーやピンク、スティングなど大スターをはじめ、避暑を兼ねて数週間滞在するアラブ諸国からの家族連れやハネムーンで滞在するカップル、ちょっと優雅な週末を過ごしたいという客やビジネスマンなど様々です。

この記事の続きを見る


ドイツではクリスマスシーズンになるとあちこちで販売されます
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/デュッセルドルフ 
日本ですっかりお馴染みスイーツのふわふわで優しい味バウムクーヘン。ご存知かと思いますが、バウムは「木」、クーヘンは「ケーキ」を意味するドイツ語です。まさに見た目が木の年輪のようなこのお菓子は、1800年代初期にドイツで誕生したといわれています。発祥の地は、明確ではありませんが、旧東独ザクセン・アンハルト州の街が最初だったという記録があります。日本に伝わったのは1919年3月4日。ドイツ人菓子職人カール・ユーハイムの焼いた一品でした。ドイツカフェの先駆者ユーハイムはこの日を「バウムクーヘンの日」と制定し、2019年は100周年を迎えます。日本では一年中、美味しいバウムクーヘンが入手できますが、ドイツの事情は少し異なります。その歴史を探ると、本場ドイツ菓子職人のこだわりが見えてきました。

この記事の続きを見る


日本でもお馴染みのホテルロゴ。修復されて一段と美しくなった入口
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/デュッセルドルフ 
デュッセルドルフといえば、ドイツのリトルジャパンとして知られる街。日本人居住者は7000人程で、欧州ではロンドン、パリに次ぐ日本人社会が存在します。ここに日本企業が進出し始めたのは1950年代から。その後、経済面でも両国のつながりは徐々に深くなりました。それに伴って和食レストランや食料品店、書店にクリーニング店など続々とオープンし、今ではここは日本?と思うほど品揃えの充実した店舗が多数あります。近年ドイツでも和食やコミックの人気がうなぎのぼりで、この街は日本ファンの巡礼地となりました。観光の中心スポットは、中世の名残ある優雅な建造物や近代的な建物が混在する開放的な雰囲気を持つ旧市街です。

この記事の続きを見る


マルクト広場の真ん中にある騎馬像は記念撮影スポット
  • テーマ:
  • 家族で海外旅行
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/デュッセルドルフ 
ドイツの西部にある経済都市デュッセルドルフには成田から直行便で約12時間。経済都市とあって、ヨーロッパ最大の日本人街もあるので、もし旅行中に和食が恋しくなっても大丈夫。市庁舎のあるマルクト広場やアルシュタット(旧市街)の石畳を歩いていると、経済都市なんていう堅苦しい響きとは無縁な、古くてかわいい町並み。チョコレートパスタが売っているチョコレート屋さんも、あった!クリスマスマーケットの時期は賑やかで幻想的。

この記事の続きを見る


新しく羽田〜ミュンヘン線、名古屋〜フランクフルト路線に運用されるA340-600
  • テーマ:
  • エアライン・空港
日本とルフトハンザ ドイツ航空の関係は長い。はじまりは1961年に羽田〜フランクフルト線を就航したときからで、50年以上も日本とドイツの橋渡しを務めてきた。そのルフトハンザ ドイツ航空による羽田線が、1978年の成田空港国際化によって移されてから実に36年ぶりに復活した。今年2014年3月31日から羽田〜フランクフルト線がデイリーでスタート。あわせて羽田〜ミュンヘン線という新ルートもデイリーで就航。加えて成田〜フランクフルト、成田〜デュッセルドルフ、関空・名古屋〜フランクフルトといったルートも併用。ドイツへのフライトがますます充実した。

この記事の続きを見る


エアバスA380の第一号機はルフトハンザのハブ空港と同名の「フランクフルト・アム・マイン」と命名。第二機は「ミュンヘン」と名付けられる予定だ
  • テーマ:
  • エアライン・空港
日本とドイツ、さらには欧州、アフリカなどを広範囲で網羅するルフトハンザ ドイツ航空。CO2削減やエコ対策に積極的に取り組むエアラインとして好感度大。今年5月にはオール2階建ての最新鋭機エアバスA380の第一号機が納品されるが、静電気スプレーを使用するという新塗装システムを採用。これにより髪の毛の直径よりも薄い塗装を実現。大幅な軽量化による燃料消費削減に効果を発揮している。革新的にしてエコ。環境意識の高いドイツのエアラインらしい姿勢を大いに感じる。

この記事の続きを見る


ユネスコ世界遺産に登録されているツォルフェアアイン炭鉱業遺産群
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/デュッセルドルフ 
2010年の欧州文化都市にエッセンとルール工業地帯が選ばれた。欧州文化都市は、ヨーロッパのそれぞれの町にある文化を世界中の人に知ってもらうことを目的とし、指定された都市は1年間集中的に文化行事を企画する。2010年はドイツの他にハンガリーのペーチ、トルコのイスタンブールが指定されている。ドイツ国内の選考では11都市が名乗り上げたが、最終的にエッセンとルール工業地帯というテーマが選ばれた。この決定が下されたのが2006年のこと。それからは2010年に向けて準備が始まった。Ruhr.2010というプロジェクトが組まれ、さまざまなイベントを通してルール地方を知ってもらう計画が始まった。エッセン駅も、世界中の人を受け入れられるようにと、バリアフリーの駅へと生まれ変わった。

この記事の続きを見る


旧市街にはショッピング街はもちろん、素敵なカフェやバーが数多くある
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/デュッセルドルフ フランクフルト 
数日しか滞在できない旅では、観光をしているとショッピングの時間が十分取りにくい。せっかくドイツまで来たのだから買い物を楽しみたくてもどこにお店があるのかわかりにくい。そんな悩みを解決してくれる贅沢なプランがある。“デュッセルドルフでパーソナルショッピング”と名付けられたこのプランは、117ユーロで四つ星ホテル『Holiday inn Duesseldorf』 に泊まり、ショッピングをするというもの。しかも自分専用のショッピングガイドがいるというゴージャスなサービス付きだ。

この記事の続きを見る


1 2 末尾 次へ


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。ドイツ デュッセルドルフに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介