page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「ドイツ ルター 観光」の見どころ情報

ドイツ ルター 観光に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「ドイツ ルター 観光」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


ルターシュタット・ヴィッテンベルクの中心地
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/ローテンブルク 
2017年は宗教改革500周年なのだとか。そこで、ドイツが誇る宗教改革者マルティン・ルターが再認識されています。ロマンチック街道の有名な町、ローテンブルクでもルターのエキシビジョンが行われています。ロマンチック街道を旅行して、このエキシビジョンを見て「どうしてルターなのかしら」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。今年は、宗教改革500年だからなのですよ。なお、該当のエキシビジョンは2018年12月までやっているので、興味がある方は中世犯罪博物館へどうぞ。ちなみに、ここは他の展示物も中世の拷問道具があったりと面白いのでオススメです。今年は各地で他にもイベントがあるので、出かける前にドイツ観光局の特設ページをご覧くださいね。http://www.germany.travel/jp/specials/luther/luther.html

この記事の続きを見る


ヴァルトブルク城でルターが聖書の翻訳に取り組んでいた部屋
  • テーマ:
  • 歴史
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/アイゼナッハ 
宗教のことはよく解らない、全く興味がない、という人でもマルティン・ルターのことは誰でも知っているであろう。宗教改革者であり何者にも束縛されない信仰の自由を唱えた人物である。彼が「95ヶ条の意見書」をヴィッテンベルクの教会の扉に貼り付けたのが1517年のこと。これが宗教改革の発端となった。その時から500年が経過し、2017年はマルティン・ルター500周年でドイツではルターゆかりの地で様々なイベントが予定されている。こうした宗教行事はともかくとして、エアフルトやアイゼナハなど名高い観光地でありながら同時にルターゆかりの町で、ルターの足跡を辿ってみよう。

この記事の続きを見る


ルターが論題を張り出した扉のある宮殿教会。前方からやさしく入り込む光が印象的
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/ベルリン 
「1517年10年31日、マルティン・ルターは95ヶ条の論題を教会の扉に貼り出した」特に宗教改革に興味がなくても、このインパクトのある一文には聞き覚えがあるだろう。16世紀にヨーロッパを揺るがした宗教改革の始まりである。この扉とはドイツ・ヴィッテンベルク(Wittenberg)にある宮殿教会の扉であり、世界遺産として今でも大切に保存されている。この教会は戦争の度に一部焼失するなどの被害を受けるが、1885年に大掛かりな修復作業が行われ、今尚美しい姿で私たちを迎えてくれる。

この記事の続きを見る


マルクト広場に立つルターの像。確固たる信念を持った男の表情は勇ましい
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/ライプチヒ 
カトリック教会、そしてヨーロッパ文化に大きな影響を及ぼした宗教改革の中心人物と言えば、マルティン・ルター。ドイツ・アイスレーベン(Eisleben)には彼の生家と臨終の家がある。この町は「ルターの町」と呼ばれている。世界遺産になっている生家や臨終の家がある町とはどんな雰囲気なのだろうか。特急が止まらない町なので、そんなに大きな町ではないだろうな、とは予想していたが、到着してみると想像以上に小さな駅である。世界遺産というと、カメラを持った観光客がうろうろしている姿を連想させるが、ここは地元の人がごく普通に生活をしている印象の方が圧倒的に強かった。

この記事の続きを見る


「ドイツ 観光」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

1911年建造の市庁舎
  • テーマ:
  • リゾート
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
ザントフォールトは、オランダの主要なビーチリゾートのうちの一つです。アムステルダムから電車でわずか30分ほどで到着し、駅からビーチまでは徒歩で行けるという便利さ。「海に行きたくなったらとりあえずザントフォールト」というのは、アムスっ子の間で昔から定着しています。例えば「アンネの日記」のアンネ・フランク一家はアムステルダムに住んでいましたが、夏にザントフォールトを定期的に訪れていました。

この記事の続きを見る


36万個の瓦礫を使って再建されたノイマルクト広場のフラウエン教会
  • テーマ:
  • 歴史
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/ドレスデン 
東西ドイツが統一されてから早くも30年が経過した。今、ドレスデンは18世紀のアウグスト強王の時代を彷彿させる美しい古都になっている。1990年、ベルリンの壁が崩壊した翌年の夏にドレスデンを訪れたとき、ノイマルクト広場の北端に瓦礫が積み上げられていた。第二次世界大戦の爆撃で崩壊したフラウエン教会の瓦礫だった。終戦から45年も経つのに何故今まで放置されているのだろう、と不思議に思う。教会の塔などでも残っていれば戦争の悲惨さを伝えるモニュメントとして保存もされていよう。しかし僅かに壁の一部しか見られない殆ど瓦礫状態なので、東ドイツの経済状態から撤去費用を捻出できずに放置したままなのだと思った。ところがそれから数年後、同じ場所に行ってみるとノイマルクト広場いっぱいに瓦礫が整然と並べられていた。何のために?

この記事の続きを見る


町の中心、旧市街のマルクト広場は夜景が美しいことで知られている
  • テーマ:
  • 物語のあの場所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/チェコ/カルロビバリ 
ドイツのマンハイムからひたすら東へ、国境を越えてチェコのプラハまで続く古城街道という観光ルートがある。ヨーロッパにはどこの国でも中世の城がたくさんあるので、ヨーロッパのあちらこちらに古城街道がありそうだが、協会が設立されているのはドイツとチェコを結ぶ古城街道だ。もともとドイツにはマンハイムとニュルンベルクを結ぶ300キロほどのドイツ古城街道があった。1954年に開発された観光ルートで、有名なロマンティック街道の1950年設立に次いで2番目に古い。それが1989年の“ベルリンの壁崩壊”直後に東欧が開け、1994年にニュルンベルクからチェコのプラハまで延長されて1000キロに近い大街道となった。チェコ側には有名な温泉町やビールの町が街道上にあり、最後に名城カルルシュティン城が現れてフィナーレのプラハ城へと続く。この古城街道のチェコ側最初の町がヘプChebであり、ドイツ側から電車に乗ってチェコに入ると、最初に停車するのがヘプだ。

この記事の続きを見る


客層の良さはウィーンでも評判のツム・シュヴァルツェン・カメール
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ウィーン 
ウィーンの中心、歩行者専用通りグラーベンからアム・ホーフ広場へ抜けるボーグナーガッセ。左手の角から3軒目にいつも賑わっているレストランがある。雰囲気としてはビストロ、あるいはブラッスリーbrasserieという感じだ。気軽に利用できそうなので入っていくと、中では和気あいあいと仲間同士で楽しんでいる。スーツ姿の人が圧倒的に多く、この近くで働いているビジネスマン行きつけの店なのだろう。何か特別な雰囲気に圧倒され、思わず店を出てしまう。こんな思いを何度かした。このレストラン、ツム・シュヴァルツェン・カメールは近年になって大規模な改装が行われ、店内の右側にあったレストラン部分が広くなった。こちらは比較的空いているので利用しやすい。左側のバーBarと呼ばれる部分には小さなテーブル席やカウンター席が設けられているが、時間帯に関わらずいつも満席。最近ではツーリストの利用もみられるようになった。

この記事の続きを見る


英雄広場に面して建つ、ギリシャ神殿風の建物
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ハンガリー/ブダペスト 
ハンガリーの首都ブダペストには大小合わせ、数多くの美術館や博物館があります。代表的なものには、中世からモダンアートにいたるハンガリー美術の代表作を収めた「ハンガリー国立美術館」、現代美術や企画展が中心の「現代美術館」がありますが、今回は「ブダペスト国立西洋美術館」を紹介します。ここはおもにハンガリー国外の作品を展示しており、西洋美術史に名があがるような有名作家の作品もあるので、ハンガリー国立美術館よりも楽しめるかもしれません。場所はドナウ東岸のペスト地区、アンドラーシ通りの突き当たりの「英雄広場」北側です。

この記事の続きを見る


ホテルのレストラン「Vox」は朝から夜遅くまでいつも人でいっぱい
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/ベルリン 
ベルリンに滞在するなら、どのホテルがベストでしょう? ドイツの首都ベルリンは、博物館や美術館、歴史的なスポットを数多く抱える素敵な都市。実は私も、初ドイツ旅行は他の都市へまったく行かず、とにかくベルリン観光一点に的を絞り、1週間滞在しました。観光地の宝庫で、一日中せっせと散策に次ぐ散策! そんな精力的な観光旅行のために選んだホテルは、「グランドハイアット ベルリン」です。1週間連泊しての詳細レポートをお伝えします。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。ドイツ ルター 観光に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介