page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「ドイツ 港町」の見どころ情報

ドイツ 港町に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「ドイツ 港町」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果18

1 2 末尾 次へ


ノイアー・マルクトで開かれる盛大なクリスマスマーケット
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/ベルリン 
中世でハンザ同盟の町として栄えたロストック。バルト海に面した港町では西にヴィスマールが、東にシュトラールズントがある。その丁度中間にあるロストックは、ハンザの荷を積んだコッゲ船が停泊するのに好条件の港町だった。海賊の被害に悩まされていた時代、ロストックは川のように長い入り江の奥にあったため、船に荷を積んだまま安心して夜を明かすことができたからだ。毎年8月にハンザ時代を彷彿させる帆船祭が開かれ、この時は世界中から帆船が集まる。ロストックはこのハンゼ・セイル・ロストックHanse Sail Rostockで知られているが、冬場のクリスマスマーケットも見逃すことができない。市庁舎前広場いっぱいに屋台が並び、移動遊園地も開かれる。大人も子供も楽しめるロストックのクリスマスマーケットなのだ。

この記事の続きを見る


ハンザ時代を忍ばせるレンガの屋根飾りが独特なロストック市庁舎
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/ベルリン 
ハンブルク、ブレーマーハーフェンに続いてドイツで3番目に大きな港ロストックだ。13世紀初頭に町となり、ハンザ同盟の都市としてヴィスマール、シュトラールズントと共にバルト海で重要な都市として発展した。マルクト広場の市庁舎は13世紀末にレンガで建てられ、ハンザ同盟の盟主リューベックの市庁舎を真似て風通し用の丸い穴と小塔の屋根飾りが付けられた。18世紀初頭、今日見られるバロック様式に改築された際に屋根飾りの部分はそのまま残されたので、背後に別の建物が建っているかのように見える。地下室の大ホールは長い間ハンザ商人たちの取引所になって、毛織物など高級品が扱われた。今日では町を代表するレストランRatskeller(ラーツケラー)で、バルト海の魚料理が美味しい。

この記事の続きを見る


カラフルな客室。見ているだけで楽しい!
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • アジア/台湾/高雄 
「ホテル インディゴ」は、私が最近とくに気に入っているホテルブランドです。インディゴはインターコンチネンタルホテルズグループのブランドですが、ここ数年、世界中で旺盛に新規ホテルをオープンしています。今回ご紹介する「ホテル インディゴ 高雄セントラルパーク」も、2016年に開業した新しいインディゴホテル。インディゴのコンセプトは、高級すぎない親しみやすさと、その土地の持つ歴史や個性をポップに表現した、若い感覚のイメージづくりです。その心意気を今回もしっかり感じることができましたよ。

この記事の続きを見る


見た目も味もあっさりしている「ホイ大餅」。四角い豆腐みたいなものが大餅
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/中国/青島 
名物料理はできれば、けなしたくないです。実際、中国の名物料理の中でも一人旅の私が食べやすい麺や「餅(ビン)」と呼ばれる小麦粉生地を焼いたものは、ほぼ外れなし! それなのに先日、青島ビールで知られる山東省青島で食べた「ホイ(火へんに会)大餅(ダービン)」は、久しぶりのイマイチした。3回目の青島で初めて知った名物料理です。まずいって訳じゃないけれど、何か物足りない。ホイ大餅に似た料理は、中国北部や西北部ではよく見られます。最も有名なのは、陝西省西安の「羊肉泡モー(食へんに莫)」です。この種の料理に外れは少ないので、思いっきり期待して食べたのに、ホイ大餅はおいしいとは言えない味でした。

この記事の続きを見る


世界遺産マルボルク城は巨大です
  • テーマ:
  • 世界遺産
ポーランド北部の港町、グダニスクから列車で約1時間程度でマルボルクに到着します。駅の周辺は住宅地で、見た所ごく普通のポーランドの田舎町なのですが、ヴィスワ川方面に歩いていくと巨大な城壁、また城が見えてきます。これが、ユネスコ世界遺産に登録されたマルボルク城です。以前は、城の前にある掘っ立て小屋がチケット売り場だったのですが、今はぴかぴかのコンクリート造りの建物です。張り切って、観光客を呼び込もうとしているようですよ。13世紀に建設が始まったヨーロッパ最大のゴシック建築ともいわれ、ドイツ騎士団修道会の本拠地であったマルボルク城、今は観光客でにぎやかです。

この記事の続きを見る


スペインのアンダルシアに、すごい(?)別荘を買った友人(前編)
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スペイン/マラガ 
イギリス人の友人パットが、別荘を買ったので、遊びに来ないかとメールしてきました。彼とは妻がベトナムで知り合って以来の付き合いで、我が家に遊び来たこともあります。ロンドンやアムステルダムに行った時には、食事やパブに一緒に行った仲です。別荘のある場所は、スペイン南部のアンダルシア地方、点在する白い村の一つ、オルベーラだそうです。彼はごくごく普通の旅好きで、お金持ちではありません。だから余計に海外に別荘を持つのはすごいなあと感心してしまいました。一方で彼は、旅好きが高じて、日本では考えられないような働き方をしています。航空機の整備士なのですが、三十代になってから会社を退職、派遣会社に登録し、EU圏内を中心に、数カ月単位で空港に勤務するのです。その間はホテル暮らし。一種優雅な独身生活を満喫しているのでした。EUが統合したことで、パットのような働き方が可能になったのですね。

この記事の続きを見る


リューベック、メルヘン街道…。ハンブルクから日帰りできる町をご紹介します
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/ハンブルク 
ドイツ、ハンブルクといえば、北ドイツの港町です。かつては、若きビートルズがハンブルクのレーパーバーンにあるクラブで活動していました。ハンブルクは外国の船もたくさんやってくるコスモポリタンな町です。耳が肥えた聴衆を前に、ビートルズは実力をつけたのだとか。そんなハンブルクのダンディぶりは、今も相変わらず。ここに、数日滞在する旅はおすすめです。潮風にふかれ、ハンブルクの倉庫街をシブく散歩するのもいいですが、数日ハンブルクに滞在するなら、近場の町へも出かけてみたいですね。ハンブルクは昔から交通の便がいいところなので、ここを観光の基点とするのもいいですね。

この記事の続きを見る


でぶねこ好きなら泊まってみたい! 山東省青島の「四季海青年旅舎」!
  • テーマ:
  • 安宿
  • 行き先:
  • アジア/中国/青島 
毎年、数が増え、ますます便利に快適になっていく中国のユースホステル! 上海、北京、西安、青島などの大都市なら、ユースホステルの数も多く、選り取りみどりです。どこに泊まるかを決める時の基準は何ですか? 早朝の飛行機に乗るので、エアポートバス乗り場に近いところ、おしゃれなカフェがあるなど、人それぞれです。ユースホステルの設備は、エアコンの効きが良い、悪いなどの差はありますが、ほとんどがエアコン完備です。部屋の広さ、シャワーやトイレの数などは宿によって違いはありますが、ここまで詳しい情報はユースホステルのHPを見てもわかりません。では、それ以外に何を持って、宿を決めるの?

この記事の続きを見る


ハンブルクの日曜の朝は、フィッシュマーケットに行こう!
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/ハンブルク 
北ドイツの大都会、ハンブルク。かつてビートルズがブレイク前に過ごした町としても知られていますが、ダンディズムあふれるイキな港町の雰囲気は、今も変わっていません。そして、昔も今もハンブルク名物といえば、日曜日のフィッシュマーケットなのです。威勢のよいハンブルクっ子の売り子さんたちの声が響きます。日曜の朝にハンブルクにいるチャンスがあれば、ラッキー!

この記事の続きを見る


神戸の姉妹都市、天津!租界とB級グルメ満喫旅
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/中国/天津 
北京から高速鉄道でたった30分の天津は、神戸の姉妹都市です。天津と聞けば、日本人は天津甘栗や天津飯を思い浮かべますが、残念ながら天津では見つけることはできません。天津は外国からの圧力で開かれた港町で、神戸と持っている歴史的背景が同じです。天津には19世紀後半から20世紀前半にかけて、欧米諸国や日本の租界がありました。そのため天津市内には重厚なたたずまいの洋風建築が今も残っています。このヨーロッパのような街並みに東洋の混沌としたものが混ざり合っているのが天津です。

この記事の続きを見る


1 2 末尾 次へ


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。ドイツ 港町に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介