page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「ドバイキャッスルアル ホテル」の見どころ情報

ドバイキャッスルアル ホテルに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「ホテル」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


突然始まるダンスタイムに観客は大喜び。見事な肉体美を披露しながらタイミュージックに合わせて踊る姿は必見!
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
1枚目の写真に驚かれた方、ごめんなさい。こちら、バンコク名物のオカマバーではなく、れっきとした貝レストランの店員さんでございます。面積やや小さめなお衣装からのぞくのは見事に割れたシックスパック。その鍛え抜かれたボディを惜しげなく披露し、クネクネ踊るのはこの店のオーナー、ディーさんです。今、バンコクで一番の穴場と言っても過言ではないのがここ『Stanee Mee Hoi(サタニー ミー ホイ)』。バンコク郊外にあるナイトマーケットにある貝レストランです。オーナーをはじめ、ダンサーを務めるのはすべてスタッフの男性。いたってノーマルな上、お客様を喜ばせるサービスは完璧! もちろん貝の味も◎とあって連日大賑わいのお店なのです。

この記事の続きを見る


日差しが降り注ぐタイ、パタヤのビーチ
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/パタヤ(タイ) 
日本が寒い季節に、暑い国への旅行。東南アジア諸国やハワイ、また季節が逆のオーストラリアや南米などへ行くときは、どんな服装で行けばいいのでしょうか。ボトムスについては冬専用のものは避け、日本でも一年中履いている「オールシーズンOKのボトムス」を選ぶのがコツです。その筆頭はデニムですね。何にでも合わせやすいし、丈夫。旅のお供におすすめです。ただちょっと重量があって持ち歩くときはかさばる、濡れると乾きにくいというという欠点も。東南アジアでは、デニムを日中に履くのは暑いと感じるかもしれません。

この記事の続きを見る


西安のシンボルともいえる鐘楼。空港バスは、鐘楼に面した鐘楼ホテルの裏側に着く。料金は25元(約400円)
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/中国/西安 
2019年10月初旬の夜、咸陽国際空港に到着。何はともあれ、予約したお宿に急がねば!咸陽国際空港は、中国陝西省の古都西安の窓口です。咸陽国際空港から西安市内中心部までは約25キロ離れています。機内から空港ビルへの移動のバスの中で隣にいた乗客に「地元の方ですか?西安市内中心部まではバスと地下鉄、どっちが便利ですか?」と尋ねると、なんだかよくわからないと言う表情。「地下鉄は、まだ開通していないわ。バスが一番速いわ。私はいつもバスよ」とそばにいた人が教えてくれました。空港バスに乗りましたが、実はこの時、2011年12月30日から始まった咸陽国際空港から西安市内への地下鉄工事がすでに完成していたのです。

この記事の続きを見る


壁にあるのはアート作品
  • テーマ:
  • 癒し
  • 行き先:
  • アジア/韓国/ソウル 
ソウルのホテルの中でも圧倒的にリッチで都会的なホテル「フォーシーズンズホテル ソウル」。ここは、ビジネスユーザーにはもちろんのこと、リゾートとして利用したいゲストの期待にも十分に応えてくれるホテルなんです。開放的で広々としたジム、プールやゴルフ・シミュレーター、ファミリー向けのキッズラウンジなど、ホテルから出たくなくなる設備がそろっています。その中でも、このホテル一番の名所かもしれない場所があるんです。それが、スパにある「韓国式サウナ」。せっかくの旅行、思いきって贅沢したいあなたなら、きっと気に入るはずですよ!

この記事の続きを見る


サイゴン川を一望できるのは最高の贅沢。角部屋は壁2面が大きな窓になっているのでかなりの人気だそう
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • アジア/ベトナム/ホーチミン 
2015年にオープンして以来、サイゴン(ホーチミン市)きってのゴージャスホテルとして知られている『ザ レヴェリー サイゴン』。オープンの翌年には旅行誌『コンデナスト トラベラー』から「注目の新ホテル」として取り上げられ、その翌年2017には同誌が開催する「The Best 50 Hotels in the World」アワードで4位を取得するという実力の持ち主で、一気にワールドクラスのホテルにカウントされるようになりました。ショッピングにも便利なホーチミン1区に位置し、サイゴン川に面しているというその立地の良さから、すでに素敵ぶりがうかがえます。

この記事の続きを見る


JPスーパーストアのエスカレーターを上がれば子供が喜ぶキッズゾーンが目の前に!かわいい雑貨満載でお土産探しにもぴったり!
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/ミクロネシアビーチ/グアム 
グアムの中心地、PLAZA HOTEL(プラザホテル)に併設している『JPスーパーストア』は最新アパレルからかわいい雑貨など、ハイセンスな品揃えが人気のショッピングスポットです。去年の夏に大幅リニューアルされフロアが一新。白を基調にしたトロピカルモダンの内装は清潔感にあふれ、見た目もスッキリ!商品もカテゴリーごとに分けられているので欲しいものがすぐに見つけられるようになりました。店内は大きくセレクトアイテムとグアムのお土産コーナーの2ブロックに分かれていますが、今回オススメするのはセレクトエリアの中のキッズゾーン。エスカレーター上がってすぐの場所に移動したキッズエリアの充実度は子供はもちろん、大人も夢中になるかわいさです!

この記事の続きを見る


絶妙な力加減で疲れた足をグイグイと指圧。終わったときにはむくんだ足がほっそり!
  • テーマ:
  • 癒し
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
リバーサイドに高級ホテルが立ち並ぶBTSサパーンタクシン駅。ナイトマーケットの「アジアティーク」や川の反対側にできた巨大ショッピングモール「アイコンサイアム」に行く無料ボートの乗り場でもあり、チャオプラヤエクスプレスの始発駅ともあって連日多くの人で賑わう場所です。この近くにあるジャルンクルン通りは知る人ぞ知るマッサージの穴場ストリート。高級ホテルでは1時間1000バーツ超えも当たり前なフットマッサージが300バーツ程度で受けられる激安マッサージエリアなのです。今回はその中でもローカルの支持が圧倒的に高い「Enjoy Massage(エンジョイマッサージ)」をご紹介します。

この記事の続きを見る


「午門」にむかって右側の「総合服務センター」では当日券の現金購入OK。
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • アジア/中国/北京 
皇帝の空間として1420年に竣工した故宮、2020年は、竣工から600年という特別な一年となり、様々な催しが予定されています。改めて訪れてみたい故宮、今回は再訪者も、初心者も楽しめる、ちょっとひねった故宮の歩き方をご紹介します。 見学の前に、まず知っておきたいのは、現在、故宮では全チケットが事前予約制であることです。チケットは公式サイトhttp://www.dpm.org.cnで見学日の10日前から予約できますが、外国人の場合、スマホでwechatpayなどが使える状態でないと支払いが難しいので、ホテルなどのコンシェルジュに頼むと、代理購入してくれることもあります。または、南門の「午門」にむかって右手側に「総合服務センター」があり、そこでは当日券を現金で買うことができます。予約した場合も、現金で当日券を買う場合もパスポート必携です。また現在、故宮の入場は1日8万人に限定されており、夏休みシーズンなどは当日券がないこともよくあります。当日券を買う場合は、当日早めに。また平日や冬場など、観光客が少ない時期は当日券も多くの場合は残っています。(当日券大人1枚、60元(4月1日〜10月31日)、40元(11月1日〜3月31日)

この記事の続きを見る


何とも珍しいAntik
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/トルコ/パムッカレ 
世界遺産に登録されているPamukkale パムッカレ(都市遺跡ヒエラポリスも含む)は、誰もが一度は写真などで目にしたことがある、真っ白な石灰棚が印象的なトルコの一大観光地です。パムッカレの”パムック”とはトルコ語で”綿”、”カレ”とは”城”の意味。「綿の城」とは、何ともロマンチックな名称ですね。そんなパムッカレを久しぶりに訪れました。イスタンブールからは日帰り、また周遊ツアーでも1泊だけで通過してしまうことが多いパムッカレですが、私はあえて2泊3日ののんびり旅プランを練ってみました。これがなかなか良かったので、パムッカレ行きを検討されている方々へご紹介します!

この記事の続きを見る


シマウマ模様のインテリアが斬新な、ニュクス・ホテルのスタンダードルーム
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/チェコ/プラハ 
プラハは10世紀頃からボヘミア王国の首都として栄えていたが、近世の大戦には巻き込まれることがなかった。それ故にカレル四世が築いた中世ゴシックの町並みと、アール・ヌーヴォーなど近世の町並みが入り交じる美しい古都だ。ベルリンの壁崩壊後は社会主義時代に建てられたホテルを西側資本のホテルが次々に買収していった。その後、西側資本で新たに多くの高級ホテルが建設された。近年になって、プラハには大型ホテルのチェーンではない独自のホテルが誕生している。中心部でも戦火に遭っていない館が多いので、内部を改修して素敵なプチホテルがオープン。外観は古めかしい歴史的建物だが内部は快適な造り、というわけだ。そして昨今、次の時代を感じる新しいホテルが出現。その一つが若い人々に圧倒的な人気のニュクス・ホテルを紹介しよう。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。ドバイキャッスルアル ホテルに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介