page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「ドミニカ コロンブス 銅像」の見どころ情報

ドミニカ コロンブス 銅像に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「ドミニカ コロンブス 銅像」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


写真は旧市街の中心に位置するコロンブス公園にある同氏の銅像
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • 中南米/ドミニカ共和国/サントドミンゴ 
ドミニカ共和国観光の最大の見所の一つと言えば首都のサントドミンゴにある「ソナ・コロ二アル」と呼ばれる旧市街。1492年にコロンブスがここドミニカ共和国があったイスパニョーラ島に到着した当時に建設されてから500年以上の時が流れるこの街はここで実際に住んでいる人の家々も含めてまるでそこだけ中世のヨーロッパにタイムスリップしたかのようなコロニアルな建物が数多く残されており有名な歴史的建造物も多くユネスコの世界遺産にも指定されています。

この記事の続きを見る


「ドミニカ コロンブス」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

コロ二アルな建物に囲まれたエル・コンデ通り
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • 中南米/ドミニカ共和国/サントドミンゴ 
ドミニカ共和国の首都・サントドミンゴの旧市街(Zona Colonial)の入り口とも言われるのがエル・コンデ(El Conde)と呼ばれる長く連なる一大ショッピングストリート。インデペンデンシア公園(parque independencia)から旧市街の中心を走るこの通りには土産物屋、雑貨屋、オープンカフェ、バー、ホテル、服屋、CD、レコード店、食料品店、等々が軒を連ねており観光客から地元民まで多くの人で毎日大変賑わっています。そして通りを歩けばどこからともなくメレンゲやサルサの音楽が聞こえて来る。エル・コンデはそんな陽気でドミニカ〜ンな雰囲気溢れる通りなのです。

この記事の続きを見る


サントドミンゴの高台の上に立つ全長200メートルの巨大な白亜の建築物
  • テーマ:
  • 歴史
  • 行き先:
  • 中南米/ドミニカ共和国/サントドミンゴ 
カリブ海の様々な島でよく耳にする人物に、かの有名なコロンブスがいます。ヨーロッパから西回り航路で胡椒を求めてインドを目指し、現在のアメリカ大陸を発見。そして生涯そこをインドと信じていた人物です。彼が現在のドミニカ共和国があるイスパニョーラ島に漂着したのが1492年ですがそこから長い年月を経た1992年に500周年記念としてEl Faro a Colon(エル・ファロ・ア・コロン)と名づけられたコロンブスの墓が建設されました。

この記事の続きを見る


「ドミニカ 銅像」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

写真はサンチアゴの象徴とも言えるモニュメント。高台から見える山脈などの風景はお勧めです
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • 中南米/ドミニカ共和国/サンチアゴ 
今年カリブ海の野球の祭典である「カリビアンシリーズ」も行われたサンチアゴ。この街はドミニカ共和国の第二の都市で首都のサントドミンゴからは長距離バスで約2時間の北部に位置する都市でやや高地にあります。県都所在地は「サンチアゴ・デ・ロス・カバジェロス」で直訳すると「紳士な町、サンチアゴ」という名前のごとく明るく調子が良いラテン人の気質たっぷりのドミニカ男性陣の中でサンチアゴ出身の男性は比較的真面目で紳士と言われています。シバオ山脈と呼ばれる山脈に囲まれ山間部にあるサンチアゴ。そんなサンチアゴを街の中心に立つモニュメントの丘から辺りを見渡すと緑の多さと空気の良さに癒される、そんな落ち着いた街並みがサンチアゴの良い所。

この記事の続きを見る


「コロンブス 銅像」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

ラス・ダマス通り。このオレンジに光る街灯のアーチを通り抜けると奥にあるスペイン広場に出る
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • 中南米/ドミニカ共和国/サントドミンゴ 
先週紹介したドミニカ共和国の観光名所であるソナ・コロ二アル。夕刻になり西日が沈み始めると、各建物にオレンジの街灯が灯りだし、幻想的な化粧を身にまとったこの旧市街は、全くの別の顔を浮かび上がらせ非常に雰囲気があります。自分もドミニカ共和国に来て初めての夜にここを訪れましたが、その黄金色に光る景色と植民地時代の古いヨーロッパ風の建物がおりなす絶妙なコントラストに魅了されました。

この記事の続きを見る


「ドミニカ」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

日本ではあまり知られていないバハマの穴場。イギリス領のタークス&カイコス諸島へ
  • テーマ:
  • リゾート
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/タークス&カイコス諸島/タークス&カイコス諸島 
カリブ海というと、その東に広がる小アンティル諸島の小さな島々が知られていますが、アメリカからもっとも近いのが、フロリダ半島とキューバの間に挟まれたバハマ諸島です。今回紹介するのは、その一番東、ドミニカやハイチの北に位置するタークス&カイコス諸島です。これはイギリスの海外領土で、タークス諸島とカイコス諸島の2つに分かれた40あまりの島々を指します。とはいえほとんどの島は小さく、人が住むのはそのうちのたった8島のみ。しかしアメリカから近いこともあり、人気のビーチリゾートなのです。

この記事の続きを見る


ストリートフェアで盛況の6アヴェニュー。
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ニューヨーク 
ニューヨークでは、6月から9月下旬まで野外イベントが数多く予定されています。特に、ストリートフェスティバルやパレードがマンハッタン内の各所で毎週のように(特に週末に)開催されるので、偶然、イベントに遭遇することがあるでしょう。各イベントは地域振興を目的としたものだけでなく、他民族やグループへの認知を広め、多様な生き方を讃えるために行われます。人種の『サラダボール』と呼ばれる街、ニューヨークがいかに多様な人達で形成されているか、そして、その人達のエネルギーをストリートイベントで感じてみて下さい。

この記事の続きを見る


ナッツフォードエクスプレスのバス。高いシートから見える景色を堪能しながら、快適バスライドを楽しもう!
  • テーマ:
  • ドライブ
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/カリブ・中南米ビーチ/ジャマイカ 
キングストン滞在中に、北海岸のビーチゾート気分も味わってみたい。逆に、リゾート目的で北海岸に滞在している合間に、キングストンも覗いてみたい。そんな時、かつては小さなバスを乗り継いで行くか、高いお金を払ってタクシーをチャーターするかしか方法がなかった。が、近年、首都キングストンと北海岸の主要都市であるオーチョリオスとモンティゴベイを結ぶ大型バス、‘ナッツフォードエクスプレス’がお目見えし、地元の人にも観光客にも大人気。とても便利で快適なこの交通手段をご紹介しましょう!

この記事の続きを見る


写真はサントドミンゴ市内の「Plaza
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • 中南米/ドミニカ共和国/サントドミンゴ 
ドミニカ共和国に来て一番驚いたのは、日本ではなかなか食べることができないようなマンゴーやグアヤバナ、パパイヤなどのフルーツが路上をはじめとした、いたるところで売られており、また値段も一つまるごと日本円で20円程とすごく安ーい!ことです。そんなドミニカ共和国の首都のサントドミンゴで今年から一斉にオープンしたフルーツを利用したアイスクリーム屋「ヨーグルト・ランド(Yogurt Land)」が大人気!! 既にサントドミンゴでは店舗が増えに増えて10店舗以上を展開しています。

この記事の続きを見る


大空を舞うパラグライダー。世界中で楽しまれているスポーツです
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • 中南米/ドミニカ共和国/サントドミンゴ 
パラグライダーというスポーツを知っていますか? そう、丘の上から助走をつけてパラシュートを広げて大空に飛び立つ気持ちよいスポーツなんですが、このスポーツの良い所は、(1)自分の操作で飛ぶ事ができる、(2)運動神経に関係なく誰でもすぐに上達して飛ぶ事が可能、ということもあり、世界中で親しまれているアクティビティなんです。もちろん老若男女のみならず、車椅子の人なんかでも補助があれば楽しむことができるという事で、幅広いユーザーから人気があります。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。ドミニカ コロンブス 銅像に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介