page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「ドルトムント スタジアム 特徴」の見どころ情報

ドルトムント スタジアム 特徴に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「ドルトムント スタジアム 特徴」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


2001年にドイツ初のドーム型スタジアムとして完成したヴェルティンス・アレナ
  • テーマ:
  • サッカー観戦
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/ドルトムント 
広い国土を南から北へ北上しているドイツ編。欧州選手権(ユーロ)2008で中断する前はノルトライン・ヴェストファーレン州のドルトムントを紹介した。今回はさらに東へ移動し、ルール工業地帯の小都市・ゲルゼンキルヘンを取り上げる。サッカーに興味を持たない人がこの町の名前を聞いても「どこ?」という反応を示すだろう。それくらいこのゲルゼンキルヘンという町は小さい。産業革命とともに炭鉱町として発展したこの町だったが産業の衰退とともに最盛期は人口40万人にまで達した。が、その後は減少が著しく、現在は25万人程度しか住んでいない。繁華街や観光名所といえるような場所もほとんどない。が、サッカーだけは特別な地位を築いている。

この記事の続きを見る


試合のある日は入場口が人であふれる
  • テーマ:
  • サッカー観戦
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/フランクフルト 
83000人の収容率を誇るドルトムントのスタジアムSignal Iduna Parkは、2006年のワールドカップで日本対ブラジル戦が行われた場所として記憶に新しい。8月11日からドイツのプロサッカーリーグ、ブンデスリーガー07/08が始まったが、ここをホームスタジアムに持つボルシア・ドルトムントは、熱狂的なサポーターで有名だ。ボルシア・ドルトムントのチームカラーは黒と黄色。このスタジアムの特徴はホーム側ゴール裏スタンドに25000人収容できる立ち見席があること。この席は定期入場券を持ったファンで埋め尽くされ、始まる前から大きな旗を振りかざし、大人数で構成される黒と黄色のウェーブでスタジアムを盛り上げてくれる。

この記事の続きを見る


「ドルトムント スタジアム」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

ボーフム中央駅付近。駅を出ると、すぐモダンなショッピングゾーンにつながる
  • テーマ:
  • サッカー観戦
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/ドルトムント 
08-09シーズンが始まり、約1ヶ月が経過したドイツ・ブンデスリーガ。今季は3人の日本人選手がプレーしているということで、注目度も高い。そんな中、特に気になるのが小野伸二だ。勝負を賭けていた2006年ドイツワールドカップのオーストラリア戦でわずか10分程度の出場に終わり、不完全燃焼感を引きずった小野が再び海外挑戦を果たしたのが今年1月だった。新天地はボーフム(VfL Bochum 1848)。ドイツ広しといえども最古の部類に入る古豪クラブだ。近年は1部と2部を行ったり来たりする典型的なエレベータークラブだが、今季は昨季の8位を上回る成績を残そうと躍起になっている。まずは彼らのホームタウンから紹介したい。

この記事の続きを見る


ドルトムントサポーターの少年たち。試合のない日もこういう子供たちが町を歩いている
  • テーマ:
  • サッカー観戦
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/ドルトムント 
この国最大のサッカーどころである「ノルトライン・ヴェストファーレン州」に入ったドイツ編。前回のケルンに続いて、今回はドルトムントを取り上げる。ドルトムントという地名を聞いて、多くの人が「ルール工業地帯の一都市」と連想するだろう。この町は間違いなくドイツの近代工業を支えてきた。人口は60万。ノルトライン・ヴェストファーレン州の中でも120万人が住むケルンに次ぐ規模を誇る。近年は美術館やコンサートホールなども整備され、「ドイツ有数の文化都市」という色合いを濃くしているようだ。フランクフルトからはICに乗っておよそ3時間。ドルトムント中央駅に到着する。駅舎だけを見ると「田舎の小都市」くらいにしか思えないが、外に出て少し歩くだけで印象は一変する。モダンなショッピングストリートが並び、平日の昼間でも人々で溢れているのだ。凝った作りのラートハウス(市庁舎)など見どころもある。2006年ドイツワールドカップの際には、このあたりが世界各国のサポーターで埋め尽くされたのだ。

この記事の続きを見る


ケルンといえば大聖堂。ゴシック様式の建築物としては世界でもかなりの規模
  • テーマ:
  • サッカー観戦
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/ケルン 
広大なドイツを南から順番に巡っているドイツ編。今回から同国最大のサッカーどころである「ノルトライン・ヴェストファーレン州」へと本格的に入っていく。ここはドイツ16州(ベルリンとブレーメン、ハンブルグは都市でありながら独自の州を形成する「都市州」)のうち、最も面積が大きく、最大の人口1800万超を誇る州。ルール工業地帯のある土地としても知られる。かつては炭鉱町や鉄鋼産業が中心で、今はIT関係や保険など第3次産業にシフトしつつあるものの、ドイツ経済を牽引するエリアであることには変わりない。「ドイツサッカーの原点」といわれるのも、この地域。ルール工業地帯で働く人の多くは就業後、真っ先にサッカー場へと向かう。ストレス発散のためにボールを蹴るのだ。デュイスブルク、エッセン、ドルトムント、シャルケと隣町にクラブができれば、自然とライバル意識も生まれる。ケルン、レバークーゼンなど少し離れたところのチームも参戦。それぞれを意識しながら切磋琢磨を繰り返してきた。そんな歴史がこの地域をドイツ最大のサッカーどころに押し上げたのだ。

この記事の続きを見る


シュツットガルトの中心部であるマルクト広場周辺。2006年ドイツワールドカップの時は大勢のサポーターでにぎわった
  • テーマ:
  • サッカー観戦
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/シュツットガルト 
フランクフルト、ミュンヘンの2大都市のサッカーを紹介してきたドイツ編。今回は両都市のちょうど真ん中にある町・シュツットガルトを取り上げたい。というのも、シュツットガルトは2006年ドイツワールドカップの開催地であるとともに、06−07シーズン(昨季)・ブンデスリーガ王者、Vfbシュツットガルト1893のホームタウンなのだ。まずはそのVfBシュツットガルト1893の説明から。このクラブは長年、バイエルン・ミュンヘンやボルシア・ドルトムント、ヴェルダー・ブレーメン、シャルケ04など強豪の後塵を拝していた。その中堅ポジションからの脱却を図るべく、05−06シーズンには元イタリア代表のトラパットーニ監督を招聘。2002年日韓ワールドカップで知名度を上げたデンマーク代表FWトマソン(現ビジャレアル)を獲得するなど、大胆なてこ入れを図ったが失敗。トラパットーニ監督がシーズン途中に辞任して9位に沈んだ。しかし後任のドイツ人指揮官・フェー監督が予想外の手腕を発揮し、06−07シーズンは大躍進。バイエルンやシャルケをかわして15シーズンぶり5度目の優勝を果たしたのだ。

この記事の続きを見る


ミュンヘンを代表する名所・新市庁舎
  • テーマ:
  • サッカー観戦
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/ミュンヘン 
今、日本のサッカーファンにとって「ドイツサッカー」といえば、アイントラハ・フランクフルトの高原直泰と稲本潤一だろう。が、世界的にはバイエルン・ミュンヘンの方が圧倒的に有名である。過去に何度も欧州王者に輝き、ベッケンバウアーやマテウス、カーンら名選手を輩出したこのクラブを知らずして、大国・ドイツは語れない。そのミュンヘンだが、バイエルン州(Bayern、ドイツ語読みはバイアン)の州都。人口127万人の大都市はシーメンスやBMWの本拠地としても知られる。この地域では早くから「自由主義」思想が広まり、人々は誇り高い。「彼らはベルリンよりウイーンに対抗意識を燃やしている。そのうちドイツから独立するのでは?」と外の人間からも皮肉交じりに言われるほどだ。確かに町を歩いていても、フランクフルトやケルン、ベルリンなど北部の都市とは雰囲気が違う。仕掛け時計を持つ新市庁舎(Neues Rathaus)あたりの中心部も、イタリアやオーストリアに近い華やかさと優雅さが感じられる。

この記事の続きを見る


ドイツ代表を応援する熱狂的なサポーターたち
  • テーマ:
  • サッカー観戦
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/フランクフルト 
2006年ワールドカップの舞台となったドイツ。日本は1次リーグ敗退の屈辱を味わったが、開催国・ドイツはシュバインシュタイガーやクローゼ(ともにバイエルン)ら若手の台頭もあって3位に入った。90年イタリア大会優勝、2002年日韓大会準優勝など華々しい歴史を誇るドイツサッカーも、2004年欧州選手権(ポルトガル)ではチェコの二軍に敗れるなど低迷の時期を経験している。しかし、瞬く間に実力ある若い選手が出てきて、ワールドカップの上位に入るあたりが伝統国だ。かつてイングランド代表だったゲーリー・リネカーも「いつも最後はドイツが勝っていた」という明言を残しているが、勝負にこだわるゲルマン魂は、今もしっかりと生きているのだ。

この記事の続きを見る


「スタジアム 特徴」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

数多くの庭園と温室を誇るモントリオール植物園
  • テーマ:
  • スポット
  • 行き先:
  • 北アメリカ/カナダ/モントリオール 
1976年に開催されたモントリオールオリンピックの跡地には様々な施設が建設されました。スポーツ施設やコンサート会場などとして使われていたり、スタジアムのタワーはモントリオールを見渡せる展望スポットです。その中の施設の1つがここ、モントリオール植物園。世界的に見てもかなり大規模な植物園で、敷地内には数多くの野外庭園、温室などがあり世界中の植物を楽しむ事が出来ます。

この記事の続きを見る


吹き抜けの真ん中には狭いながらリフレッシュするには十分のプールが。直射日光が当たらないので、昼間から日焼けを気にせずのんびりくつろげるのも魅力。
  • テーマ:
  • 安宿
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
昔はバックパッカーが多く集まる場所としてカオサンエリアと人気を二分したソイ カセムソンエリア。バンコクのランドマークのひとつMBK(マーブンクローンセンター)まで徒歩数分という立地も魅力ながら、1泊500バーツ(約2000円)程度で泊まれる安宿が集中していたのですが、最近は値段が沸騰中。ホテルは古いのに、値段だけが上がって行く状況に納得がいかなかったのですが、そこに素敵なホテルが誕生したという情報を入手し、久しぶりに行ってみました!

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。ドルトムント スタジアム 特徴に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介