page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「ニューカレドニア お土産」の見どころ情報

ニューカレドニア お土産に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「ニューカレドニア」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


必要書類は補償項目によって違いますが、出入国を証明するスタンプや、旅行の際のEチケット控えなど、送られてくる必要書類を確認しましょう。
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
日本では健康な方でも、慣れない海外の地へ行くと、旅の疲れや緊張、食事、水などさまざまな要因で体調を壊すことがあります。そんなことも考えて、出発前には海外旅行保険に入られることを強くお勧めします。筆者の場合、海外で置引きや盗難被害を経験し、帰国してから携行品補償で保険金を何度も受け取りました。さらに現地で熱を出して病院でかかった治療費、または帰国後に発病し入院となった場合も、きちんと疾病治療費用として請求をしたら保険金が支払われました。

この記事の続きを見る


乗船前に出国手続きを済ませます
  • テーマ:
  • 家族で海外旅行
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/南太平洋ビーチ/ニューカレドニア 
三世代の家族旅行に最適なのがクルーズの旅。年齢に関係なくいろいろなアクティビティが開催され、お食事の種類もたくさんあるので、どの年代でも楽しく過ごすことができます。クルーズライナーは数多くあるので、自分の旅行スタイルや行先により選べます。シドニー発のニューカレドニアクルーズ8日間の航程は航海2日、ニューカレドニアの島3日、航海2日で最終日の早朝シドニーのサーキュラキーに戻ってきます。カーニバル社のスピリットは乗客2500人のうち1100人が二十歳以下(時期により異なる)という家族向けクルーズ。子どもにとっては夢のような時間が待っています。

この記事の続きを見る


ヌメア最大級の、624平方メートルもあるプールもリノベーション。緑のガーデンや近くのビーチと調和するように配置されています
  • テーマ:
  • リゾート
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/南太平洋ビーチ/ニューカレドニア 
アンスバタビーチの北端近く、ポイント・マニンのオンザビーチに位置。「ル メリディアン」といえば、リブランド以降、五感に働きかけるアートな演出が際立っていますが、ここヌメアでもしかり。フランスのボサノババンド「ヌーベルバーグ」がキュレートする音楽が流れるロビーで、マスターバリスタが淹れた薫り高いイリーのエスプレッソを手に、各国でフレーバーが異なるエクレアをいただく…。ホテルへ訪れてから最初の5分で、気分は一気にパラダイスへ! 2年間にわたる改装で客室はデザインを一新、新たなる魅力をお伝えします。

この記事の続きを見る


世界のニューイヤー 〜年末年始のアジアのツアーにある「ガラディナー」っていったい何?
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/バリ島(インドネシア) 
今年(2015年)の年末は、「早めに休みを取ってクリスマス前から海外旅行」という人もいるかもしれません。さて、クリスマスイブ(12/24)や大晦日(12/31)に海外、おもに東南アジアのホテル(外資系が多い)に宿泊する場合、「ガラディナー追加代金」が発生することがあります。「ガラディナー」とは、1年のうちこの2日だけ(あるいは大晦日のみ)、ホテルが提供するスペシャルディナーです。これはその日に宿泊する人は、このディナー代を支払うことが宿泊の条件になります。もちろん「お代だけ払って不参加」は可能ですが、「参加しないから払わない」というのはNGなのです。

この記事の続きを見る


トントゥー多国際空港から車で約90分。ユネスコ世界遺産のラグーンに面したオンザビーチに位置するシェラトン・ニューカレドニアデヴァリゾート&スパ
  • テーマ:
  • リゾート
ニューカレドニア本島(グランドテール島)の西海岸に2014年8月1日、シェラトン・ニューカレドニアデヴァリゾート&スパがオープン。目の前はユネスコ世界遺産に登録されたラグーンが広がり、広大な自然保護区にある、野趣溢れる海と緑に囲まれた環境にあります。ニューカレドニア最大の屋外プールや各種マリンスポーツ、有酸素フィットネスエリアを完備したスパ、そしてゴルフ練習場(2014年末オープン予定)にチャンピオンシップゴルフコース(2015年4月オープン予定)など、幅広いレンジのアクティビティが楽しめます。

この記事の続きを見る


「お土産」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

1階フードコート「FOOD
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/マルタ/ヴァレッタ 
マルタ共和国の首都バレッタに、2018年1月、「ls-Suq Tal-Belt」がオープンしました。外観もシックですが、一歩中に入ると、その雰囲気が濃くなります。スペインのマドリードにあるサン・ミゲル市場や、バルセロナのボケリア市場の雰囲気を取り入れたともいわれるフードコートは、遺跡が多いマルタにあった落ち着いたムードが漂います。茶色を基調として、クリーム色の凝った支柱が目を引くホールには、和洋中のフードコーナーが並んでいます。バレッタはレストランが豊富で困ることはないですが、このフードコートなら、友人や家族でそれぞれが食べたいものを選べますし、待ち時間が短めなので便利です。地中海料理、中東料理、アジア料理(寿司、パッタイ(タイの焼きそば)、インドネシアカレーなど)、ハンバーガー―、サラダバー、マルタの焼き菓子など、選ぶのに困るほどです。筆者は滞在中、数度ここで食事しました。

この記事の続きを見る


開放感溢れるラグジュアリーな空間
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
ボン・マルシェの食品館『La Grande Epicerie de Paris』内フランス式1階にあるこちらのカフェ『LA TABLE』店内を彩る緑、吹き抜けた空間にガラス天井から自然光が差し込み、とてもリラックスできる場所です。このような開放感溢れる空間は実はあまりパリにないので、とても気に入っています。

この記事の続きを見る


パリのカフェのようなかわいいケーキ
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • 北アメリカ/カナダ/トロント 
派手な色のデザートが並んでいたりする事も多い北米ですが、このお店では見た目が素敵なケーキやデザートがたくさん並んでいます。お洒落でかわいい見た目のデザートは、見ているだけでテンションアップ!パリのカフェのショーウィンドーを思いださせるラインナップです。

この記事の続きを見る


カールス広場でスケートリンクを囲みながらライトアップされた古城を満喫する人で大賑わい
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/ハイデルベルク 
ドイツでもひときわ人気の高い古城や国内最古の大学、ゲーテをはじめ多くの文豪や哲学者に親しまれた古都ハイデルベルクは、季節を問わず訪問客を魅了します。これから始まるクリスマスマーケットは古城が見守る旧市街の本通りを中心に繰り広げられ、この通りに6つのマ-ケットが設置されます。時間の限られた来客にとって、これほどうれしいことはありません。本通りを散策するだけで、すべてのクリスマスマーケットを楽しむことが出来るからです。しかも頭上にはハイデルベルク古城も時々顔を見せ、中世の街並みはロマンチックそのものです。本通りに設置された140の屋台からはクリスマスならではのホットワインやソーセージ、グリル肉やワッフルなどのたまらない香りが漂ってきます。地元産のはちみつやフルーツリキュール、キャンドルやクリスマスオーナメントなどを販売する色鮮やかな屋台は、ついつい立ち寄りたくなってしまうほど。お土産やクリスマスプレゼントを買いあさるのも楽しみです。もちろん見るだけでも心が躍るに違いありません。ここでは大学広場、マルクト広場、カールス広場のクリスマスマーケットを紹介しましょう。

この記事の続きを見る


桜の木が印象的なディスプレイ
  • テーマ:
  • ビューティー
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
オランダで大ブームのRITUALS(リチュアルズ)。ここ数年で飛躍的に店舗数を伸ばし、アムステルダムやユトレヒトなどの主要駅構内、さらにはスキポール空港にも店舗がある大人気の自然化粧品のブランドです。店舗の特徴として、店内は目に優しい間接照明、造花の大きな桜の木が中央に位置しています。主要な商品はスキンケア製品ですが、コスメの他にルームウェアやインセンス、さらにはお茶など生活に潤いを与えるプロダクトに力を入れています。なぜRITUALSがこんなに流行っているのか。筆者は美容に興味がなかったため、最初は全く理解できませんでした。しかしその理由は2019年の夏、ヨーロッパを襲った猛暑日にわかりました。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。ニューカレドニア お土産に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介