page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「ニュージーランド 土ボタル 時期」の見どころ情報

ニュージーランド 土ボタル 時期に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「ニュージーランド 時期」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


海外トレッキングデビューするなら、ネパールがオススメ
  • テーマ:
  • トレッキング・登山
  • 行き先:
  • アジア/ネパール/ナムチェバザール 
2019年のゴールデンウィークは10連休。普段は時間的になかなかチャレンジできない海外トレッキングにチャレンジする絶好の機会です。スイスやアメリカ、ニュージーランドなどもトレッキングに捨てがたいのですが、今回お勧めするのは、世界の屋根エベレストを有するネパールでのヒマラヤトレッキング。ゴールデンウィークの時期のネパールは乾季で降雨量は少なく、標高3500mくらいまでなら朝晩の寒さもあまり気になりません。日本との時差も3時間15分と比較的小さいので体への負担も少ないでしょう。また、リーズナブルな価格でポーターが手配できるのも、家族連れやトレッキング初心者には魅力です。

この記事の続きを見る


トラクターがビーチに登場するのはニュージーランドならではの風景
  • テーマ:
  • 観光地・名所
オークランドから車で約2時間のワイヒビーチはニュージーランド人にとってはクリスマス(真夏)などをのんびりと過ごすビーチハウスがある別荘地。世界一強いオールブラックスのラグビー関係者も別荘を持っている穴場スポットです。9キロあるビーチを端まで歩くと、隣町のボウエンタウンに到着します。波が比較的高いので、サーフィンやブギーボードを楽しんでいる若者や子どもがたくさんいます。小さい子は砂浜で砂遊び。ニュージーランドの海水は夏でも冷たいですが、地元の子どもたちはそんなこと気にせずに海に入っています。

この記事の続きを見る


かぼちゃ、相撲、そろばん…。南太平洋の親日国トンガと日本の意外な結びつき(後編)
  • テーマ:
  • 歴史
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/南太平洋ビーチ/トンガ 
前編からの続きです。さて、トンガと日本、ほかにも結びつきがあります。それは「かぼちゃ」です。ある資料によると、日本に輸入されて来るかぼちゃの輸入先は、ニュージーランド、メキシコに次いで第3位がトンガなのだそうです。“熱帯の島”とかぼちゃは、なかなか頭の中で結びつかないですね。日本でかぼちゃの需要が増えるのは冬。トンガ産のかぼちゃは10月ごろから日本に出回るとか。もともとトンガではココナッツオイルが主要な輸出品でした。ところが1980年代になり国際価格が下がると、経済が低迷。そこで考えられたのが、かぼちゃの生産でした。

この記事の続きを見る


「ニュージーランド」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

夕暮れ時のハイキングがおすすめ
  • テーマ:
  • 家族で海外旅行
  • 行き先:
  • オセアニア/ニュージーランド/クイーンズタウン 
ニュージーランドの自然を満喫しに、海外や国内から人々が集まる山と湖を楽しめるクイーンズタウン。街中から歩いてトレイルの登山口に行くことができるクイーンタウンヒル・タイムウォークは観光客にとっても地元の人にとっても人気のハイキングトレイルです。頂上の標高は907メートル、片道2.5キロなので、立ち止まらなければ往復約2時間で歩けます。トレイルの途中にあるパネルにはクイーンズタウンの歴史がわかる写真や説明があり、1900年代初めの写真を見ることもできます。白い斑点のあるオレンジ色のキノコもあり、スマーフの村があるのではと想像を膨らませますが、これは毒キノコなので触らないように。ニュージーランドのアーティストが制作したゲートとバスケットオブドリームズの芸術作品も鑑賞しながら、頂上を目指しましょう。

この記事の続きを見る


  • テーマ:
  • 物語のあの場所
皆さんは、どんなカテゴリーの本が好きですか?筆者は、海外を舞台にした本やコミックを読むのが好きです。筆者は元バックパッカーで、長期間アジア方面を主に滞在していました。筆者の好みは少しそちら方面に偏りますが、読み物としても面白い本やコミックのトップ5を今回はご紹介します。

この記事の続きを見る


クラフトビールと一緒に食べたいバーガー
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • アジア/ベトナム/ハノイ 
ベトナム人オーナーのこだわりが詰まったこちらのお店では、お肉好きさんからヴィーガンの方までバーガーが楽しめるラインナップになっています。特に欧米人のお肉好きさんから人気なのが、ニュージーランド産ビーフを使用したパティ。しっかりお肉の味がする、ジューシーなパティは是非ビールと一緒に!こちらではハノイ発のクラフトビール「Barett」(バレット)も販売されており、ハンバーガーとの相性も抜群です。

この記事の続きを見る


ニュージーランド航空は人気航空会社だが利用機会は限られる
  • テーマ:
  • エアライン・空港
航空会社を評価する際、単にサービスの良し悪しなどを基準にするのでは意味がない。「どういった運航をしているのか」が大切である。たとえば人気の航空会社にニュージーランド航空とカタール航空があるが、この2社を比べると大きな違いがある。日本からニュージーランド航空を利用する乗客のほとんどがニュージーランド渡航を目的にするのに対し、カタール航空の利用者はほとんどがカタールを目的地にしていないという点だ。同じ人気航空会社でも、その利用目的は真逆といっていいだろう。 つまり、ニュージーランド航空は質の高いサービスが人気で「ニュージーランド渡航の際はぜひ利用してみたい」となっても、欧米などへ行く際に利用できるわけではない。いっぽう、カタール航空は日本からヨーロッパ、中近東、また遠く南米方面への足となっているので、ヨーロッパに行く際などに「直行便にするか、エミレーツ航空にするか、カタール航空にするか」などと比較対象となり、利用機会も多いのである。

この記事の続きを見る


ボスポラス海峡側に面した中庭から眺めるモダンなコリン・ホテル・チャナッカレ
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/トルコ/チャナッカレ 
ダーダネル海峡の東側にあるチャナッカレはゲリボル半島やエーゲ海観光の拠点になっている。トロイ遺跡へ行くときの宿泊町として良く知られ、最も多く利用されている。チャナッカレからトロイ行きの乗り合いバスが出ているので、個人旅行者もここから日帰りで観光できる。個人旅行の場合は小ぢんまりとしたペンション的ホテルも良いが、ツアー客が泊る大型ホテルも設備が整っていて利用しやすい。そんな大型ホテルの中でお薦めしたいのが、港から5キロほど南の海沿いにあるコリン・ホテル・チャナッカレだ。2003年にオープンした比較的新しいホテルなので、高さは10階建ての中層、外観も内部も大変モダンだ。キャラバンサライを改装したようなホテルとは異なってトルコらしい風情はないが、便利さではこうした現代ホテルの方であろう。

この記事の続きを見る


ニュージーランドのみどころは美しい自然
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • オセアニア/ニュージーランド/クライストチャーチ 
南半球の国、ニュージーランド。マウントクックやミルフォードサウンドといった美しい自然で有名ですね。私も大好きです。ところで、今まではニュージーランドへは日本のパスポート保持者はビザ免除で入国できたのですが、2019年10月からシステムが変更になりますので、お知らせします!出発前にしっかり準備をしましょうね。新しく必要となるのは、NZeTAという電子渡航認証です。ニュージーランドへの入国はもちろん、乗り継ぎでも必要になるので気を付けてくださいね。NZeTAはウェブサイト経由で申請するのですが、なんとモバイルアプリもあるとのこと。イマドキですね。Android、iOSともありますよ。

この記事の続きを見る


「土ボタル」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

熱気球から見えるゴールドコーストの町と朝日
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • オセアニア/オーストラリア/ゴールドコースト 
日本から直行便のあるオーストラリア・ゴールドコーストは、ビルが立ち並ぶ繁華街のすぐそばに巨大なビーチ「サーファーズパラダイス」があり、その名の通りたくさんのサーファーが技を競っています。ここではクリスマスにサンタクロースの恰好をしたサーファー「サーフィンサンタ」が見られます。南半球のオーストラリアではクリスマスである12月は真夏。サンタクロースはトナカイではなく、サーフボードに乗ってくるなんて、日本では考えられません。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。ニュージーランド 土ボタル 時期に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介