page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「ニューヨーク 観光 雑貨」の見どころ情報

ニューヨーク 観光 雑貨に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「ニューヨーク 観光 雑貨」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果12

1 2 末尾 次へ


パッケージが非常にカラフルで思わず手に取って見たくなる物ばかり
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/チェコ/プラハ 
文具、とくに鉛筆やペンなどのステーショナリーに関しては、ヨーロッパのメーカーというとドイツ製が主流なのではないだろうか。ステッドラー、ファーバーカステル、ロットリング、ラミー、モンブランなど、色鉛筆や蛍光マーカー、製図ペン、高級ボールペンなど世界的に有名なメーカーが色々あり、一般にも良く知られている。ところが意外なことに、チェコにはコヒノールという1790年創立の老舗ステーショナリーがあるのだ。日本ではあまり知られていないが、ヨーロッパではかなり有名で、品質の良さも認知されている。ファーバーカステルが1761年に、ステッドラーが1835年に鉛筆工場を設立、その間にフランスのコンテ社が1795年に創立されているのでコヒノールはコンテよりも早かった。

この記事の続きを見る


膨大な数のオーナメントがあふれる店内。その色も形も実に様々です
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ニューヨーク 
旅の記念にマグネットを収集している人は多いですね。この旅をきっかけに、何か新しい収集を始めてみませんか? そこでオススメなのがクリスマスツリーに飾るオーナメントです。もともとは宗教的な意味合いが強かったオーナメントですが、現在ではその意味を離れ、バラエティーに富んだデザインも増えています。最近では和風テイストの金魚や招き猫のオーナメントなども見かけます。その土地伝統の模様やデザインがあしらわれた、情緒あふれるオーナメントとの出会いは、旅をさらに楽しいものにしてくれますね。

この記事の続きを見る


奇妙な生き物と独特の色使いの世界。大きなものはかなり高額だ
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • 中南米/メキシコ/エンセナーダ 
1930年代、張り子職人のペドロ・リナーレスが30才の時病気になり、生死の合間をさまよった。不思議な夢の中で見た奇妙な生き物たちと「アレブリへ〜」という声。回復後その動物達を再現しようと張り子で作り始め、それをアレブリへと名付けたのが現在のアレブリへアートの始まりだそうだ。その後1980年代後半、オアハカ州のサボテカ族の木彫り職人が彼のアレブリヘを参考にしてつくるようになり、1つのモチーフだったアレブリへは今やオアハカの木彫り民芸品全体をさす言葉になった。ペドロの3人の息子や孫たちは今も張り子でアレブリヘを作り続けているらしい。

この記事の続きを見る


トロントの中心地、地下鉄Dundas、Queen駅から直結していることもあり、アクセスも抜群!
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • 北アメリカ/カナダ/トロント 
トロントのお買い物でおすすめなのが、北米の中でもトップに入る巨大ショッピングセンター「イートンセンター」。地下鉄Queen駅、またはDundas駅のすぐそばにあり、この辺りはトロントを代表する「CNタワー」や「スカイドーム」などの観光スポットがたくさんあります。そして、メイン通りのYonge通りは大型スクリーンが街を活気づけていて、まるでニューヨークのようなにぎやかさ!そのすぐ近くにあるイートンセンターに早速行ってみることにしました。

この記事の続きを見る


見ているだけで楽しい、マンハッタンの宝箱みたいな古着屋さん
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ニューヨーク 
今多くのメディアから絶賛されている「ビーコンズ・クローゼット」。ブルックリンがホームベースの、女性オーナーのみで起ち上げられた古着屋さんです。地元ブルックリンで着々と店舗を増やし、ついにマンハッタンにもオープンしました。最寄駅は地下鉄各線の「14St-ユニオンスクエア Union Sq」駅。観光の途中に、ふらりと立ち寄れる便利な場所にあるので、古着好きはもちろん、そうじゃない人も、ぜひ足を運んでみてください。雑貨、アクセサリー、帽子、靴、鞄、洋服と見るものがいっぱい! もちろんメンズも置いています。住所は10W 13th St.です。

この記事の続きを見る


ロックフェラーセンターのクリスマスイルミネーションとクリスマスツリー
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ニューヨーク 
ニューヨークは緯度が青森とほぼ一緒なので、冬はとても寒いです。そんな寒い冬でも野外の楽しみがあるのがニューヨーク。街角のクリスマスツリーやホリデー用のデコレーションが光輝き、心を温かくさせてくれます。そして、欠かせないのが、冬限定のスケートリンクとホリデーショップ。普段は公園や広場になっている場所に特設のスケートリンクとホリデーショップが出現します。ホリデーショップは、食品、雑貨、衣料品、装飾品などのお店が集った特別会場で、手作り品やクリスマス向けの商品が多いのが特徴です。

この記事の続きを見る


市内中心部に立地する2つのモールはアクセスが便利。観光ついでにも寄れるし、プルデンシャル・センターには直結した駅もあります
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ボストン 
サンクスギビング(11月の第四木曜日)が過ぎると、アメリカ最大級のセールシーズンがやってきます。この時期はお得にショッピングができるチャンス!しかし外は寒く、店をひとつひとつ回って歩くにはちょっとツライ季節。そこでおススメしたいのが市内中心部にあるプルデンシャル・センターとコープリー・プレイスという2つの屋内ショッピングモール。ここはボストニアンにはもちろんのこと、観光客にも人気が高く、ボストンの定番ショッピング・スポットとなっているモールなのです。

この記事の続きを見る


成形も彩色も手作業のため、一頭ごとの表情が微妙に異なる。じっくり見ながらお気に入りを選ぶのも楽しい
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スウェーデン/ストックホルム 
スウェーデンならではのお土産品といえばクリスタルガラス、テキスタイルなどさまざまだが、なかでも横綱級の存在感を示しているのが、ダーラナ地方で誕生した木彫りの馬、「ダーラヘスト」だ。空港はもとより各地のお土産店で見かけないことはないといっても過言でないほどポピュラーな一品として、根強い人気を誇っている。シンプルで美しい馬の形を原木から削りだすのも、また熟練工の技のみが生み出すことができる彩色も、創業当時から一つひとつ手作業で行ってきたという。

この記事の続きを見る


このニューヨークの代表的な壁画。何気ないものなのですが、シンボル的になっていて、観光客も絶えません
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ニューヨーク 
ニューヨークのレンガ造りのビルに描かれる壁画《ビルボード》は、マンハッタンのダウンタウンでよく目にします。代表的なビルボードといえば、ソーホーの「DKNY」。テレビや雑誌でよく出てきて、多くの方もご存知かと思います。DKNYの文字の中には自由の女神、今は無きワールド・トレード・センターのツインビル、マンハッタンのダウンタン摩天楼が描かれ、全体がモノクロ仕上げになっています。17年間たった今でも、その絵からニューヨークの街のエネルギーが伝わり、歴史を感じます。そのDKNYのビルボードが消えるかもしれないのです!

この記事の続きを見る


落ち着いたカジュアルが見つかる「アンソロポロジー」。蒸し暑い日本の夏はサマードレスが活躍しそう
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ニューヨーク 
陽気で活動的な春・夏は、ファッションでも冒険しやすい季節ですよね。海外旅行をしたなら、日本と一味違ったデザインのアイテムが欲しくなりませんか。そんなときは『Anthropologie(アンソロポロジー)』へまず行ってみましょう。ここは私も好きなお店の一つで、行き過ぎないカジュアルがいい感じ。タウン、旅行、ビーチ、ホーム……など様々な用途で展開しています。年代はティーンから大人まで。小柄な日本人にも使えそうです。(日本では年齢によってブランドが決まったりする傾向がありますが、ここアメリカは好きなものを自由に選び、着て、ファッションを楽しんでいます)

この記事の続きを見る


1 2 末尾 次へ


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。ニューヨーク 観光 雑貨に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介