page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「ハノイ 空港 国内線 国際線 乗り継ぎ」の見どころ情報

ハノイ 空港 国内線 国際線 乗り継ぎに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「空港 国内線 国際線 乗り継ぎ」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


2006年から開港したスワンナプーム国際空港の港内
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
日本からの海外旅行先としても人気が高いタイの首都バンコク。日本からまずバンコクに飛び、タイ各地への国内線へのトランジットや、ラオス、カンボジアへのトランジット空港として使用する人も多いでしょう。しかしバンコクには2つの国際空港があるということをご存知でしょうか? 使用する航空会社によって、スワンナプーム国際空港なのかドンムアン空港なのか異なります。間違えると、飛行機に乗り遅れる事態が発生することもありますので要注意です。

この記事の続きを見る


国際線も飛んでいるブバネーシュワル国際空港
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/インド/ブーバネスワル 
「インドの穴場? のんびりできるオディシャ州がおすすめ!」その2からの続きです。ここからは観光の紹介ですが、まずはオディシャ州への行き方から。日本からオディシャ州へは直行便がないので、乗り継ぎ便を利用していくことになります。エアインディアの場合は、デリー乗り継ぎですが、エアアジアを使えばクアラルンプール乗り継ぎでブバネーシュワルに入ることができます。ただし、ブバネーシュワルの空港では、アライバルビザやeツーリストビザの取得ができません。つまり国際線でブバネーシュワルから入る場合には、ビザの事前取得が必要になるということです。うっかりしないように注意しましょう。ただし、ブバネーシュワルへはインド各地から国内線があるので、デリー以外でもコルカタやチェンナイ、ベンガルールなどから入国し、そこから飛ぶ方法があります。

この記事の続きを見る


ベンガルールのケンペゴウダ国際空港のターミナルビル
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • アジア/インド/バンガロール 
インドで2011年に行われた国勢調査で市域の人口が約840万人と発表され、インド第3の都市になった南インドの大都市ベンガルール。その人口増加率は他都市よりも著しく、現在(2018年)は1000万人を超えているといいます。かつては南インドの随一の大都市はチェンナイでしたが、現在は人口で倍ほどの差をつけ、ベンガルールの方が多くなりました。そのため、国際線やインド国内を結ぶ航空路線も急増。需要に対応するために2008年に市の北40kmに新空港が開かれます。これがベンガルール国際空港で、2013年には名称がベンガルールの町の創立者の名前を冠した「ケンペゴウダ国際空港」に変わりました。●ケンペゴウダ国際空港公式ページ www.bengaluruairport.com

この記事の続きを見る


インドでシェア1位の通信会社「エアテル」の空港カウンター
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • アジア/インド/デリー 
今回は、筆者の体験(2017年6月現在)をもとに、デリーでの旅行者用SIMカードの購入についてご紹介します。インド(特に首都デリー)ではここ数年、外国人旅行者のSIMカード購入が随分厳しくなっているようです。そこで、デリーに到着する旅行者は、到着時に国際線ターミナル(T3)の到着ロビー(空港の外に出る前)でSIMカードを購入するのが一般的です。今回、南インドのチェンナイでインドへ入国後、国内線でデリーへ移動するルートだったため、到着ターミナルが国内線専用のT1でした。国内線でもエアインディアやジェットエアウェイズなど一部の路線は、国際線が発着するT3を利用しますが、私が利用した航空会社は、それに当てはまりませんでした。そこで、少々手間はかかりましたが、次のような方法で無事にSIMカードを入手したので、詳しく紹介したいと思います。入国後しばらく経ってからSIMカードを購入したい場合や、一旦、空港の外に出てしまった場合でも使える方法なので、参考にしてみてください。

この記事の続きを見る


羽田空港で国際線・国内線に乗継ぎのための、1晩だけの便利な宿をご紹介!
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
地方空港から羽田空港に夜到着し、早朝のフライトで羽田からパリへ飛び立つ旅程でのこと。空港近くのホテルを探したのですが、翌朝5時45分には国際線ターミナルに着いていなくてはならないので、モノレールや電車での移動は面倒だな、と思いました。タクシーでの移動費が気にならない方はさておき、料金もある程度気になる方におすすめなのが、空港内ホテル。当たり前のようですが、実は国内でこんな便利な施設があるなんて知りませんでした。それが、羽田国内線ターミナルにある「ファースト・キャビン」です。

この記事の続きを見る


アメリカの大きさを感じる巨大な空港。そのため乗り継ぎにはけっこう時間がかかることも
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/デンバー 
アメリカに入国する際には、最終目的地に関わらず、必ず最初に到着した空港で入国審査、税関検査を受けることになっています。空港での乗り継ぎには、各空港ごとにMCT(Minimum Connecting Time=最低乗り継ぎ時間)が決められていて、基本的にはそれより短い時間での乗り継ぎのチケットは発券されないことになっています。ただ飛行機はいつも時間通りに着くとは限りません。遅れて到着した上に、入国審査場では大行列!なんてことになったらたいへんです。

この記事の続きを見る


国際線で乗り継ぎ便を利用する場合
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • アジア/マレーシア/クアラルンプール 
「初めての海外旅行。しかし目的地までの飛行機は直行便ではなく、途中で乗り継ぎがあります。英語もうまく話せない私が、はたしてうまく乗り継げるのでしょうか?」。ネットの旅行掲示板ではよくある定番の質問ですが、それだけ外国での乗り継ぎが心配な人が多いということでしょう。海外に行ったことがないと、外国の空港がどんなものか想像しにくいですよね。まして乗り継ぎがどういうものかは。しかしほとんどの人は、それでも無事に目的地までたどり着いています。心配し過ぎは無用ですが、乗り継ぎ便を利用した場合の、だいたいの流れを知っておくと楽かもしれません。

この記事の続きを見る


乗り継ぎ空港で
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
さて、乗り継ぎ先の空港に到着し、すでに乗り継ぎ便のボーディングパスを持っている場合は、人の流れについてイミグレーション(入国審査)に向かわず、「Transfer(乗り継ぎ)」の案内に従って出発ゲートへと向かいます。ターミナルがいくつもある場合は、まちがえないように「出発便(Departure)の案内モニターで「ターミナル」「ゲート」「搭乗時間」を確認してください。時間が大幅に変更になっていることもあります。また、まれに出発時間が10分とか少し早くなっていることもあるので、気をつけてください。

この記事の続きを見る


空港に着いたが、フライトがない!
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イギリス/ロンドン 
国際線同士では少ないですが、「国際線→国内線」の乗り継ぎの場合は、乗り継ぎ空港に着いてみたら、機体の故障などで乗り継ぎ便がフライトキャンセルになっているような場合がたまにあります。外国の航空会社は、国際線は割と丁寧な対応をしてくれますが、国内線に関しては自分ががんばらないと、積極的には面倒をみてくれない所が多いですね。同日に目的地へ行く便があればいいですが、なければたいてい次の日の同じ便に振り替えさせられます。

この記事の続きを見る


「ハノイ 空港 国内線」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

心癒される高原地帯の風景
  • テーマ:
  • 大自然
  • 行き先:
  • アジア/ベトナム/ホーチミン 
ベトナムには「タイグエン」と呼ばれる高原地帯があり、中部から中南部にかけて広がっています。高原地帯のダクラック省は標高500メートル以上で、バンメトートを省都に置いています。ダクラック省最大のチューヤンシン山脈が郊外に連なり、その麓には数多くの少数民族が暮らしています。旅行者にとっては「コーヒーの町」、「ゾウに乗れる町」として知られています。日本からの直行便はなく、ハノイやホーチミンといった各都市から国内線に乗り継いで行くことになります。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。ハノイ 空港 国内線 国際線 乗り継ぎに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介