page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「ハバロフスク」の見どころ情報

ハバロフスクに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「ハバロフスク」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


韓国東海岸を行く観光列車
  • テーマ:
  • エアライン・空港
新型コロナ終息までは旅行準備期間ととらえ、机上プランに勤しんでみたい。新型コロナがあまり蔓延しなかった、あるいは終息の早かった5カ国で鉄道旅行を考えてみた。 まずはお隣の韓国、平時であれば韓国へは、ソウル金浦、仁川、釜山、大邸の4空港に日本の多くの空港から大手、LCC含めて、これまた多くの便があり、国内旅行よりも気楽に行くことができる。 こんな韓国の鉄道、近年は観光列車の運行が盛んだ。日本では以前から車窓の美しい路線などを中心に、大きな窓で眺望の楽しめる車両などを導入、観光列車運行が積極的だったが、そんな日本を真似たのか、日本に似た観光列車が続々と登場している。 美しい海岸線を走る列車、山間部を巡る列車などがあるほか、定期列車は1日1往復の観光列車のみという路線もある。韓国でも山間部の過疎地では列車の利用者がいなくなっているのだ。北朝鮮との非武装地帯に入る列車もあり、ツアー形式で展望台まで行き、北朝鮮を遠望できるというものまである。 韓国の観光列車はアトラクション感覚でも利用できる。

この記事の続きを見る


シベリアの大地を駆け抜けるシベリア鉄道9300kmの大旅行(その1)
  • テーマ:
  • 鉄道
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ロシア/ウラジオストック 
極東アジアからヨーロッパ・ロシアまで、広大なシベリアの大地を駆け抜ける9300kmの鉄道旅行は、多くの旅人を誘う夢の鉄道旅行です。そのシベリア鉄道の旅をご紹介したいと思います。ルートは、日本を出発して、極東の大都市ウラジオストックへ。ここからシベリア鉄道の旅が始まります。古都ハバロフスク、バイカル湖のイルクーツクに立ち寄って、終点のモスクワへ。さあ、6泊7日の大鉄道旅行に出発しましょう。

この記事の続きを見る


シベリアの大地を駆け抜けるシベリア鉄道9300kmの大旅行(その2)
  • テーマ:
  • 鉄道
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ロシア/ハバロフスク 
ウラジオストックを出発した列車はゆっくりと北上していきます。窓からは粗末な木造の小屋が数多く見えます。昔のシベリア鉄道の旅行記を読むと、このような小屋があると書いてありますが、今でもそれは変わらないようです。さらに変わらないのがシラカバの木です。ロシアといえばシラカバが有名ですが、シベリアにはずっとこのシラカバの木々が生い茂っています。シラカバと湿原が広がる極東の大地を、列車はゆっくりと走り続け、24時間後にハバロフスク駅に到着です。

この記事の続きを見る


ランダム更新!本日のおすすめ見どころ・ガイド記事

もちもちの生パスタ!
  • テーマ:
  • スポット
  • 行き先:
  • アジア/ベトナム/ハノイ 
メニューは麺もソースの種類も豊富なのでどれにしようか悩みましたが、私は「チキンとマッシュルームのトマトパスタ」を選びました。こちらが大正解!ゴロゴロ入った具材ともったりしたトマトベースのソースに生パスタが絶妙に絡みます。こちらの生パスタはもっちもちで香りも良く、乳化の加減も好みでした。

この記事の続きを見る


トラムの停留所からすぐにある公園の入り口。閉まっているように見えてもドアが開閉しますので、押してみて下さい。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ウィーン 
ウィーンはオーストリアの首都でありながら、緑地や公園もたくさんあり、生活の場所と自然がとても近い都市です。今回ピックアップするこの公園もその1つ、1935年まで私有地だったお城とその敷地が一般開放されて、今では市民の憩いの場となっているPoetzleinsdorfer Schlossparkです。お城の建物自体は今は音楽学校になっているので、外観のみ楽しむ事が出来ますが、公園の入り口はお城の入口の佇まいを今も残しています。

この記事の続きを見る


丘上に建つ、ゼレナー・ホラの聖ヤン・ネポムツキー巡礼教会
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/チェコ/ブルノ 
日本の5分の1弱という面積しかないヨーロッパの小国チェコですが、世界遺産の数は14あります。日本は23なので密度からいうとかなり多いですね。そのうちの約半分が、チェコ南部にある第二の都市ブルノを拠点にすれば日帰りで行けることは、別記事「チェコ南部の都市ブルノを基点に、ゼレナー・ホラなど周辺の5つの世界遺産へ日帰り旅行してみよう!」でまとめましたが、今回はその中から「ゼレナー・ホラの聖ヤン・ネポムツキー巡礼教会」を取り上げます。「ゼレナー・ホラ」とは「緑の山」を意味し、世界遺産に登録されているのはその小高い丘の上にある五角形の形をした聖ヤン・ネポムツキー巡礼教会です。ボヘミア(チェコ西部)の重要な巡礼地ですが、ふだんは訪れる人も少ない場所です。交通の便がいいとは言えませんが、私はブルノから日帰りで行ってきました。

この記事の続きを見る


ベルリナーお気に入りのカフェ「District
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/ベルリン 
「District Coffee」はベルリンのお洒落なミッテ地区の北側で落ち着いたエリアにあります。ベルリンのカフェ通にお気に入りのカフェを聞いたら必ずあがってくる「Distrikt Coffee」。ベルリンのロースタリーで焙煎されたこだわりの豆を使用したコーヒーと、豊富なフードメニューが人気の秘密。特に土日はブランチ目当てでやってくるお客さんで店内は常にいっぱいです。

この記事の続きを見る


この城は世界遺産「シュリー=シュル=ロワールとシャロンヌ間のロワール渓谷」に含まれます。
  • テーマ:
  • 城・宮殿
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
堀に囲まれ、いかにも中世の城という威厳ある城。シュリー・シュル・ロワール城は元々はロワール川の要塞兼住居として建設されました。何世紀にもわたって多くの建築によって改築されています。所有主の中でもアンリ4世の大臣であった有名なシュリー公マクシミリアン・ド・ベチューヌは宗教戦争で壊れた城を修復し、当時の技術を駆使しました。その後も子孫が4世紀もの間城を保有していました。1962年以降はロワレ県が所有し、歴史的記念碑として修復作業に取り組みました。この城は王室の住居ではありませんでしたが、重要な人物が訪れた地でもあり、何世紀にもわたって歴史を追体験できる地であるのです。

この記事の続きを見る


有効な地域は緑のエリア。コペンハーゲン空港から市内、北はHelsingoer、西はRoskildeまで含まれます。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/デンマーク/コペンハーゲン 
87の観光名所・美術館などの入場と、コペンハーゲン近郊の公共交通機関が無料になるコペンハーゲンカード。2020年版ではほぼ主要観光施設が含まれており、1日でも数日でも観光するならとってもお得になっています。カードの価格は次に記載しますが、一番割引率の低い24時間カードでも3カ所くらいの観光名所と美術館と回るだけで元が取れます。また、コペンハーゲンの公共交通機関の料金システムが分かりにくく、割引制度もツーリスト向けではないため、こちらのカードで全部含まれているほうが安心で簡単です!

この記事の続きを見る


村の中央広場に面して南ボヘミア風バロック様式の民家が並ぶ
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/チェコ/チェスキー ブジョヴィツェ 
チェコ南部にある世界遺産「ホラショヴィツェの歴史地区」は、南ボヘミア風バロック様式の民家が並ぶ村の中心部です。1840〜1880年に建てられたこれらの家々は第二次大戦の戦火を逃れ、昔の姿を今に伝えるとして世界遺産登録されました。このホラショヴィツェ村の歴史と民家の成り立ちについては、別記事「歴史編」で詳しく書いているので、そちらをお読みください。今回は、このホラショヴィツェ村への行き方、そして現在の村はどんな感じなのかを具体的に記述していきたいと思います。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。ハバロフスクに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介