page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「ハワイの風景」の見どころ情報

ハワイの風景に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「ハワイの風景」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


ホノルルマラソンで、フルマラソンに初挑戦する人も多いです
  • テーマ:
  • マラソン
  • 行き先:
  • ハワイ/ハワイ/オアフ島 
毎年12月の第2日曜日に行われる「ホノルルマラソン」。フルマラソン(42.195km)ながらも、誰でも参加資格が得られる事とゴールの制限時間がないことから、老若男女を問わず、様々な参加者がいます。例年2〜3万人のランナーがそれぞれのペースでホノルル市内を走ります。2015年は12月13日(日)の開催。仮装したランナーもたくさんいて、一般参加者にとってはレースというより、お祭り的な要素もある楽しい大会です。

この記事の続きを見る


タンタラスの丘から見たダイヤモンドヘッドとホノルル市街
  • テーマ:
  • 映画のあの場所
  • 行き先:
  • ハワイ/ハワイ/オアフ島 
エルビス・プレスリーが人気全盛だった時代に作られた彼の主演映画のひとつに1962年の「ブルーハワイ」がある。そのころの日本はまだ海外旅行が自由ではなく、ようやく1964年に海外旅行が自由化されたものの、当時のジェット旅客機DC-8は日本とハワイの間を無着陸で飛ぶことはできず、途中ウエーク島での給油が必要だった。またテレビ史上に残る番組「アップダウンクイズ」の賞品はハワイ旅行で、司会者小池清さんのキャッチ・フレーズが「さあ10問正解して、夢のハワイへ行きましょう」だったことからもわかるようにハワイは「夢の」という言葉がつく存在で、そこへ旅行することなど高嶺の花という時代だった。

この記事の続きを見る


「ハワイの」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

7月にカカアコ地区にオープンした「ISTANBUL」
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ハワイ/ハワイ/オアフ島 
ハワイは意外にも世界各国の人々が暮らしており、そのため食文化も非常に多彩です。ハワイに来たらステーキやパンケーキ、ロコモコ、アサイーボウルなど食べていただきたい定番メニューもあるのですが、本場さながらの味わいが堪能できる各国料理もオススメです。ミャンマー料理やシンガポール料理、ワゴンで運ばれてくる昔ながらのスタイルの飲茶。そして新たに、ハワイでも珍しいトルコ・地中海料理を楽しめるレストラン「ISTANBUL(イスタンブール)」が7月にオープンしましたのでご紹介します。

この記事の続きを見る


トレイルは州政府に管理されており、きちんと整備されています
  • テーマ:
  • トレッキング・登山
  • 行き先:
  • ハワイ/ハワイ/オアフ島 
ハワイには気軽に楽しめるトレッキングコースが沢山あります。初級者〜上級者向けまでさまざまですが、私の一番のお気に入り「Kuliouou Ridge Trail(クリオウオウ・リッジ・トレイル)」です。オアフ島の南東部、コオウラ山脈の尾根を登っていく、標高約620メートル、往復8キロのトレイルです。私の場合、途中休憩を挟みながら往復3時間ほどで歩くことができました。このトレイルには飲料水の持参は必須、また小腹が空いたとき用の軽食があると安心です。なお、途中滑りやすい箇所もありますので、できればトレッキングシューズの着用をおすすめします。

この記事の続きを見る


見上げる場所によって表情が異なるダイヤモンド・ヘッド
  • テーマ:
  • 大自然
  • 行き先:
  • ハワイ/ハワイ/オアフ島 
ハワイのシンボルであるダイヤモンド・ヘッド。トレッキングコースとしても人気ですが、ダイヤモンド・ヘッドをぐるっと一周できるコースがあり、ローカルの人からはウォーキング、ランニング、サイクリングができるコースとして親しまれています。またこのコースは、毎年12月に開催されるホノルルマラソンのコースの一部でもあります。1周は7キロ程度。アップダウンはありますが、ハワイの自然を感じながらローカルの人に交じってゆっくりとランニングするのもオススメです。

この記事の続きを見る


ハワイ限定の日焼けスヌーピー、子供用Tシャツは32ドル(約3500円)
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ハワイ/ハワイ/オアフ島 
旅先では「〇〇限定」など、そこでしか手に入らないものを買い求めたくなります。お馴染みのキャラクターやスナックも、地域限定バージョンは独特の可愛さと希少価値でお土産にも最適。たとえば、世界的に人気キャラクターのスヌーピー。ハワイでは日焼けして茶色いスヌーピーになっています。

この記事の続きを見る


カネオヘ湾とコオラウ山脈が織りなす絶景
  • テーマ:
  • マリンスポーツ
  • 行き先:
  • ハワイ/ハワイ/オアフ島 
ハワイと言えば「美しい海で遊びたい!」と多くの人が思うだろう。泳ぎが得意な人、海で泳ぐのは苦手な人、老若男女問わず楽しめる海の絶景スポットをご紹介したい。それはワイキキから北東へ車で約40分のカネオヘ湾の沖に出現するサンドバー、別名「天国の海(R)」である。アメリカ最大とも言われる約12キロ続く珊瑚礁とハワイ州で唯一のサンドバーを持つカネオヘ湾。サンドバーは長い年月をかけて珊瑚礁が削られ堆積してできたと言われている。カネオヘ湾の保護を目的にハワイ州が1日の観光客数を制限している。また、ここで営業できるツアー会社の数も限定されており、さらに日曜日と祭日はツアーが禁止されている。

この記事の続きを見る


背後にボラボラ島の象徴オテマヌ山。水平線にサンセットが沈みます
  • テーマ:
  • ビーチ
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/南太平洋ビーチ/タヒチ 
ハネムーナーの憧れであり、数年後のアニバーサリーに再訪するカップルが増えているタヒチ、ボラボラ島。数ある名作リゾートの中で今回ご紹介するのは、ボラボラ島の西南にある島、“モツ・トゥプア”の静かな入り江に展開するコンラッド ボラボラヌイです。2017年に土台からすべてリニューアルを行い、コンラッドにリブランドしたラグジュアリー・リゾートです。この島の他と違う点は、いろんな視点からラグーンを愛でられることでしょう。ボラボラ島最長の約1キロ続く白砂ビーチから、あるいは丘の上の高い位置から。角度によって海の色はガラリと印象が変わります。ちなみに、ヒルトップからラグーンを一望にできる立地のチャペルは、タヒチでもココだけ。加えて、水平線に沈むサンセットを眺められるのも、ココだけです。

この記事の続きを見る


見た目も味も美しい、Lady
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • ハワイ/ハワイ/オアフ島 
2019年春にワイキキにオープンした、Waikiki Tea House (Waikiki Tea)では、ニューヨークで人気のLady Mのケーキを味わえます。フレッシュで香り豊かなクレープとクリームを何層にも重ねて、丁寧に作り上げられたLady Mのミルクレープは至福の美味しさ。シンプルだけど深みのある「Signature Mille Crepe」(スライス $8.50 *約950円)の他に、日本人にはたまらない「Green Tea Mille Crepe」(スライス $8.50 *約950円)、爽やかな「Passion Fruit Mille Crepe」(スライス $9.00 *約1000円)などがあります。ミルクレープ以外のチョコレートケーキやチーズケーキも洗練された味です。※1ドル=約108.60円。2019年10月時点。

この記事の続きを見る


美しいビーチやグルメも楽しめる人気のオアフ島
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ハワイ/ハワイ/オアフ島 
ハワイのオアフ島は、一年中温暖な気候で、美しいビーチや大自然を満喫できる人気の島です。また、グルメスポットやショッピングスポットも沢山あり、ビーチ沿いには優雅で美しいホテルもあり、ホテルライフもエンジョイ出来ます。そんな魅力たっぷりのオアフ島、初めて訪れたならベタだけど外せない観光地トップ5をご紹介していきますね!

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。ハワイの風景に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介