page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「ハーリング オランダ」の見どころ情報

ハーリング オランダに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「ハーリング オランダ」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


ビターバレン(左上)、ルンピア、チーズなどビターガルニトゥール(Bittergarnituur)の盛り合わせはビールのおつまみに最高!
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
オランダ食文化の特徴は、大きく三つの地域に分類されます。畜産業が盛んで、ドライソーセージや燻製ソーセージ、ジビエが豊富な北東部、北海の恵を享受し、ムール貝、牡蠣、ヨーロッパウナギやエビといった魚介類が広く食される西部、高級料理が発展し、伝統的なオランダ料理の基礎が形成された南部です。プロテスタント文化圏の食文化は質素といわれますが、NGOオックスファムの「健康な食事」ランキングでは、最も栄養価が高く、豊かで健康的な食事を取っている国として、オランダが一位を獲得しています。アムステルダムでぜひ味わってほしいオランダの伝統料理とおすすめのレストランをご紹介します。

この記事の続きを見る


ハーリングの骨抜きをする魚屋さん
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
オランダの代表的な魚料理といえば、必ず真っ先に思いつくのはこれでしょう。ハーリング、またはハリング。英語ではヘリングといいます。北海で取れるニシンの一種です。オランダでの食用方は、一日塩漬けした生ニシンを塩抜きし、そのまま食べます。刺身のような感じなので、日本人の口に実によく合います。オランダ各地の魚屋やマーケットで必ず味わえる一品です。

この記事の続きを見る


「オランダ」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

発想力豊かなダッチデザインの雑貨は見ているだけでも楽しまめす。
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
オランダ人デザイナーが手がけるプロダクトや建築は「ダッチデザイン」と呼ばれ、国際的にも高く評価されています。革新的なコンセプトに基づいた、シンプルで斬新、ユーモラスなデザインが特徴です。『I amsterdam webshop(アイ・アムステルダム・ウェブショップ)』では、ダッチデザインの雑貨やアムステルダム発のプロダクトを、日本にいながら購入できます。シャンプーの空容器で使るボートの玩具(写真01)、ピート・モンドリアンの『コンポジション』柄の紙製花瓶(02)、持ち運びに便利な組み立て式のボール(03)、バイオプラスチックを材料に3Dプリンターで作られた花瓶(04)、壁にドリルで穴を開ける必要がない吸盤フック(05)、保温性に優れた羊革のシャンパンクーラー(06)など、ウイットの効いた商品が揃っています。

この記事の続きを見る


左)2階の通路に並べられた発酵食 食材廃棄を減らすための1アイデアです 右)筆者が飲んだカモミールティー
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
オランダのスキポール国際空港とアムステルダム中央駅の中間地点あたりに、アムステルダム世界貿易センターがあります。このエリア、ザイダスは、金融機関をはじめとする企業が集まるビジネス街です。このビジネス街に、とても居心地のよいレストランがあります。「サークル(CIRCL)」という名前のパビリオン内にあり、2017年9月にオープンしました。ガラスや木材が多く使われていて開放的です。屋外にも席があります。2階はお茶やアルコールを楽しめるルーフトップバー(平常時は午後から開店。目下はグループの予約のみ)です。バーの外には庭があり、ここでも休憩することができます。このレストランは環境問題に取り組んでいます。不揃いの野菜や果物など、売れにくくて廃棄されてしまう食材を生産者やスーパーから集めて料理を作っている同市のレストラン「インストック(InStock)」については日本にも伝わっていますが、サークルは、インストックから食材を得ています。肉も地元産、パンも地元のオーガニックのパン屋から仕入れています。ちなみに、スタッフはペットボトルをリサイクルした繊維のユニフォームを着ています。

この記事の続きを見る


1911年建造の市庁舎
  • テーマ:
  • リゾート
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
ザントフォールトは、オランダの主要なビーチリゾートのうちの一つです。アムステルダムから電車でわずか30分ほどで到着し、駅からビーチまでは徒歩で行けるという便利さ。「海に行きたくなったらとりあえずザントフォールト」というのは、アムスっ子の間で昔から定着しています。例えば「アンネの日記」のアンネ・フランク一家はアムステルダムに住んでいましたが、夏にザントフォールトを定期的に訪れていました。

この記事の続きを見る


2020年2月27日以降、医療・保健サービス
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
オランダ国立公衆衛生環境研究所 (RIVM) によると、オランダ国内における新型コロナウイルスの流行は、2020年6月30日19時30分時点で感染者数が5万273人、死亡者数が6,113人になりました。2月27日に北ブラバント州のティルブルフで最初のケースが報告されて以降、感染者数は全国的に急増し、4月初頭には1日の感染者数が1,399人にのぼりました。一方で3月上旬から実施されたロックダウンなどの迅速な対応が功を奏し、4月半ばからは感染者数が減少、7月時点で状況は安定化し始めています。5月11日以降は規制措置が段階的に緩和され、6月1日には食事提供施設や商業施設、文化施設などが営業を再開しています。7月1日からは一定の条件のもと、許可制のイベント開催やスポーツ観戦、観劇などの活動も解禁されました。

この記事の続きを見る


典型的なオランダ式建築内の博物館
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/デンハーグ 
デン・ハーグ市街にあるヒューマニティ・ハウス。ヒューマニティ・ハウスは、災害や紛争の中での生活について学ぶことのできる博物館です。2010年にハーグ市と欧州委員会の支援を得て、オランダ赤十字社の要請により設立されました。さまざまなパートナーと協力し、地球規模の課題、特に難民問題について知る機会を提供しています。現地の学生向けには講義や元難民だった人々との交流会を行っており、旅行者は常設展を見学できます。

この記事の続きを見る


左に見えるのがCityviewホテル。ここは静かな路地です。運河はすぐそこです
  • テーマ:
  • 安宿
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
2019年夏、12部屋ある小さい3つ星ホテル「Cityview」がアムステルダム中央駅から歩いて10分かからないところにオープンしました。ホテルからアンネフランクの家までは徒歩12分、王宮までは徒歩13分です。雑貨屋やカフェやレストランが並ぶハールレンメル通り(Haarlemmerstraat)は地元の人たちにも観光客にも人気のショッピング通りで、「Cityview」ホテルはそこから一歩入った路地にあります。黒い看板が出ているので、すぐ見つけられます。この路地はとても静かです。レセプションが24時間対応で安心できます。建物自体は古いですが、全面改装してのオープンでホテル内は真新しいです。

この記事の続きを見る


ライクスミュージアム
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
アムステルダム国立美術館は、レンブラント・ファン・レインの『夜警』や、ヨハネス・フェルメールの『牛乳を注ぐ女』などを所蔵するオランダ最大の美術館です。オランダ語ではライクスミュージアム (Rijksmuseum) と呼ばれ、1798年の創設から220年間に渡り、オランダ美術の殿堂として親しまれてきました。2020年3月、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により通常の営業が困難になると、家にいながらアートを楽しむ「ライクスミュージアム・フロムホーム (Rijksmuseum from home) 」の試みが始まりました。多彩なテーマのバーチャルツアーを体験したり、作品やアーティストについて語られたポッドキャストを聴いたり、ライクス・クリエイティヴ (RijksCreative) で巨匠の技法を学ぶなど、充実したコンテンツを無料で楽しめます。

この記事の続きを見る


街を代表する建築、ドロムダリスの塔
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
オランダを語る場合、「黄金期」というキーワードが頻繁に出てきます。17世紀から18世紀にかけてオランダは本国及び植民地を拡大し、その中心を担ったのがオランダ東インド会社(VOC)です。スペインやイギリスに対抗するため、オランダ東インド会社は1602年に設立され、いわゆる「オランダ海上帝国」を築きあげました。今でいう海外支店にあたるオランダ商館は、ジャワや日本の平戸などにも設置されました。本国ではオランダ東インド会社の本拠地はアムステルダムに設置され、支店はホールン、エンクハウゼン、デルフト、ロッテルダム、ミデルブルフに設置されました。オランダ東インド会社のあったこれらの都市は、17世紀に大いに繁栄したのです。今回はエンクハウゼンを紹介したいと思います。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。ハーリング オランダに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介