page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「バクテー 食べ方」の見どころ情報

バクテー 食べ方に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「バクテー 食べ方」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


手前がバクテー。ほかに何品かを数人とシェアして食べるのが平均的な食べ方
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/シンガポール/シンガポール 
「ニクホネチャ??」 中国語で「肉骨茶」と店舗に書かれた文字をはじめて見たときに、一体これは何かしら、と興味をそそられたものです。 バクテーと呼ばれる、ポークリブの香辛料煮込みスープは、中国本土からマレー半島にわたって来た移民労働者が、安くて滋養によい朝食 として考案したものと言われています。マレーシア・クアラルンプール郊外のクラン港エリアが本場として有名で、私も始めてバクテーを食べたのはクアラルンプールでした。現地の友人に案内された目抜き通りの裏にある庶民的な屋台が並ぶ一角で、八角やクローブなど何種類も混ざったハーブの香りが強いスープに、東南アジアのスパイス交易に思いを馳せ、異国情緒たっぷりな熱帯の朝として記憶に残りました。

この記事の続きを見る


ぐつぐつと煮立った鍋のままテーブルに運ばれます
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/マレーシア/クアラルンプール 
インド人、中国人、マレー人が混在する多民族国家のマレーシア。多様なマレーシア料理がある中、その中でも中国人に愛されているのが、肉骨茶(バクテー)です。漢字で書くと肉骨茶ですが、決してお茶ではありません。骨付きばら肉を漢方薬のスープで煮込んだ鍋料理です。本土の中国にはない料理で、マレーシア生まれの中華料理。昔、港湾労働者が過酷な労働に、 耐えるため編み出されたスタミナ料理です。マレーシアの街中を歩いていれば、「肉骨茶」の看板を出す屋台がたくさんあります。

この記事の続きを見る


「バクテー」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

ブッソーラ・ストリート「カンポングラムカフェ」のソト・アヤム。これも安くておいしい!
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/シンガポール/シンガポール 
シンガポール・リピーターの私は、「次にシンガポールに行ったらあれを食べよう、これもまた食べたい」といつも考えています。ひとくちに“エスニック料理”というと、真っ先に辛い食べ物が思い浮かぶかもしれません。その点、シンガポールでは辛いもの一辺倒というわけではなく、実にバラエティー豊か! 食の多様さは、多民族国家ならではの強みですね。シンガポールのグルメの中で、初めて訪れる旅行者にぜひ試していただきたいトップ5がこちらです!

この記事の続きを見る


なぜかドドンと置かれたキリンのオブジェに見守られながら、いただきます
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/シンガポール/シンガポール 
シンガポール旅行が初めての友達に、現地でどんなローカルフードを食べたいか尋ねると、「チキンライス、フライドホッケンミー、肉骨茶(バクテー)、ラクサ、ええとそれから!」。数日間の旅行、胃袋はひとつ……。そんなときは、ともかくフードコートへ直行! シンガポールのフードコートってほんとに最高です。便利な場所にあって衛生的、カード払いOK。シンガポール初心者でもハードルが低いんですよね。しかも、有名レストランの支店が入っていることも多いので、本店まで行かなくても本場グルメを楽しめるんです。

この記事の続きを見る


食べ歩き目的の海外旅行 おすすめは中華料理がおいしいマレーシア(その2)
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/マレーシア/クアラルンプール 
「中華料理がおいしいマレーシア」その1からの続きです。中国の国外で一番知られている中華料理は、広東料理だそうです。19世紀後半以降、人口が増えすぎたため、この地域出身の人びとがアメリカや東南アジアなどに移民したことによります。日本の中華料理店も広東系が多いそうですが、もうひとつ、第二次世界大戦中に旧満州地域に住んでいた人びとが帰国して伝えた、中国東北部の料理もあります。移民で成り立ったマレーシアでは特に中国南方の福建、広東出身が多いので、この地方の料理が豊富にあります。マレーシアで「何を食べたい?」と地元の人にきかれて「中華料理」と答えたら、たぶん「どこの中華料理?」ともう一度聞かれるはずです。それでは、マレーシアで食べられる、中国の地方料理の数々を紹介しましょう。

この記事の続きを見る


シンガポールで必食のB級グルメ、具よりスープが命の鍋料理「肉骨茶(バクテー)」
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/シンガポール/シンガポール 
先日、シンガポールからいらしたお客様とバクテーの話になり、猛烈に食べたくなってしまいました。バクテーの漢字名は「肉骨茶」で、マレーシアとシンガポールで食べられている鍋料理です。ひとことで表現するなら‘漢方で煮込んだ豚のスペアリブ’。昔、マレーシアのクランで働く中国系の労働者が、スタミナ補給のために作ったのがルーツだとされています。豚のスペアリブを、漢方薬に用いるハーブやスパイス、ニンニクと一緒に土鍋で煮込んだものです。スパイスは主にクローブやシナモン、八角、コリアンダーなどが使われます。

この記事の続きを見る


老舗のコーヒーショップの定番、ココナッツのジャムを塗ったカヤトーストとコンデンスミルク入りのお茶。
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/シンガポール/シンガポール 
常夏のシンガポール。特にこれから一年の後半にかけて、ますます高温多湿な日々が続きます。先週も友人一家がシンガポールに遊びに来て、限られた滞在日数の中でどこに出かけ、何をして何を食べようか・・といろいろ相談していたのですが、ずっと外出しているにはあまりに蒸し暑く、あれこれ立てていた計画も、なかなか実現に至りませんでした。暑いときにいちばん優柔不断になりがちなのが、ローカルフードを食べにでかけること。シンガポールではバラエティ豊かなローカルフードにあふれていることで知られていますが、いうまでもなく、安くておいしい食事を楽しむのは、旅の最大の楽しみですよね。

この記事の続きを見る


食欲をそそられるとは言いがたい看板・・・ カエルのお粥専門店の入り口横の壁に描かれた絵。
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/シンガポール/シンガポール 
シンガポールの名物ローカルフードといえば、チキンライス、ラクサ、チャークエイチャオ、バクテー、ロティプラタ、チリクラブ・・などなど、気をそそられるちょっと珍しげな料理の名前がずらりとならび、どの旅行ガイドブックでも、たくさんのページを使って屋台やコーヒーショップで楽しめるローカルグルメの紹介をしています。手軽に楽しめるシンガポールグルメは、旅の最大の楽しみの一つといってもいいでしょう。先日も、食いしん坊の友人がシンガポールにやってきて、ガイドブックをめくりながら、いつ・どこで何を食べようかと真剣に考えています。 そのとき、ふと気がつきました。「あれ? そういえば、“カエル料理”が載っていない!」

この記事の続きを見る


新しい施設もいいけれど、やっぱりヒューマンスケールな空間には人気が集まる。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/シンガポール/シンガポール 
この1〜2年、新しい観光の目玉となっている大型レジャー施設や商業施設などの華々しいオープンに話題が集中しているところもあるシンガポールですが、その一方で、ローカルっ子に人気の新しいトレンディスポットも次々とオープンしています。オーチャードロードやマリーナベイといった大型施設が揃う繁華街はもちろんいつでもにぎわっていますが、個性的なショップやレストラン、バーのオーナーたちが捜し求めるのは、ショッピングモールの中ではなく、やっぱりストリートに面した店舗。チャイナタウンや、リトルインディア、マレータウンといった、低層のショップハウス(店舗住宅)が立ち並ぶストリートは、個性派の店には根強い人気があります。

この記事の続きを見る


ウェスティンと言ったら、ヘブンリーベット。今まで味わったことのない、快適な寝心地にうっとり。これぞまさに、雲の上の寝心地
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • アジア/マレーシア/クアラルンプール 
近隣のアジア諸国と比べると、ホテル代金が安いことで知られているマレーシア。日本だったら高くて手が出ない5つ星ホテルも、マレーシアではその約半額で宿泊することができます。せっかくの楽しい旅行ですから、たまには自分へのご褒美として、贅沢してみませんか!? クアラルンプールにはたくさんの5つ星ホテルがありますが、その中でもなんといっても一押しのホテルは、「The Westin Kuala Lumpur」。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。バクテー 食べ方に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介