page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「バトゥケイブ」の見どころ情報

バトゥケイブに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「バトゥケイブ」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


トランス状態になった後、体中に串を刺します。苦行によって願いが成就すると信じている、ヒンドゥー教徒たちの姿はすさまじい!
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • アジア/マレーシア/クアラルンプール 
ヒンズー教のお祭り、タイプーサム(Thaipusam)は願いを叶えてくれた神様を訪ね、お礼をするための行事です。ヒンドゥー教の暦で、「タイ」の月の満月の日に行われる為、行なわれる日は毎年違いますが、2008年は1月23日に行なわれます。約10万人の信者を集めて行なうこの奇祭、とにかく過激の一言。舌や頬、胸、背中、肩など体中に串を刺した信者が、カバティと呼ばれる神輿を体に乗せて練り歩く壮絶なもの。自分の体を痛めつけることで神に忠誠を誓う目的で、顔や背中、腹などに無数の針や串を刺します。世にこんな痛〜いお祭りがあるの!?と驚きの連続。世界一危険なお祭り!といっても過言ではないでしょう。

この記事の続きを見る


「バト」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

河北省張家口に残る日本の足跡を探しに行く!
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/中国/張家口(チャンチアコウ) 
恥ずかしながら、最近、初めて河北省の張家口に、戦前、戦中と2万人もの日本人が住んでいたことを知りました。張家口は北京から快速列車で約3時間半ほどのところです。韓国の平昌で開かれたあとの冬季オリンピックの候補地です。今のところ最有力です。オリンピックの開催地となることが決まれば、まだ、残っている旧市街が再開発で変わってしまいます。それで慌てて行くことを決定。張家口を調べているうちに日本人が住んでいたことがわかったのです。張家口は辺鄙な田舎でもないのに、外国人に開放されたのは90年代も半ばと遅い訳もわかりました。張家口には解放軍がいるからです。

この記事の続きを見る


遺跡内の大通り。手前の飛び石は『横断歩道』
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/ポンペイ 
これこそ真のミラクル! 歴史上の一大悲劇が、究極の奇跡を生んだのです!! 年初から来年にかけて日本各地で開催されている展示会、観に行かれた方も多いのでは? そう、1997年にユネスコの世界遺産に登録された『ポンペイの遺跡』です。西暦79年8月24日、街の北西10kmにあるヴェスヴィオ火山が噴火。一昼夜にして6メートルもの火山灰が街を覆い、約1万の人口があったといわれるこの街は影も形もなくなりました【噴火日に関しては、近年発酵中のワイン樽が発見されたことにより、9月以降という説が浮上】。

この記事の続きを見る


ランダム更新!本日のおすすめ見どころ・ガイド記事

ブリュッセルの中心部、Bourse(証券取引所)近くのDELHAIZEの外観
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ベルギー/ブリュッセル 
以前、ヨーロッパのスーパーマーケット雑貨を紹介した本「スーパーマーケットマニア(講談社)」を読んだ時、そのセンスの良さに驚きましたが、実際に来てみると確かにおしゃれに頑張ってるスーパーは地元でも大人気! その中でも、今回は独自ブランドのセンスだけでなく、全体的な品質が高レベルでさらにコストパフォーマンスも良いというベルギー自慢のスーパー「デレーズ(DELHAIZE)」をご紹介します!

この記事の続きを見る


レモンサブレ、チョコチップ、どれも良質のバターを使って美味。おなじみの種類でも、味はちょっと日本のものとは違います
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ベルギー/ブリュッセル 
旅の最大の楽しみのひとつ、その国の老舗スイーツを味わうのにブリュッセルではここ「ダンドワ」がオススメです!ベルギーといえばチョコレートが最も有名ですが、実はベルギーにはシナモン風味ビスケットの「スペキュロス」を代表としてビスケットも名物の一つになっているのです。今回のオススメブランド「ダンドワ」のスペキュロスももちろん一味の価値(?)あり、ですが、なんといっても一番のオススメは「ビスケットの量り売り」!その理由とは?

この記事の続きを見る


青空市だから、冬より春〜秋が出店数は多くて活気もある。多少の雨なら平気で開店する人も多い。
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ベルギー/ブリュッセル 
ブリュッセル中心部には、ガイドブックでもおなじみのグラン・サブロン広場の骨董市や、ジュ・ド・バル広場の古物市(=仏語でブロコント「Brocantes」)など、有名な市がいくつかある。でも骨董市は値段が高めだし、古物市は「何でこんなもんが!?」的なガラクタが多くて、回数をこなし目を慣らさないと「掘り出し物」にはなかなか出会えない。それに地元の人&観光客でごった返すから、売る方も結構忙しくてあまり構ってもらえない。だけど実は、ブリュッセル中心部から少し離れると、地元の人に人気の市場があちこちに!今回はそんな市のうち、お気に入りの一つをご紹介!

この記事の続きを見る


町の中心にあるハメーリンナ教会とマーケット広場
  • テーマ:
  • 物語のあの場所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フィンランド/ハメーンリンナ 
中世は1639年に制定された都市ハメーリンナは赤レンガで造られたハメ城、緑豊かなアウランコ自然保護区、そしてフィンランドを代表する作曲家シベリウス生誕の地として知られています。最近では村上春樹の小説の舞台にもなったことでその町の名前を耳にした方も多いのではないでしょうか。町の中心にあるの北のリトル・パンテオンとも呼ばれるローマのパンテオンをモデルにして設計されたハメーリンナ教会とマーケット広場から小さいながらも歴史と美しい自然の魅力あるれるハメーリンナを歩いてみませんか?

この記事の続きを見る


「音楽の家」のベートーヴェン展の一部
  • テーマ:
  • オペラ・音楽
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ウィーン 
1770年にドイツのボンで生まれたベートーヴェンは、57年の生涯のうち35年間をウィーンで過ごし、ウィーンで亡くなりました。2020年は彼の生誕250周年を祝い、様々な場所での特別展示やコンサートなどが企画されています。ベートーヴェンがウィーンで生活した場所はかなりの数になりますが、その中のいくつかは博物館として今でも残されています。彼がウィーンに住んでいた場所を訪れたり、彼の作品が上演された場所でのコンサートを楽しんでみたり・・・偉大な作曲家の功績をたっぷり味わえる1年になりそうです。

この記事の続きを見る


暖かく日差しのある日はテラス席が気持ち良い
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
今回ご紹介するのは、メトロ8号線Ledru-Rollin駅から徒歩3分ほどにあるHOSTARIA URBANA。にぎやかな大通りのRue Saint-Antoine Faubourgから一本入った道にあり、目の前はSquare Trousseau(公園)なので、街中でも比較的静かです。近くにはアリーグル市場もあります。このお店の発見は偶然でした。この日、友人と他の店で食事をすることになっていたのですが、入店時の店の人の対応が今一つに感じてしまったため、やめることに。他のお店をのぞいてみると、とても感じのよい(重要です)、笑顔を浮かべる可愛らしい店員さんがメニューを丁寧に説明にしてくれたので、それならここにしようと入ってみました。

この記事の続きを見る


エンセナーダで最高に美味しいマルガリータ・オン・ザ・ロック
  • テーマ:
  • お酒・バー
  • 行き先:
  • 中南米/メキシコ/エンセナーダ 
メキシコはお酒の名産地と言っても過言ではない。特にメキシコ発祥のお酒「テキーラ」は、お酒を飲まない人でも知っているほど有名なのではないだろうか。テキーラを使ったカクテルのマルガリータは、メキシコならどこでも気軽に飲めるポピュラーなカクテルである。特に観光客相手のメイン通りのお店では、ファッショナブルに演出されたカクテルもたくさん見かける。そんな華やかな雰囲気も旅気分を盛り上げてくれるけれど、今回はちょっと離れた地味なホテルの最上階にある、穴場のバーをご紹介。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。バトゥケイブに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介