page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「バミューダ」の見どころ情報

バミューダに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「バミューダ」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


世界遺産もある北大西洋のリゾートアイランド、バミューダの魅力とは?(前編)
  • テーマ:
  • 世界遺産
アメリカ人はクルーズ好きです。面倒な移動はなく、何しろ寝ている間に目的地に連れて行ってくれるのですから。船の中では食事も付いているし、食べて飲んでもすぐにベッドに帰ることができます。オールインクルーシブのホテルが移動しているようなものですね。そんなわけでアメリカ人に人気なのがカリブ海クルーズですが、今回は「カリブ海」というより、「北大西洋」といったほうがいいかもしれないバミューダをご紹介します。ニューヨークから空路で2時間、ニューヨーク発の7泊8日クルーズの定番の目的地なので、アメリカ人観光客が多いビーチリゾートです。

この記事の続きを見る


世界遺産もある北大西洋のリゾートアイランド、バミューダの魅力とは?(後編)
  • テーマ:
  • グルメ
英領バミューダ、前編からの続きです。観光業と並んでの島の重要な産業が金融業です。そのため、バミューダはタックス・ヘイブンの島として知られていますが、実は物価はまったく安くないんですよ。ほとんどの品物が輸入に頼っているので、輸送費がかかるからです。そのため、土産物を買うには不向きな場所でしょう。さらにホテルやレストランには10%以上の税がかかるので、お安くはないのです。現地通貨はバミューダ・ドルですが、米ドルと等価になっているので、バミューダでは米ドルがそのまま使えます。

この記事の続きを見る


大人から子供まで楽しめる、人気のゴールドコーストのテーマパーク
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • オセアニア/オーストラリア/ゴールドコースト 
美しいビーチ、高層ホテル群、大興奮のカジノ、豊富なテーマパークが存在し。グルメもショッピングもマリンスポーツも楽しめるゴールドコーストは、サウスポートからニューサウスウェールズ州との境まで続く広大なエリアを指します。年間の晴天日数は280日を超えると言われていて、燦々と降り注ぐ太陽の下で思う存分遊ぶことができます。人気のお店も多く、オーストラリアを代表するリゾート地帯なんですよ。

この記事の続きを見る


バミューダ動物園で写したカリブ海を背にした孔雀
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/カリブ・中南米ビーチ/ハミルトン 
バミューダ島はカリブ海の最も北に位置する島であり、ニューヨークから東へ向かい飛行機で2時間ほどの場所に浮かんでいる。「バミューダトライアングル」という言葉は一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。これはマイアミ、プエルトリコ、そしてこのバミューダを基点としたカリブ海にある三角地帯のこと。同島はベストシーズンの5月〜10月には欧米やカナダからの観光客であふれますが、実際にカリブ海の島々を旅した私が島の美しさにおいて一番インパクトの強かった島のひとつです。そんなカリブ海のバミューダ島を今日は紹介してみたく。

この記事の続きを見る


「バミ」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

ユトレヒト初の香港式飲茶専門店
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/ユトレヒト 
様々な国で見かける中華料理。しかしそれぞれの国々で、現地の人々の嗜好に合ったアレンジがなされているのをよく見かけます。なので一口に中華料理と言っても、日本や中国で見かけないものも多々あります。日本の例で言えば、元々ラーメンや餃子は中国から来たものですが、日本風に独自の発展をとげ、今では世界各国で日本料理として認識されています。オランダにおいてはオランダ式中華というのが昔からあり、主にナシと呼ばれるチャーハン、バミと呼ばれる焼きうどんのような焼きそば、サテと呼ばれる焼き鳥のピーナツバターソース掛けなどがポピュラーです。サテ、バミ、ナシはもともとインドネシア語ですが、インドネシア料理とも味が違い、中国や日本の中華料理とも味がまた違う、いわゆるオランダ式中華なのです。

この記事の続きを見る


御馴染みのサテとルンダンのセット
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/ユトレヒト 
オランダではインドネシアが旧植民地だったためインドネシア系住民も多く、インドネシア料理レストランが定着しています。オランダでのインドネシア料理の特徴として「ライスターフェル」があります。数多くの種類のおかずがコースとして供出される、オランダ独特のインドネシア料理スタイルです。フォーマルなレストランでライスターフェルを楽しめますが、ちょっと量が多いかも?と思う方もいらっしゃるでしょうか。そんな方はカフェテリアやデリ形式のお店に行くのもお勧めです。

この記事の続きを見る


ランダム更新!本日のおすすめ見どころ・ガイド記事

CMでお馴染みの「この木なんの木」はオアフ島モアナルア・ガーデンにあります
  • テーマ:
  • テレビのあの場所
  • 行き先:
  • ハワイ/ハワイ/オアフ島 
「このきなんのき〜♪きになる、きになるき〜♪」というCMソングでおなじみの大木。どこにあるかご存知ですか?ハワイ・ホノルル国際空港近く、モアナルア・ガーデンにあります。他の木が使われていた1979〜1984年を除き、1975年から現在に至るまで「この木なんの木」は、ホノルルにあるこの樹齢100年を超える大きな木が採用されてきました。芝生の公園で、横方向へ広く枝葉を伸ばす木の姿は、とても重厚な雰囲気をかもし出しています。

この記事の続きを見る


日本には未上陸のデザインがたくさん
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/デンマーク/コペンハーゲン 
デンマークでは、クリスマスが近づくと街の広場で期間限定のクリスマスマーケットが開かれます。デコレーションされた小屋が並ぶ小道を、クリスマスのホットワイン“グリュッグ”を片手に見て歩くのは、クリスマスらしさを感じるひととき。今回ご紹介するのは、デザイン好きな方におすすめしたいコペンハーゲンのクリスマスマーケット。現地のアーティストやデザイナーの手作りでおしゃれな小物類に出会える素敵な週末です。ご紹介する4つのマーケットのうち3つは屋内。この時期コペンハーゲンに遊びにきたらおすすめです!

この記事の続きを見る


Rymd
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スウェーデン/ストックホルム 
ストックホルムの歩行者天国通り、ドロットニングスガータンには、一流ブランドが出店する百貨店、オレーアンスをはじめ、日本でもおなじみのファッションブランドHアンドMや、Zaraなどが軒を連ねている。それぞれのショーウィンドウは、流行のファッションやグッズで彩られ、最先端ならではの魅力できらめいている。モダンなアイテム好きにはたまらないエリアだ。一方、品物の魅力は、新しいことだけではなく、作られたプロセスや、時代とともにはぐくまれた歴史もまた宿っている。そんな、時代が感じられる品々を集めたアンティークショップが、ストックホルムには意外と多いようにも感じられる。これは、古くなったらポイ、と捨てるのではなく、手直ししながら大切に使い続ける、というスウェーデンの人たちの心意気が影響しているのかもしれない。

この記事の続きを見る


デンマーク語でGammel
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/デンマーク/コペンハーゲン 
コペンハーゲン中央駅の隣Vesterport駅付近から始まるGammel Kongevej。ヴェスタブロ地区からフレデリクスベア地区にかけて続く通りで、昔の面影を残す古い建物が並びます。市内から近く、アパートが多い地域のため、地元の人が利用するすてきなショップやカフェがたくさん。コペンハーゲンらしさを感じるおすすめの通りです。今回は、Gammel Kongevejにある数あるショップの中からインテリアブランドBoConcept、ファッションブランドWood Wood、ヒュッゲなカフェIpsen&co、ケラミックペイントスタジオCreative Spaceをご紹介します。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。バミューダに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介