page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「バリ島 ヴィラ」の見どころ情報

バリ島 ヴィラに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「バリ島 ヴィラ」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果27

1 2 3 末尾 次へ


ユニークなプールの向こうには、みずみずしい緑の景色が広がる
  • テーマ:
  • ヴィラ・水上コテージ
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/バリ島(インドネシア) 
バリ島内で「ザ・バレ(ヌサドゥア)」「ザ・アマラ(スミニャック)」など、5軒の人気ヴィラリゾートを経営するライフスタイルリトリーツ社が、サヌールエリアにラグジュアリー リトリート「ザ・サマタ」をオープンさせた。大人に人気のレストランやショップが立ち並ぶサヌールの中心部から車で15分ほど北にあり、のどかな田園風景が広がるロケーション。忙しい毎日から解放されてのんびり&ゆったりすれば、ストレスなど溶けていってしまうだろう。

この記事の続きを見る


今回のリノベーションによって、プレミアヴィラのプライベートプールは32%ビッグに! ちなみに、プレミアオーシャンヴィラのプールは広さ17平方メートル!
  • テーマ:
  • リゾート
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/バリ島(インドネシア) 
バリ島のジンバランに1993年に開業。「広々としたヴィラ」、「全室プランジプール付き」を、いち早く取り入れたバリ島のリーディングリゾートです。2015年から進めていた改装が、プレミアヴィラとデラックスヴィラにおいて完了。より広く、よりラグジュアリーに、もちろんバリ島の豊かな伝統は大切にグレードアップしました。新しいリゾートが続々と登場するバリ島ですが、フォーシーズンズ リゾート バリ アット ジンバランベイの変わらぬ美しさ、心地よさはレベルが違います。憧れリゾートの頂点の美しき変貌ぶりを紹介してきましょう。

この記事の続きを見る


アユン川に向かって切れ込む渓谷にリゾートは展開。3世代が守る、築100年の寺院も敷地内に。地元の文化を大切にし、世界遺産の文化的景観、スバック・ファーミングの見学も無料で体験できます
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/バリ島(インドネシア) 
リッツ・カールトンの中でもワンランク上のリゾート・コレクション“リザーブ”待望の3軒目が、2015年8月バリ島ウブドに誕生。フォーシーズンズやアマンダリのほど近く、聖なるアユン川が大きく蛇行し、シラサギが羽を休めるライステラスが広がるピースフルな渓谷に展開しています。サンスクリット語で“寺院”を意味し、寺院を中心に展開する、ひとつの村のよう。“パティ”と呼ばれるバトラーが24時間サポートを行い、ゲスト一人ひとりとのつながりを大切にしたサービスに、“真のラグジュアリー”を感じることでしょう。

この記事の続きを見る


ロマンティックな天蓋付きのキングサイズベッドが普段の疲れを癒してくれるだろう
  • テーマ:
  • ヴィラ・水上コテージ
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/バリ島(インドネシア) 
ネットのクチコミサイトで常に上位を占めるほか、ワールドラグジュアリーホテルアワード、ワールドトラベルアワードなどに輝く人気ヴィラ「ザ・サマヤ スミニャック」が2011年からのリニューアル工事をようやく終え、この11月1日にリニューアルオープンした。リニューアル中はレストランとスパのみの営業だったため、多くのリピーターたちから「ヴィラにはまだ泊まれないのか?」という声も多く寄せられたという。バリ島のトレンド発信地スミニャックのビーチフロントに位置するこのヴィラは、そのロケーションの良さばかりか、スタッフのホスピタリティやサービスにも定評がある。今回のリニューアルでさらに使いやすくなり、ますます人気があがることは間違いないだろう。

この記事の続きを見る


すべてのヴィラにはプライベートプールがついている
  • テーマ:
  • ヴィラ・水上コテージ
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/バリ島(インドネシア) 
ウブドの郊外に位置する「ザ・サマヤ ウブド」は、スミニャックのビーチサイドにある「ザ・サマヤ スミニャック」の姉妹ヴィラ。インドネシア国内にチェーン展開しているホテル「サンティカ」系列のヴィラとして、2010年6月にオープンした。緑深いアユン渓谷沿いに建てられ、大自然の息吹を間近に感じることができるロケーションもさることながら、洗練されたデザイン、スタッフのホスピタリティの高さ、サービスの質の良さなどから、ネットのクチコミで大人気になっている。そのため、ハイシーズンは満室の日が多く、早めに予約しないと泊まれないこともあるそうだ。

この記事の続きを見る


ロイヤルプールヴィラのリビングとプライベートプール
  • テーマ:
  • ヴィラ・水上コテージ
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/バリ島(インドネシア) 
おしゃれなブティックや雑貨店、人気のレストランが建ち並ぶスミニャックエリア。ここを中心に遊びたいけれど、プライベート感のあるヴィラにも泊まりたいという人におススメなのが「ヴィラ・ジェラミ」だ。入り口はふたつあるが、メインストリートのラヤ・スミニャック通りからクンティ通りに入って徒歩約2分のところにあるレストラン「ワルン・ジェラミ」から入る方が簡単だろう。このクンティ通りも近年、レストランやショップがどんどん増えて、この辺りを歩くだけでもまったく飽きないようなところだ。ヴィラ・ジェラミには、1〜3ベッドルームの3種類があり、1ベッドルームと3ベッドルームにはプライベートプール付きのロイヤルプールヴィラもある。すべてのヴィラにオープンエアのリビングルーム、ダイニングキッチン付きなので、広々とした空間の中で過ごすことができるというのも、うれしいポイントのひとつ。

この記事の続きを見る


バリ島のライステラスを模したデザインのプール。上の3段が子ども用だ
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/バリ島(インドネシア) 
バリ島でいちばんおしゃれなエリアとして人気のスミニャック〜クロボカン。ここに2011年3月、世界規模の大型ホテルチェーン「スターウッド」のアッパーブランド「Wリトリート」がオープンした。小〜中規模のヴィラやホテルがほとんどのこのエリアに出現した全237室のビッグリゾートは、地元観光業界の話題を独占しているといっても過言ではないだろう。ただ大きいだけではない。「デザインホテル」という言葉は、ニューヨークで産声をあげたこのブランドのために生まれた。そのため、バリ島に誕生したこのリゾートにも、まさにアーティストの聖地ニューヨークらしい、おしゃれで気の利いた遊び心をあちこちに発見することができる。このブランドがセレブたちに愛されてきた理由もそこにあるのだ。

この記事の続きを見る


いちばん大きなカバナはインド洋に突き出る形になっている。水嶋ヒロの挙式もここで行われた
  • テーマ:
  • ヴィラ・水上コテージ
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/バリ島(インドネシア) 
2010年10月3日、日本のイケメン俳優水嶋ヒロと歌手の絢香が結婚式を挙げたことで話題になった「アリラヴィラス・ウルワツ」。このヴィラがインド洋を望むウルワツの地に登場したのは2009年6月のことだ。シンガポールに本拠地を置くアリラグループが経営する、バリ島3つ目のリゾートであり、初のヴィラタイプとして注目された。ここではプールサイドや各ヴィラ内に廃材をリサイクルしたカバナ(東屋のようなもの)が置かれ、このリゾートの象徴的存在となっている。そのなかでもいちばん大きなものはインド洋に突き出るように設置されていて、ここからの景色は圧巻。水嶋ヒロと絢香の挙式もここで行われた。

この記事の続きを見る


ナシアヤム・スペシャルRp.25,000(約230円)
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/バリ島(インドネシア) 
バリ島でスミニャックのオベロイ通りといえば、世界各国から集まったシェフたちが腕をふるうレストランがずらりと並ぶグルメストリートとして有名だ。2車線しかない通りは夜な夜な車でいっぱいになり、美味しいディナーを求めて繰り出す人たちで賑やかさを増す。けれど、ここから少し入っただけのところにあるナシアヤム専門店のことは、ツーリストには意外と知られていない。「ナシアヤム・クデワタン・イブマンクゥ」という長い名前のこの店は、ウブドのクデワタン地区に本店があり、創業して45年ほどにもなる老舗だ。昔ながらのかまど炊きにこだわったその味は、ロコや在住外国人から大きく支持されている。ナシアヤムというのは鶏肉(アヤム)がメインのナシチャンプル。ひと皿でいろいろな調理法の鶏肉が楽しめるので、ぜひ一度トライしてみてほしい。

この記事の続きを見る


ピンクがテーマカラーになっているヴィラのリビング&ダイニングキッチン
  • テーマ:
  • ヴィラ・水上コテージ
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/バリ島(インドネシア) 
2010年10月1日、バリ島にまたひとつ新しいヴィラがオープンする。ハワイを拠点に世界展開するホテルグループ「アストン」がマネージメントを手がける「ヌサドゥア リトリート ブティックヴィラ リゾート&スパ」だ。場所はヌサドゥアのバイパス・ングラライから枝道に入り、ぐいぐいと斜面を登ったところで、周りには手つかずの自然が残されている。日々の忙しい生活から逃れて心身ともにリラックスしたいのなら、繁華街の喧噪から離れたこんな静かなロケーションがピッタリだろう。それでもショッピングや街グルメ、ビーチなどに行きたくなったら、無料シャトルバス(クタ地区1日2回、ヌサドゥア地区と指定ビーチには1日何回でもOK)が利用できるほか、リクエストすれば有料送迎もしてもらえるので、「ずっとヴィラにいて飽きてしまったらどうしよう」などという心配もいらない。

この記事の続きを見る


1 2 3 末尾 次へ


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。バリ島 ヴィラに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介