page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「バリ島 映画 ロケ地」の見どころ情報

バリ島 映画 ロケ地に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「バリ島 映画 ロケ地」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


オレンジ色から紫色に輝く空と海が、タナロット寺院のシルエットを浮かびあがらせる
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/バリ島(インドネシア) 
バリ島で最も有名な観光地のひとつ、タナロット寺院。スミニャックから車で30分ほどの距離にあり、そのサンセットの美しさは世界各国の人たちから賞賛されている。少し古いけれど、映画「エマニエル夫人」のロケ地になったことでも有名だ。この寺院は海岸からすぐのところにある小島の上に建っているため、夕日が赤く沈むころには寺全体がシルエットになって浮かび上がる。これが見事なまでに素晴らしい眺めなのだ。そのころになると、あたりにはシャッター音が響き渡り、この眺めをひと目見ようと集まって来た人たちの感嘆のためいきさえ聞かれるほど……。

この記事の続きを見る


「バリ島 映画」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

動物が暮している様子を再現したジオラマ展示。これはコモドドラゴン
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ニューヨーク 
「アメリカ自然史博物館を徹底解説【フロアガイド編】 その2」からの続きです。アフリカの動物展示は、2階から3階への吹き抜けのホールに配置されており、その3階部分はサバンナやジャングルなどのシーンからなるジオラマ展示になっています。この3階の動物展示での人気のジオラマは、爬虫類コーナーのコモドドラゴンでしょうか。コモドドラゴンはインドネシアのコモド島に棲む、体長3mもある世界最大のトカゲです。ここでは野生のブタを捉えている様子が再現されています。

この記事の続きを見る


森の中は虫よけスプレーが必要
  • テーマ:
  • 家族で海外旅行
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/バリ島(インドネシア) 
バリ島は子どもと一緒にいろんな体験ができるので、リピーター家族が多いのにも納得。ツリートップアドベンチャーパークも家族におすすめのアトラクションのひとつです。クタから車で約75分北上するベドゥグルという場所にあり、早めに予約をしないといっぱいになってしまうほどの大人気。森の中にある5つのサーキットを吊り橋や網、フライングフォックスなどをターザンのように木から木に飛び移ります。地上2〜20メートルの高さなのでかなりエキサイティング。しっかりとハーネスをつけ、デモンストレーションの説明を受けてから挑戦するので安心です。6歳以下の子ども用にはちびっこサーキットもあり、家族全員で楽しめます。詳細はwww.balitreetop.com

この記事の続きを見る


  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • アジア/ネパール/カトマンズ 
旅先で自然と耳に入ってくる音楽が、いつの間にかその旅行の思い出のBGMとなってしまうことがありませんか? 私の場合、インドではそのとき流行していたインド娯楽映画の主題歌が、バリ島ではガムランの音色が、脳内でループ再生してしまいます。それにしても、そんなご当地の音楽ならまだいいのですが、「なぜここでいまだにそれを…」と、あまりの“ベタな”選曲に苦笑してしまうことも、ままあるのですよね。

この記事の続きを見る


旅先の本は普段より深く読める
  • テーマ:
  • 物語のあの場所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/ローマ 
普段あまり本を読まない人でも、海外旅行に出かけるときに本を持って行く人は多いでしょう。移動中や乗り継ぎの待ち時間に読むため、という人がほとんどでしょうが、旅先ではなぜか本の内容がいつもより深く心に刻まれるもの。ぜひとも繰り返し読みたくなるようないい本を持参したいものです。出版は少し前になりますが、そんな海外旅行のお供として今回私がおすすめしたいのが、エリザベス・ギルバート著の『食べて、祈って、恋をして』(RHブックス・プラス)です。

この記事の続きを見る


おススメのクラシックチーズバーガーRp.49,500(約490円)
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/バリ島(インドネシア) 
2012年9月、クタエリアのサンセットロードとデウィスリ通りの交差点にオープンした「コズミックダイナー」。「マクドナルド」や「スターバックス」と同じ建物にあるので、非常にわかりやすいロケーションだといえるだろう。オープンしてまだ半年ほどにしかならないが、店内の明るい雰囲気や味の良さ、この便利なロケーションなどがあいまって、あっという間に人気店になった。在住外国人をはじめ、アッパークラスやミドルクラスのロコたちにも評判が良く、家族連れ、カップル、友だち同士など、いろいろなタイプの人たちが連日集まって来ている。

この記事の続きを見る


1983年に創業したヌサドゥア地区で最初の5ツ星リゾート
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/バリ島(インドネシア) 
コーヒー派、紅茶派、どちらかと聞かれれば紅茶派ではあるのですが、それでも一度飲んでみたいなぁと思ったのが、今回ご紹介する“世界一高価”ともいわれるコーヒー、コピ・ルアク。その希少性から“幻のコーヒー”とも呼ばれ、100g4000円くらいで流通されているようです。そのコピ・ルアクがバリ島のリゾートで味わえるのです! バリ島のヌサドゥア地区にあるヌサドゥア・ビーチ・ホテル&スパのロビー・バーで新しく取扱いがスタートしました!

この記事の続きを見る


空の色に椰子の木のシルエットが映える、ラ・ルチオーラの前庭。撮影したのは日曜日だったので、目の前のビーチには地元の人たちがたくさん夕涼みに来ていた
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/バリ島(インドネシア) 
バリ島にはサンセットの名所と言われている場所がいくつもあるけれど、今回ご紹介するのもその中のひとつ。スミニャックのはずれにあるカユアヤビーチに建つレストラン「ラ・ルチオーラ」だ。この店は土台を高くし、海に向かってオープンエアになっているので、まるで映画のスクリーンを見ているように、太陽と雲の織りなす美しいサンセットが堪能できる。しかも、敷地とビーチの境目に一直線に植えられた椰子の木が優雅なシルエットとなって浮かび上がり、ほかでは味わえないような「熱帯サンセット」が満喫できるのだ。これはなかなか心憎い演出だと思う。

この記事の続きを見る


「映画 ロケ地」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

創立900年のSaint
  • テーマ:
  • オペラ・音楽
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
フランスの作曲家、エリック・サティ(1866〜1925)をご存知でしょうか。彼の曲はテレビ番組やCM、ゲームなどに使われているので、顔や名前を知らなくても、耳にすればきっと聴いたことがあるはずです。エリック・サティは1866年にノルマンディー地方のオンフルールで生まれました。パリ音楽院を辞めたあとは、1887年にパリのモンマルトルのキャバレー『黒猫』の専属ピアニストとして活動したり、舞台曲や歌曲なども創作しています。しばしばサティは謎めいていて、つかみどころがないと表現されます。多くの著名人らの裕福な生活ぶりとはほど遠い、質素な生活を続けていたようです。そんなサティが1925年に亡くなるまで過ごしたパリ郊外の街、アルクイユを歩いてきました。

この記事の続きを見る


ライム・リージスの防波堤コブ
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イギリス/エクセター 
ドーセット州の特別自然美観地域に位置する海辺の町ライム・リージス。ライム・リージスは、ドーセット州からデボン州東部まで続く約153kmの海岸線、ジュラシック・コーストと呼ばれる世界遺産の一部でもあります。ジュラシック・コーストからは数々の化石が発見されたり迫力のある海岸線が見られるので、アウトドア派にもぴったりなエリアです。(以前のジュラシック・コーストに関する記事はhttps://www.ab-road.net/europe/uk/london/guide/04948.html)

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。バリ島 映画 ロケ地に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介