page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「バリ島 正月料金」の見どころ情報

バリ島 正月料金に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「バリ島 正月料金」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


バンコクの中心部の凄まじい交通渋滞
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
(その1より続く)数年前まで、東南アジアツアーといえば、ガチガチのパックツアーが割安でした。例えば、タイ4日間で、バンコクの水上マーケットやエメラルド寺院を見学、アユタヤでは世界遺産の遺跡見学、若干のフリータイムのほか、移動途中ではお土産屋に立ち寄りショッピング。三食食事付きで、ホテルは中級クラス以上で快適。こんなツアーのいいところは、日本の空港まで行けば、あとは係員が荷物出しなど手伝ってくれ、現地では現地ガイドと専用バスがあり、何も困ることなく旅ができるのです。しかも往復航空券を買うより格安で旅行ができたものです。しかし最近は、料金は4日間で10万円弱と、とくに格安でもなくなり、数も少なくなっています。ネットで調べる時は「タイ観光付きツアー」で検索してください。一般的なツアーというより、2番手のツアーになっているのです。

この記事の続きを見る


ホテルから一歩も出られない! バリ島の新年「ニュピ」とはいったいどんな日?(前編)
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/バリ島(インドネシア) 
東南アジアのビーチリゾートとしては、タイのプーケット島と人気を二分するといっていいのがインドネシアのバリ島です。ここには日本人だけではなく、オーストラリア、台湾、中国、ヨーロッパ人など、世界中の観光客がやってきます。季節は大きく分けると、11〜3月の雨季と4〜10月の乾季に分かれていますが、近年は世界的な気候変動の影響で一ヵ月ほどズレ込むこともあるようです。旅のベストシーズンは乾季ですが、マリンスポーツなどをしないなら、雨季でも観光には大丈夫でしょう。ただ、バリへ行くならそれよりも注意しなければならない日があります。

この記事の続きを見る


ガイド記事

掲載日:2013-10-22
バリ島への旅行準備
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/バリ島(インドネシア) 
■治安バリ島の治安は良い方ですが、置き引きやバイクを使ったひったくりなどは発生しています。お財布やカメラ、携帯などは外に出しておかない、荷物は道路側に持たないなどの注意はしておきましょう。また、最近では、観光客に声をかけてお土産屋に誘い、高い値段で商品を買わせてコミッションを稼ぐ日本人女性も出没しています。■トラブルに巻き込まれた時パスポートを紛失したり、盗難にあったりした時は、すみやかにご利用の旅行代理店に連絡しましょう。ほとんどの旅行代理店にバリ支店があり、日本人スタッフが常駐しています。代理店を通さずに旅行していてパスポートを紛失した場合は、デンパサールの日本領事館に連絡して再発行手続きを申請します。■マナーや宗教人口の90%以上を占めるバリ・ヒンドゥー教に限らず、インドネシアのイスラム教やキリスト教でも、人の頭に触ることは厳禁とされています。たとえかわいい子どもがいても、決して頭をなでたりしてはいけません。・チップチップは特に必要はありませんが、ホテルのスタッフなどに特別なお願いをしたときなどは、気持ちとしてチップを渡すと良いでしょう。・喫煙や飲酒飲酒の習慣はほとんどありませんので、酔っぱらって騒ぐことも控えた方が賢明です。喫煙率は高く、吸える場所もたくさんあります。

この記事の続きを見る


信心深いバリの人たちは1日2回、家寺をはじめ、家内の火の神様、水の神様などにお供え物と祈りを捧げる
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/バリ島(インドネシア) 
バリ島にはウク歴とサカ歴という旧暦があり、バリ・ヒンドゥー教のほとんどの行事がこの暦によって決められている。西暦によるお正月などの行事は、外国人観光客のために大型ホテルや一部のレストランで行われるだけで、一般家庭ではなにもしないのが普通だ。ところが、この旧暦で決められたお正月(ニュピ)は、前夜祭のオゴオゴとともに島をあげての一大行事。ニュピは「静かに過ごすこと」がすべての人に義務づけられているので、大声を出したり、火を使ったり、仕事をしたりすることばかりか、夜に明かりをつけることや外出することさえも禁じられている。そのせいで、ニュピを含む日程での旅行はツーリストたちから敬遠されがちなのだけれど、私はあえてオススメしたいと思う。

この記事の続きを見る


足つぼを的確にとらえたマッサージには定評がある
  • テーマ:
  • 癒し
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/バリ島(インドネシア) 
買い物天国バリ島。あれもかわいい、これもステキとショップ巡りをしているうちに、気がつくと足がパンパン……なんてこともよくある話。そんな時には本格フットリフレクソロジーの「ケンコー」がオススメだ。この店のフットリフレクソロジーは中国式の足ツボマッサージだけれど、痛くて飛び上がるというほどでもない。「イタ気持ちいい」程度の適度な刺激がたまらなく気持ちいいのだ。これがたったのRp.40,000(約440円/30分)というオドロキのプライス。買い物途中に休憩がてらちょこっと寄って、すっきりするにはうってつけだろう。

この記事の続きを見る


オゴオゴのハリボテ人形。伝説の人物が現代的なサーフィンをしているところがおもしろい
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/バリ島(インドネシア) 
バリ島にはウク歴とサカ歴という旧暦があり、バリ・ヒンドゥー教のほとんどの行事がこの暦によって決められている。西暦によるお正月などの行事は、外国人のために大型ホテルや一部のレストランで行われるだけで、一般家庭ではなにもしないのが普通だ。ところが、この旧暦で決められたお正月(ニュピ)は、前夜祭のオゴオゴ行列とともに島をあげての一大行事。ニュピは「静かに過ごすこと」がすべての人に義務づけられているので、大声を出したり、火を使ったり、仕事をしたりすることばかりか、夜に明かりをつけることや外出することさえも禁じられている。そのせいで、ニュピを含む日程での旅行はツーリストたちから敬遠されがちなのだけれど、私はあえておススメしたいと思う。

この記事の続きを見る


「バリ島」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

南国フルーツを使ったジャムが大人気
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/バリ島(インドネシア) 
KOU CUISINEは、有名オーガニックソープ専門店「KOU」の姉妹店にあたる食材店。KOU同様、余計なものを極力加えていない自然派商品を販売しているのが特徴です。主力商品はインドネシア産のフルーツから作られたジャムと、バリ島・クサンバ村産の天然塩ということですが、観光客にはフルーツの自然な甘みを楽しむことができるジャムの人気が特に高い模様。マンゴーやパッションフルーツなど、南国ならではの果実を使ったジャムは日本へのお土産にぴったりですよね。

この記事の続きを見る


独特の景観美を誇るタイのリゾート地、クラビ。南国の日差しの下では、開放的に!
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/クラビ(タイ) 
今度の休暇には日本を抜け出して、アジアのビーチで過ごしてみようという方もいらっしゃるのではないでしょうか。タイやマレーシア、バリ島などのビーチリゾートは、いつ行っても楽しさいっぱい! ここでは初めてアジアンリゾートへ旅立つ場合、どんなものを持っていけばいいのか、主にファッションアイテムについて提案します。まず欠かせないのが「水着」ですね。好きなものを着ればいいのですが、どちらかというとワンピースより、ビキニなどセパレートタイプがおすすめです。現地のプールなどにいる欧米人はほぼビキニなので、ワンピースの水着だと逆に目立つような…。堂々とビキニを着こなしている欧米人たちの中にいると、自分の体型の悩みなど、きっとどうでもよくなりますよ!

この記事の続きを見る


インド洋を目の前に、緑の多いゆったりしたガーデンとヴィラが素敵なリッツカールトン・バリ
  • テーマ:
  • ビューティー
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/バリ島(インドネシア) 
空港からの高速道路が整備され、ぐっと行きやすくなったヌサ・ドゥア。きれいに区画整理されたバリ島有数のリゾート地区です。いくつもの大型で素敵なホテルがあり、ファミリーで訪れるにも最適。敷地内でのアクティビティも多く、外へ出なくても十分楽しめるのがうれしいところです。そんなリゾートのひとつ、リッツカールトン・バリでとてもユニークなアクティビティを見つけました。

この記事の続きを見る


動物が暮している様子を再現したジオラマ展示。これはコモドドラゴン
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ニューヨーク 
「アメリカ自然史博物館を徹底解説【フロアガイド編】 その2」からの続きです。アフリカの動物展示は、2階から3階への吹き抜けのホールに配置されており、その3階部分はサバンナやジャングルなどのシーンからなるジオラマ展示になっています。この3階の動物展示での人気のジオラマは、爬虫類コーナーのコモドドラゴンでしょうか。コモドドラゴンはインドネシアのコモド島に棲む、体長3mもある世界最大のトカゲです。ここでは野生のブタを捉えている様子が再現されています。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。バリ島 正月料金に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介