page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「バルセロナ カフェ おすすめ」の見どころ情報

バルセロナ カフェ おすすめに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「バルセロナ カフェ おすすめ」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


人で溢れるバルセロナ旧市街でひと息つくのにおすすめ 〜海洋博物館〜
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スペイン/バルセロナ 
バルセロナのミュージアムには、歴史的な建造物を利用したものがいくつかあります。中世のお金持ちの邸宅を改築した『ピカソ美術館』や、モデルニスモの建築家モンタネールが設計した出版社の建物を改装した『アントニ・タピエス美術館』は、展示してある作品とともに建物自体もまた見どころといえるでしょう。ゴシック地区の中心を貫くランブラス通りの南端に位置する『海洋博物館』は、‘征服王’として名を馳せたアラゴン王、ハイメ1世の命によって13世紀に建てられた、王立造船所の建物を利用しています。18世紀までの間、この建物は実際に造船所として使われていました

この記事の続きを見る


「バルセロナ カフェ」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

バルセロナのゴシック地区にある、カテドラル前の広場
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スペイン/マラガ 
「スペインが生んだ偉大な画家ピカソの足跡を訪ねて/マラガ編」に引き続き、ここからはバルセロナ編です。1891年、ピカソ10歳のとき、一家はガリシア地方のラ・コルーニャに移住します。ピカソは翌年、地元の美術学校に入学。その数年後の1895年、一家はバルセロナに移住します。当時のバルセロナは産業革命に湧く活気のある大都市で、都市が再開発され、1888年には万博も開かれていました。ガウディやモンタネールといったモデルニスモの建築家たちの建物が街に並び、グエル邸の竣工も1888年です。サグラダファミリアも建設中でした。画家のミロも1893年にバルセロナで生まれています。ピカソの才能はこの頃には開花しており、1897年に描いた作品「科学と慈愛」が作品展に入賞します。ピカソ16歳の時でした。1900年にピカソは初めてパリへ行き、その後はパリとバルセロナを往復することになります。

この記事の続きを見る


SANDWICHES。ファーストフードといっても質の良いものにこだわり、雰囲気のよいカフェ。
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スペイン/バルセロナ 
バルセロナ中心地にはにはカフェ、BAR(バル)など見つけるのに困ることはないといわれるほど、沢山あります。昔ながらのカフェやバルは地元の人の集い場だったりするので、観光客には入りにくい雰囲気だったり、躊躇してしまうところもあるかもしれません。地元のバルに入ってメニューもなく英語も通じない、ジェスチャーで注文したり・・・会計頼むにも時間がかかったり・・・!それもそれで旅の思い出としては楽しいでのですが、今回は観光客に便利なチェーンで展開している人気カフェをご紹介します!どのお店もキャッシュオンデリバリーで分かりやすいのが観光客には安心です。

この記事の続きを見る


MAREA BAJAからのバルセロナの絶景。360度街全体が見渡せ、サグラダファミリアも見える!
  • テーマ:
  • お酒・バー
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スペイン/バルセロナ 
旧市街メインストリート、ランブラス通りを歩いているとコロンブスの像の近くにある、高い建物EDIFICIO COLONが目につくことでしょう。1970年、バルセロナで初めて建設された100メートル以上の建造物です。バルセロナでは最近になって高層ビルが建てられるようになりましたが、旧市街にはほとんどないことから、旧市街ではシンボル的な建物でTORRE COLON(コロン タワー)との愛称で呼ばれいます。オフィスビルだったこのビルの最上階部分に2016年夏にレストラン(24階)、カフェバー(23階)がオープンしました。

この記事の続きを見る


美しい自然の中にあるヴィックのパラドール。湖の景色が楽しめます。
  • テーマ:
  • 大自然
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スペイン/バルセロナ 
スペインのホテルチェーン、パラドール(PARADOR)はスペインの国営ホテルチェーンです。もともと中世の古城や修道院、宮殿など歴史的に価値のある建築物を改装して宿泊施設となっていたり、その土地の自然が楽しめるなど非常に恵まれたところに建てられているなど、それぞれのパラドールが特徴があり、国内ならず海外からの観光客にも人気です。現在ではスペイン全国に95のホテルを展開しています。

この記事の続きを見る


バルセロナ郊外最大規模の蚤の市MERCANTIC
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スペイン/バルセロナ 
古き良きものを大切にするヨーロッパ。蚤の市は日用品から高級品までなにか面白いものがないかと楽しみながら歩く人で賑わいます。バルセロナにもいくつか蚤の市がありますが、今回お勧めしたいのがバルセロナ郊外SANT CUGAT(サン クガット)で行われているMERCANTIC(メルカンテック)。近郊電車でカタルーニア広場からのアクセスもよく、アンティーク好きはもちろん、そうでない方にもお勧めしたいスポットです。

この記事の続きを見る


舞台に近い客席はフラメンコの情熱を間近に感じる!音と踊りの一体感は何とも言えない
  • テーマ:
  • オペラ・音楽
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スペイン/バルセロナ 
フラメンコはアンダルシア発祥の民族舞踊。もしアンダルシアに訪れるならぜひともアンダルシア滞在中に本場のタブラオでのフラメンコ鑑賞をお勧めしますが、バルセロナでもフラメンコを見に行きたいという人も中にはいることでしょう。バルセロナでは歴史的にフラメンコの文化が根付いているわけではありませんが、バルセロナにもスペインの観光代表都市として、観光客向けにタブラオも多くあり、スペイン二番目の都市として質の高いフラメンコダンサー、ミュージシャンが集まっているのです。

この記事の続きを見る


このブロックは代表モデルニスムの建築が並びアマトリェール邸、バトリョ邸、とリェオ・モレラ邸はどれも個性的で”不調和のブロック”と呼ばれています。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スペイン/バルセロナ 
モデルニスム建築が立ち並ぶ、バルセロナのメインストリート、グラシア通り(PASEO DE GRACIA)。世界遺産として認定されているガウディの代表傑作バトリョ邸(Casa Batllo)そしてその隣に並ぶ、アマトリェール邸(Casa Amatller)の個性的建築はバルセロナを訪れる多くの人々を魅了し、バルセロナを代表する景観をなっています。アマトリェール邸は長い修復期間を経て、2015年より一般公開となりました。

この記事の続きを見る


バルセロナの魅力ともいえるモデルニスモ建築。ガウディーを代表にパセオ・デ・グラシアに立ち並ぶ。建物はカフェやレストランとしても利用されている
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スペイン/バルセロナ 
バルセロナというと、サグラダ ファミリアを始めとするガウディによる建築。世界遺産にもガウディの作品群として登録され、建築目的に訪れる人も多いのではないでしょうか?パセオ・デ・グラシアなどの新市街のメインストリートにはガウディと同時期に活躍したモデルニズモの建築が立ち並び、町を彩ります。今回モデルニスモ建物を利用したカフェテリアをご紹介いたします。

この記事の続きを見る


ミシャのイラストが素敵なアマトリェールのチョコレート
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スペイン/バルセロナ 
バルセロナを代表する建築家といえば、サグラダ・ファミリアで知られたアントニ・ガウディの名がまず挙がりますが、同じ時代に名を馳せた名建築家のひとりにプッチ・イ・カダファルクという人がいます。ガウディの作品であるカサ・バトリョの隣に建つ、華やかで美しい家が彼の作品のひとつ、カサ・アマトリエールです。モデルニスモの代表的建築であるこの建物は、1797年にスペインで最初にチョコレート屋を創業した“チョコレート王”アマトリェール家の邸宅として造られ、1900年に完成しました。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。バルセロナ カフェ おすすめに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介