page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「バルセロナ 海岸 オブジェ」の見どころ情報

バルセロナ 海岸 オブジェに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「バルセロナ 海岸 オブジェ」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


フランク ゲーリー作品のFLYING FISH。バルセロナのビーチの顔ともいえる、巨大な魚。その大きさに圧倒されます!
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スペイン/バルセロナ 
バルセロナは地中海に面した街。旧市街から少し離れたところに、BARCELONETA(バルセロネータ)という海岸があります。この海岸は真夏になると海水浴をする多くの人で賑わいます。夏にバルセロナを訪れ、地中海の海水浴も楽しみたいという人にとっては手軽に海水浴を楽しむことができることでしょう。残念なのは日中は人が多いこと…そこで意外にお勧めなのが、真夏以外なのです。天気の良い日に海岸線を、地中海を眺めながらの散歩は忘れられない思い出として残ることでしょう。

この記事の続きを見る


「バルセロナ 海岸」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

旧市街を背景に美しい海岸が続くコリウール。
  • テーマ:
  • ビーチ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スペイン/バルセロナ 
スペインとフランスの国境近くに位置するコリウール。地中海に面している、人口3000人ほどの小さな町です。スペインの国境まで20キロほどのところにあります。17世紀後半まではスペインのスペイン領であったため、スペインの文化の影響がつよく、町を歩くとタパス料理などのスペイン料理レストランも多く、カタルーニャの国旗も掲げられていたり、スペイン語も通じる人も多くいます。

この記事の続きを見る


グエル邸の中心部となる中央の大サロン。ここで招待客を招いて、コンサートなどのイベントが行われた
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スペイン/バルセロナ 
「天才建築家ガウディを支えた実業家グエルとは? 2人のコラボ作品を見て回る」その2からの続きです。グエル邸の依頼があった当時、ガウディはサグラダ・ファミリアの建築も始めていました。ただし、グエル邸の方はふんだんな予算があり、ガウディは初めて、“ガウディらしさ”全開の建物を設計することができたのです。面積はビル3軒分で、大きな庭もなく、当時の豪邸としてはかなり小ぶりです。しかしグエルは、単に住むための家ではなく、友人たちを招いて演奏会や展覧会もできる社交サロンにもなるような家を求めていました。

この記事の続きを見る


スペイン広場から見えるカタルニア美術館(MNAC)エスカレーターもあり意外と上まで行くのも楽
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スペイン/バルセロナ 
バルセロナ市内にあるモンジュイックの丘。緑も多く、公園、美術館などもあり、バルセロナ市民にとって憩いの場となっいます。近代では頂上にあるモンジュイック城は要塞としての役割を果たし、フランコ時代には政治犯の刑務所となったというく歴史もありますが、1929年のバルセロナ世界万国博覧会の会場、そして1992年のオリンピックのメイン会場となったことでモンジュイックは大きく変わり、現在のようなバルセロナのランドマークと変わっていったのです。 観光客にとってモンジュイックの丘というと夜の噴水ショーが有名ですが、今回は日中の楽しみ方を紹介したいと思います。

この記事の続きを見る


MAREA BAJAからのバルセロナの絶景。360度街全体が見渡せ、サグラダファミリアも見える!
  • テーマ:
  • お酒・バー
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スペイン/バルセロナ 
旧市街メインストリート、ランブラス通りを歩いているとコロンブスの像の近くにある、高い建物EDIFICIO COLONが目につくことでしょう。1970年、バルセロナで初めて建設された100メートル以上の建造物です。バルセロナでは最近になって高層ビルが建てられるようになりましたが、旧市街にはほとんどないことから、旧市街ではシンボル的な建物でTORRE COLON(コロン タワー)との愛称で呼ばれいます。オフィスビルだったこのビルの最上階部分に2016年夏にレストラン(24階)、カフェバー(23階)がオープンしました。

この記事の続きを見る


ミハスは美しい!
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スペイン/ミハス 
スペイン南部のアンダルシア地方では、なんといっても白い村に行ってみたいですね。イギリス人やドイツ人など、多くの外国人が長期滞在、あるいは移住している村もあるほど人気です。もっとも手頃な距離にあるのが、海岸線から少し入った小高い丘の上にある村、ミハスです。南部の中心地マラガから列車で約50分、フエンヒローラで下車します。途中の海岸線には、外国人が多く住むマンションが建ち並び、海のリゾート風の景色が楽しめます。フエンヒローラからはバスで登り坂を行きます。列車もバスもたくさんあるので、時刻表を気にすることはありません。徐々に白い村、ミハスが見えてきます。山の中腹あたりから白い家並みがびっしりと斜面にへばりつくように建っています。「ワッ! きれい!」。初めて見た観光客の声が、各国語でバスの車内に、小さなため息ともに広がるのです。

この記事の続きを見る


シティ&ビーチを欲張りに楽しもう!〜バルセロナ近い、おしゃれな街シッチェス
  • テーマ:
  • ビーチ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スペイン/シッチェス 
今回は、スペインのバルセロナから南西へ35Km行った所にある、シッチェスをご紹介しましょう。地中海側に面したこの町は、季節を問わず観光客に人気。映画祭やカーニバルでも有名ですが、1年で一番観光客が訪れる季節は夏! みんなの目的はビーチなんです。シッチェスのビーチは、「コスタドラーダ(黄金の海岸)」とよばれる一帯に属しています。鉄道駅から南へ下って行くと、やしの木の並ぶ遊歩道にぶつかり、そこを抜けるとビーチが広がっています。大都市から簡単に、南国ムードたっぷりのリゾート地に到着します。

この記事の続きを見る


シティ&ビーチを欲張りに楽しもう!〜マヨルカ島のパルマ・デ・マヨルカ
  • テーマ:
  • ビーチ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スペイン/マヨルカ島(バレアレス諸島) 
スペイン東、地中海に浮かぶのバレアレス諸島の中で、最も大きい島がマヨルカ島です。島の中心都市パルマ・デ・マヨルカなら、水のきれいなビーチが充実している上に、シティ観光も楽しむことができます。温暖な気候なので、観光だけならどの季節に訪れてもいいのですが、ビーチと一緒に楽しむなら6月からとなります。バケーションシーズンも始まると、「ここは本当にスペイン?」と疑うほどに、世界各国から観光客が訪れます。ではまず、町の見所からご案内していきましょう!

この記事の続きを見る


すごい! オペラに興味がなくても、感動する! 豪華すぎるリセウ劇場
  • テーマ:
  • 劇・ミュージカル
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スペイン/バルセロナ 
バルセロナのカタルーニャ広場から海岸へと伸びるランブラス通り。その中間地点で、ひときわ大きな建物が見えたら、それがリセウ劇場です。1847年に私有のオペラハウスとして創業されて以来、現在でもオペラ、バレエ、クラシックコンサートなどが行われています。演目を観に行く目的でなくても、見学ツアーに参加するとこの劇場の中へ入ることができます。1861年と1994年に2度の火災によって建て直しが行われたので、建築的観点からはあまり価値がないと思っていました。ところが、ツアーに参加すると、思わぬ発見がありました。

この記事の続きを見る


別名『海のカテドラル』。バルサのエンブレムのステンドグラスがある美しい教会とは!?
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スペイン/バルセロナ 
バルセロナの教会といえば、世界的に有名なのはサグラダ・ファミリアです。次いで多くの人が訪れるのがカテドラルでしょうか。私のおすすめは、旧市街の東のボルン地区にある美しい教会「サンタ・マリア・ダル・マール教会」です。昔、ボルン地区には地中海貿易で財を成したお金持ちや、船乗りたちが多く住んでいました(ピカソ美術館は、その頃のお金持ちのお屋敷5軒を改装して造られています)。サンタ・マリア・ダル・マール教会は14世紀に船乗りたちによって造られ、船乗りたちはこの教会の聖母マリアに航海の安全を祈願していたのでした。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。バルセロナ 海岸 オブジェに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介