page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「バンコク 食器」の見どころ情報

バンコク 食器に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「バンコク 食器」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果20

1 2 末尾 次へ


チャーハンや唐揚げ、パッタイなどなど。タイの定番料理ならなんでも揃う!
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
2017年12月末までに全ての公道での屋台営業を禁止するという衝撃的な発表がされてから数年。シーロムやスクムビット(ナナ〜アソーク間)の名物、お土産露店が姿を消したのを皮切りに、トンローの屋台街も消失。どんどん高層ビルが立ち並び、昔ながらの古き良きバンコクの姿がなくなりつつあります。100円あればお腹いっぱい食べられた屋台飯は昔のお話し、今では日本のカフェと同じくらいの価格帯になってしまいました。それでもやっぱり恋しいのが昔ながらの屋台飯。少し値段は高くなってしまったけれど、高級店とは違うローカルな味が楽しみたい!という人におすすめなのが今回ご紹介する『Ros’niyom(ロッサニヨム)』です。

この記事の続きを見る


レストランフロア、ショッピングエリア、チャットチャックマーケットエリアなどに分かれているTHE
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
次から次へとニュースポットがオープンしているバンコクの中で、今、注目されているのが2019年2月にオープンした『THE MARKET BANGKOK(ザ マーケット バンコク)』です。セントラルワールドや伊勢丹など、大型のデパートやスーパーが集まるチットロムエリアに新たにできた商業施設ですが、何よりのウリはバンコク中から人気のお店を集めたという点。レストランをはじめ、週末しか行くことのできなかったチャットチャック(ウィークエンドマーケット)からも人気店を集め、エアコンが効いた快適な店内で市場散策の雰囲気を味わうことができます。

この記事の続きを見る


家と庭にまつわる商品が一同に集結
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
バーン レ スアンフェアは、年2回ペースで開催されているインテリア関連商品と雑貨の一大フェア。イベントタイトルにある「バーン(Baan)」はタイ語で家、「スアン(Suan)」は庭という意味を持つのですが、その名の通り、家と庭にまつわる商品を一同に集めたイベントとなっています。イベントの運営はタイの有名ライフスタイルメディアが行っており、その販売商品のセンスの良さから、インテリア好きのタイ人のあいだでは根強い人気があります。

この記事の続きを見る


共有のテーブルスペースの周りに麺類からご飯もの、ドリンク店まで様々な飲食店のブースが並んでいる
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
タイ旅行の楽しみの一つは、タイ料理! ホテルや高級レストランで食べるのもいいけれど、地元のタイ人に混じって、ローカルグルメを楽しみたいという人もいると思います。そんな人にオススメなのが、フードコートです。フードコートとは、飲食店のブースが集まった屋内のセルフサービス形式飲食スペース。共有のテーブルと席が設置されていて、好きなブースで好きなものをオーダーして食べることができます。屋外の屋台はハードルが高すぎるけど、地元のタイ人が食べるようなローカルグルメを体験してみたいという人には、まずはフードコートデビューを目指しましょう。

この記事の続きを見る


一般公開日にはバイヤー以外も入場可!
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
タイ国政府商務省国際貿易振興局(DITP)が開催するこちらのフェアには、約600社の企業が参加し、1,600以上ものブースが会場に並びます。会期前半は、世界各国から訪れるバイヤーを対象とした商談の場とされていますが、会期後半に設定される一般公開日には誰でも入場することができます。一般公開日には展示商品の多くが通常の小売価格よりもお得な価格で販売されるため、バンコク在住女性には年2回の開催を心待ちにしている人が少なくありません。

この記事の続きを見る


マルベリーの葉を揚げて、豚ひき肉とエビのソースにディップして食べる1品はサクサクの食感とピリ辛ソースがヤミツキ!
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
せっかくタイに来たら一度は食べたいのが正当派のタイ料理。今回ご紹介する「Apinara(アピナーラー)」は、雑誌トラベラーが選ぶベストタイレストランにも選ばれたことがあり、タイ王宮の方も御用達だという「Nara(ナーラー)」の新店舗。タイ料理の伝統を重んじつつ、今までにないタイ料理を目指したというタイキュイジーヌをご紹介します!

この記事の続きを見る


おしゃれな雰囲気満載の店内
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
小さな通りに面した「The Local Canteen」に一歩入ると、まずは店内の構造に驚かされます。こぢんまりとした店先からはなかなか想像が出来ないのですが、お店は細長いトンネルのような作りで天井には天窓が取り付けられています。今回訪れたのはディナータイムでしたが、ランチタイムには自然光を取り入れる形となり、とても雰囲気の良いお店なんです。店頭では素敵な食器や雑貨を販売していたり、おしゃれな雰囲気満載の店内。オーナーさんたちが学生時代に建築学専攻だったと聞いて納得です。

この記事の続きを見る


吹き抜けが特徴的な開放感ある店内は、まるでセンスのよい友達の家に遊びに来たかのようなアットホームな雰囲気。ディナータイムはオシャレな人たちでいっぱいです。
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
タイ料理に飽きたら行って欲しいレストランがここ「Sigon Recipe(サイゴンレシピ)です」。サイゴン(現ホーチミン)出身のシェフが「本場の味を本場の雰囲気で楽しんで欲しい」と開いたレストランは、店内を飾る雑貨やサーブされる食器はもちろん、店内に流れるBGMまで本場ベトナムのものというこだわりよう。タイに居ながらにしても食べる価値大のベトナム料理をご紹介します!

この記事の続きを見る


海外で食べてみよう 食べ歩き天国タイのローカルお菓子(その2)
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
「食べ歩き天国タイのローカルお菓子」(その1)からの続きです。「カオニャオ・マムアン」は、マンゴーがもち米にのったお菓子です。しかし、これを「お菓子」と呼んでいいのかどうか? くだものをつかっているのでデザートの一種と考えていいのでしょうが、りっぱな軽食くらいのボリュームがあるので、食後に食べるつもりなら心の準備が必要です。もち米にマンゴーという組み合わせは日本の人にとっては異色ですが、薄く切った新鮮なマンゴーの甘酸っぱさと、ココナッツミルクの濃厚な香り、甘く炊き上げたもち米の食感のバランスがたまらない、という人も。タイのマンゴーは雨季が旬なので、果物屋さんや市場の店先でマンゴーを見かける4〜5月ごろが一番おいしいといわれています。

この記事の続きを見る


タイ伝統の料理を今風にアレンジした料理の数々。昔ながらの料理法で作られる料理に用いられる食材は厳選されたオーガニックなので体に優しい!
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
美味しくてオシャレなお店が集まるSukhumvit(スクンヴィット) 49エリアの中でも女性からの圧倒的な支持率を得ているお店が今回ご紹介する「KATI(ガティ)」です。白を基調とした店内にはオーナーが国内外から集めて来たという食器や装飾品がセンスよく飾られ、スタイリッシュながらアットホームで温かい雰囲気。思わず長居したくなる居心地の良い空気が流れています。

この記事の続きを見る


1 2 末尾 次へ


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。バンコク 食器に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介