page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「パリ お土産 人形」の見どころ情報

パリ お土産 人形に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「パリ お土産 人形」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


マトリョーシカをモチーフにしたエプロンは、乙女ゴコロをくすぐって
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ロシア/モスクワ 
溢れるほどのロシアみやげが並ぶ場所、「イズマイロフみやげ市場」。地下鉄3号線パルチザンスカヤ駅から徒歩2分のこの市場は「ベルニサージュ」とも呼ばれ、マトリョーシカはもちろん、ふわふわの毛皮の帽子や琥珀のアクセサリー・グジェリ焼き・細やかな刺繍が施されたリネンなど、ロシアを感じる楽しい空間。モスクワのセンター市内で購入するよりも、ずっとお得にお買い物ができるとあって、週末はいつも観光客で大賑わい。値引き交渉も可能で、楽しいひとときを約束してくれます。

この記事の続きを見る


フランス映画に出てくる小道具のような、かわいいものが沢山。
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/ベルリン 
ベルリン・ミッテ地区、アウグスト通り近辺は、壁崩壊以降アートの中心として芸術家たちが集まり、ギャラリーやアトリエが立ち並ぶクリエイティブな地域である。そんなアウグスト通りを歩いていると、ひと際華やかな色を放つお店があった。遠くから見たにも拘わらず、ここには特別かわいいものがあるはず、と思わせるオーラが漂う。引き寄せられてお店に近づくと、そこにはフランス映画に出てきそうな、絵柄も形も違ったカバンがずらりと壁一面並んでいた。白地に赤い大きなドット、中央には蝶結びにされた光沢のリボンが縫い付けられている小さなカバン。そのカバンの前には同じく赤色のビーズで作られた、繊細なネックレスがかけてある。このカバンと合わせて身に付けたらさぞかし映えるだろう。

この記事の続きを見る


百貨店が出現すると同時に廃れたパッサージュも多いけれども、パッサージュ・パノラマはまだ元気いっぱい!
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
パッサージというのはガラスの天井で覆われた商店街のこと。 ナポレオンのエジプト遠征に同行したフランス人建築家たちが、カイロ市のスーク(屋内市場)の活気ある光景に印象づけられ、それにヒントを得て作りました。19世紀初頭には、モザイク模様の床に、ガラス張りで天井から光が入り込み、ブティックの大きなショーウィンドーが並ぶパッサージュが、パリ市内には30本もあったということ。おもに、コメディフランセーズ付近からモンマルトル通りあたりに集中していました。

この記事の続きを見る


ギャラリー・ラファイエット百貨店グルメ館には、おみやげになる高級食品がいっぱい
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
もうそろそろやってくるクリスマスのお買い物で、マドレーヌ広場周辺が賑わい始めています。毎年この時期になると、すぐ近くのオスマン大通りのギャラリー・ラファイエット百貨店とプランタン・デパートでは、踊ったり、パレードする機械仕掛けの人形やぬいぐるみがウィンドーにディスプレーされるのが恒例。学校の放課後や週末、子どもたちが押し掛けて、ガラスに鼻をぴったりくっつけて見入っている可愛い姿がみかけられます。

この記事の続きを見る


ひとつ4ユーロから8ユーロ
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
Tombee du camion、訳すると「トラックから落ちたもの」という意味のお店。店主のシャルル・マスさんはクリニャンクールの蚤の市にお店をもっているアンティーク屋さん。10年前から、閉鎖された人形製造アトリエ、廃業したアクセサリー工場、閉店した手工芸屋、そんな場所を回って買い取ったストック品を集めて、Tombee du camionを開店しました。従来のアンティーク屋さんと違うのは、未使用の新品ばかりという点。

この記事の続きを見る


ムーラン・ルージュ
  • テーマ:
  • 映画のあの場所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
ジャッキー・チェン&クリス・タッカーの痛快バディ・ムービー、ラッシュアワー・シリーズももう3作目。今度二人が暴れまわるのはパリ。真田広之、工藤夕貴の日本人国際派スター、そしてロマン・ポランスキー監督までが出演している。今回は中国マフィアの秘密を探るため、二人がアメリカからフランスに飛ぶ。パリで中心になる場所はムーラン・ルージュとエッフェル塔。リドと並ぶ有名キャバレー、ムーラン・ルージュでは、ふたりは歌とダンスを披露しながら事件の秘密を握っているため中国マフィアに命を狙われているダンサーを無事脱出させ、保護する。

この記事の続きを見る


「パリ お土産」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

開放感溢れるラグジュアリーな空間
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
ボン・マルシェの食品館『La Grande Epicerie de Paris』内フランス式1階にあるこちらのカフェ『LA TABLE』店内を彩る緑、吹き抜けた空間にガラス天井から自然光が差し込み、とてもリラックスできる場所です。このような開放感溢れる空間は実はあまりパリにないので、とても気に入っています。

この記事の続きを見る


パリのカフェのようなかわいいケーキ
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • 北アメリカ/カナダ/トロント 
派手な色のデザートが並んでいたりする事も多い北米ですが、このお店では見た目が素敵なケーキやデザートがたくさん並んでいます。お洒落でかわいい見た目のデザートは、見ているだけでテンションアップ!パリのカフェのショーウィンドーを思いださせるラインナップです。

この記事の続きを見る


駅チカで気軽に立ち寄れる製菓用品店
  • テーマ:
  • ライフスタイル
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
プロ御用達の製菓用品店と聞くと、観光気分で立ち寄るには敷居が高いように感じてしまいますが、今回ご紹介するお店『MORA』はレ・アル駅からも近くとても入りやすい店構え。1814年創業の歴史あるこちらのお店、プロのパティシエはもちろん、お菓子作り好きなマダムなどで連日にぎわっています。

この記事の続きを見る


ロシアとフランスの見事な融合
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
今回ご紹介する『Cafe Pouchkine(カフェ・プーシキン)』は、ロシア・モスクワに本店を構えるお店。ロシアの有名詩人、アレクサンドル・プーシキンの誕生200周年を記念して1999年にモスクワに作られたそうです。白を基調とした店内は、パリのほかのカフェにはないラグジュアリーな雰囲気でとても素敵な空間になっています。有名デパート Printempsにもブティック、サロン・ドゥ・テがあるので名前を聞いたことがある方も多いのではないしょうか。 Printemps内の店舗はとても小さく、テイクアウトがメイン。店内もいつも混み合いあまりくつろげない印象。折角ならばロシアとフランスの融合を存分に感じられる空間でゆったりとした時間を過ごしていただきたいので、2区または8区の店舗に足を運んでいただきたいです。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。パリ お土産 人形に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介