page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「パリ14区ブラッスリーー」の見どころ情報

パリ14区ブラッスリーーに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「パリ14区」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


創立900年のSaint
  • テーマ:
  • オペラ・音楽
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
フランスの作曲家、エリック・サティ(1866〜1925)をご存知でしょうか。彼の曲はテレビ番組やCM、ゲームなどに使われているので、顔や名前を知らなくても、耳にすればきっと聴いたことがあるはずです。エリック・サティは1866年にノルマンディー地方のオンフルールで生まれました。パリ音楽院を辞めたあとは、1887年にパリのモンマルトルのキャバレー『黒猫』の専属ピアニストとして活動したり、舞台曲や歌曲なども創作しています。しばしばサティは謎めいていて、つかみどころがないと表現されます。多くの著名人らの裕福な生活ぶりとはほど遠い、質素な生活を続けていたようです。そんなサティが1925年に亡くなるまで過ごしたパリ郊外の街、アルクイユを歩いてきました。

この記事の続きを見る


池にはアヒルやカモの姿が。池を囲むようにベンチが設置されている
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
2月下旬、連日灰色で陰鬱な空模様から一転、フランスでは気温が上がり、小春日和の日が続きました。朝晩は寒いものの、昼間の気温は20度ほどまで上がり、コートを脱いで歩く人がちらほら。ふと思い立ち、パリ14区のモンスーリ公園に行きました。今回は筆者の大好きなこの公園のご紹介です。緑の憩いの場を作ろうとナポレオン3世とオスマン知事によって19世紀に作られたそうですが、なるほどそのとおり、人々のくつろぎっぷりがいい感じなのです。面積は15ヘクタール。平坦、左右対称で幾何学的、先まで見通せる人工的な造りのフランス式庭園とはまったく異なります。モンスーリ公園はイギリス式庭園。ゆるやかに孤を描く遊歩道や、起伏のある芝生エリアなど、柔らかい雰囲気があります。歩いてみないと先に何があるかわからないような公園が好きな方にオススメです。

この記事の続きを見る


素材にこだわる今パリで注目のパン屋さんDominique
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
パリ14区に、東京で一躍有名になった大人気のパン屋さんDominique Saibron(ドミニク・セブロン)があります。2009年にオープンしたこちらのお店は、実はモンジュ通りの人気パン屋さんLe Boulanger de Monge(ブーランジュリー・ド・モンジュ)の元オーナーさんが開いたお店。前のお店を辞めてから、彼が次のショップのオープンに選んだ地は実は東京でした!!そして昨年、パリ14区にもパン・ケーキ屋さんをオープン!セブロン氏のパンを待ちに待ったパリッ子たちでお店は毎日賑わっています。素材にこだわって、毎朝はやくから丁寧に焼かれるパンやケーキの数々。ぜひ味わってみて下さい。

この記事の続きを見る


モンパルナス大通りに位置する、カフェ ラ・クーポール(la
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
パリ14区、モンパルナス大通りに一際大きくて目立つカフェ・ブラッスリー ラ・クーポールがあります。今回はパティシエの視点でデザートメニューをご紹介したいので、ブラッスリーではなく、あえてカフェと呼ばせていただきます。このカフェ ラ・クーポールの創業は1927年、当時パリで一番大きなカフェとして開店しました。モンパルナスの有名なカフェ「ル・ドーム」、「ラ・ロトンド」、「ル・セレクト」と並んでモンパルナス4大カフェと呼ばれ、ダリやピカソなどの芸術家が通った歴史あるカフェなのです。1988年にフロ・グループになりインテリアは改装されましたが、アール・デコ様式は変わらず、フロ・グループのお店に共通する華やかな雰囲気を味わうことができます。

この記事の続きを見る


モンパスナス界隈で本場ブルターニュ地方のクレープ ガレットを…
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
パリ14区、モンパルナス界隈は、ちょっとしたクレープ激戦区。モンパルナス駅にはTGVが入っており、クレープの本場ブルターニュ地方への電車が発着するからだそう。つまり、パリにいながらにして、本場のクレープが食べれる地域なのです。観光客でいつも行列の出来る有名店と地元のパリジェンヌに人気のお店を2店ご紹介致します。そば粉のガレットが焼きあがる時の香ばしいブルターニュ産バターの香りで、ついつい引き込まれてしまうクレープリーです。

この記事の続きを見る


「パリ1」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

駅チカで気軽に立ち寄れる製菓用品店
  • テーマ:
  • ライフスタイル
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
プロ御用達の製菓用品店と聞くと、観光気分で立ち寄るには敷居が高いように感じてしまいますが、今回ご紹介するお店『MORA』はレ・アル駅からも近くとても入りやすい店構え。1814年創業の歴史あるこちらのお店、プロのパティシエはもちろん、お菓子作り好きなマダムなどで連日にぎわっています。

この記事の続きを見る


グレージュで統一された素敵な店内
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
今回ご紹介するレストランは、パリ1区にある『Restaurant AG Les Halles』落ち着いた色味の店内は、スタイリッシュながらもエレガントでとっても素敵な空間になっています。店内は広々としており、ベビーカーのまま店内に入店できます。筆者が訪れた日は、満席でなかったためベビーカーをテーブルに横付けし、食事をすることが出来ました。テーブル席だけでなく奥にはソファー席もあります。子連れで来店する際は事前に予約を入れ、子連れの旨を伝えておくとスムーズかと思います。

この記事の続きを見る


ハンバーガーはフランス人の国民食?!
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
ハンバーガーといえばアメリカのファーストフードというイメージが強いですが、ここ数年パリでは若者を中心にハンバーガー人気が高まっています。フランス人の友人も週に一度は必ずハンバーガーを食べるほど。ただ、いわゆるマクドナルドやQuickなどのファーストフード店で食べるのではなく、それぞれお気に入りのハンバーガー専門店で食べるそう。という事で、今回は美味しくて、日曜日にも営業しているハンバーガー専門店をご紹介したいと思います!

この記事の続きを見る


バゲットコンクール優勝のパン屋さんフィリップ・ゴスラン
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
パリ1区、高級ブランド店の立ち並ぶサントノーレ通りに、ひっきりなしにお客さんが訪れる人気のパン・ケーキ店フィリップ・ゴスラン(Philippe Gosselin)があります。こんがりと色がつくまでしっかり焼き上げられたこちらのバゲット、このバゲットを毎朝買いにいけたら……と思うほどの美味しさです。これぞフランスのバゲットという味、形、風味を兼ねそろえています。それもそのはず、こちらはパリ市主催のバゲットコンクールで優勝や上位入賞を何度もしている人気のお店です。観光の合間に立ち寄れる便利な立地にあるのですから、パン好きの方は必見です。

この記事の続きを見る


バゲットコンクールに上位入賞しているパン屋さん「ジュリアン」
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
パリ1区、サントノーレ通りに開店から閉店まで客足の途絶えない人気パン屋さん「ジュリアン」があります。こちらは、過去に4度もパリのバゲットコンクールに上位入賞している優秀なお店。また、パリで美味しいパン・オ・ショコラやクロワッサンのお店にも選ばれるなど、バゲットだけでなくペストリー系も人気。こんな人気店が足を運びやすいパリの中心にあるのですから、パン好きの方は要チェックです。1月に店頭に並ぶガレッド・デ・ロアも自信作♪

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。パリ14区ブラッスリーーに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介