page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「パンを焼く」の見どころ情報

パンを焼くに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「パンを焼く」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


セイヨウアブラナ畑が美しいデンマークの春
  • テーマ:
  • 大自然
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/デンマーク/コペンハーゲン 
簡単にデンマークでのコロナウイルス関係を振り返っていきます。まず春が近づいてきたと思った2月27日に国内初コロナウイルス感染者が見つかりました。国内で感染が急に拡大。3月13日からヨーロッパで初のロックダウンに踏み切ります。陸路、空路、海路ともに国境封鎖。飲食店や小売店もスーパーマーケット、薬局、 DIYショップなど必要最低限のお店だけの営業が許可。その後、政府の対策が功を奏しパンデミックは阻止に成功。4月末から徐々に解除に向かっています。幼稚園、小学生低学年から登園・登校が始まり、5月18からは高学年も学校開始。同じく5月18日からはカフェ、レストランも営業開始します。今回は、大変な状況の中、デンマークの人々がどのような過ごし方をしているのかレポートします。

この記事の続きを見る


外観の赤いレンガが目印。オーブンをイメージしたデザインだそうです
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • アジア/中国/北京 
北京に1階はベーカリー、2回は1室だけのゲストルームのホテルというユニークなスペースが誕生しています。その名も「面包会有的」。(パンはある)中国語で「面包」はパンの意味で、ここにはパンがある、ということをストレートに伝えるユニークな名前です。1Fの本格的なベーカリーでは全粒粉のバゲット(16元)をはじめ、20種類ほどが毎朝焼かれています。店内にはイートインコーナーもあり、テーブルは3つと小さいですが、焼きたてのパンとコーヒーなど飲み物が楽しめます。イートインでの人気は香り高いシナモンロール(22元)だそうです。

この記事の続きを見る


デザインもオシャレなビオナーデは瓶入り!
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/ローテンブルク 
今、ドイツで人気のビオナーデ(BIONADE)という炭酸飲料水をご存知ですか? ビオ(BIO)と名のつくだけあって、自然食品なんです。日本にもすでに上陸していると聞いています。ビオナーデは、バイエルン州にあった破産寸前のビール会社の失敗作から偶然生み出された炭酸飲料水。しかも単なる炭酸飲料水ではなく、ビールと同じように麦芽を発酵させて造るそうで、マグネシウムとカルシウムが豊富な上に低カロリーなんだそうです。味はKreuter(ハーブ)、Ingwer-Orange(ジンジャーオレンジ)、Litschi(ライチ)、Holunder(ニワトコ)の4種類。失敗作がヒット商品になるなんて面白いですよね。

この記事の続きを見る


「パンを焼」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

どこにでもあるような庶民的な店構え
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/トルコ/ベルガマ 
世界遺産のベルガマには季節を問わず、多くの観光客が訪れる。見どころの多いベルガマでは皆、歩き疲れてお腹がペコペコ。市内に3カ所の大きな見所があるので、まず午前中にアクロポリスの丘を見学すると、午後の赤い教会とアスクレピオンを見学する前にお昼ご飯の休憩が必要だ。大きなスーパーマーケットが建っているMermer Direkler 通りには手ごろなレストランが並んでいるが、もう少しBankalar大通りを南へ歩いてみよう。ベルガマ在住の人が薦めてくれた、とっておきのレストラン、アルトゥン・ケプチェは200メートルほど歩いたHac yamak 路地へ入る角にある。

この記事の続きを見る


プランターも額も奇抜な色で道行く人の目を楽しませてくれる
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/トルコ/イズミール 
こんなに色が溢れている町って、他にあるだろうか。赤、青、黄色、緑、紫、オレンジ、ピンク、などなど。レストランやカフェ、ショップでは店の看板、ドア、窓枠、椅子、テーブルクロス、クッションなどに様々な色が使われている。ここは西南アナトリア、エーゲ海の小さな町アラチャトゥだ。細い道にテーブルが並び、どこも可愛らしく飾り立てている。壁に吊るされた植木鉢からこぼれる花も色を加えている。テーブルに小さな花瓶を置いて、もう一つ余分に色を演出している店もある。鮮やかな皿やグラス、原色をそのまま大胆に使う。こんなに色がバラバラなのに、何故この町はチグハグに見えないのだろう。全てが計算されてのことなのか、それともこの町には色の魔術師がいるのだろうか。

この記事の続きを見る


「マリーナカフェ
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/ミクロネシアビーチ/パラオ 
直行便で成田からわずか4時間半で行ける、パラオ。自然が主役のビーチリゾートゆえ、同じミクロネシアのグアムやサイパンのようなコンビニエンスさを求めるのは難しいけれど、パラオにはパラオならではのおもてなしがある。それは、美しい自然をすぐそばに感じられるシチュエーション。2015年8月にオープンしたばかりの「マリーナカフェ ヴィータ」や、パラオパシフィックリゾートが新たに導入したスペシャル・ディナー、ディナークルーズなど、ロマンティックなディナー体験をご紹介します。

この記事の続きを見る


市内を流れるイル川ほとり。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/ストラスブール 
ストラスブールというのは、ドイツ語で「街道の街」という意味。欧州評議会や欧州人権裁判所があるヨーロッパの中心として世界中に知られています。パリからはTGVでわずか2時間20分で着きます。また、20世紀の間には、何度もドイツ領になったりフランス領になったりと、波乱に満ちた歴史を生き抜けた街なだけに、その雰囲気や街並にはドイツ風なものが感じられます。ライン川にフランス最大の河川港をもつため栄え、いまでもその栄華は健在。

この記事の続きを見る


ブラウンシュヴァイクの旧市庁舎。意外と大きな町なので、一日かけてまわりたい
  • テーマ:
  • 物語のあの場所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/ハノーバー ベルリン 
ティル・オイレンシュピーゲルという名前を聞いたことがあるだろうか? 彼は14世紀にクナイトリンゲン村で生まれ、1350年にメルンで病死したとされる伝説の奇人だ。彼の存在は正確には知られておらず、実在の人物なのか、架空の人物なのか、謎が多く残る。彼はさまざまな町に現れて職人の仕事をしているところから、いわゆる中世の遍歴職人であった可能性が指摘されているが、真相は定かではない。しかしドイツで彼の名前を知らない人はいない程有名な男であり、『オイレンシュピーゲル』というと、いたずら者を意味する。

この記事の続きを見る


交通の便があまり良くないが、わざわざやってくる観光客が多い
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/シュツットガルト シュヴァルツヴァルト 
フライブルクからザンクト・ペーターへ向かう。雪で覆われた丘や野が美しい。国道の脇に立てられたキリスト像ヴェーク・クロイツが多いのもこの地方の特徴だ。南ドイツでは圧倒的にカトリック教徒が多い。道端に立つキリストの十字架に、村人たちは農作業の合間に短い祈りを捧げている。急に雪雲がやってきて、ちらちら雪が舞ってきた。雪は降るのではなく、長い間空中をさまよっている。少しでも風があると、こうして雪は風と戯れる。気温が低くて湿気のないシュヴァルツヴァルトの雪は、なかなか地面に降りてこない。

この記事の続きを見る


毎朝起きたらパンを買いに行き、朝食には焼きたてのパンが並ぶドイツ
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/ケルン 
みんなが寝静まった夜中の12時。真っ暗な街中にぽっかりとオレンジ色の明かりが燈され、わいわいと職人たちが入ってくる。子供の頃に想像したようなそんな光景が、今でも続けられている職人の国ドイツ。ドイツの主食はパンであるが、そのパンは毎晩夜中から仕込まれて、朝に焼きたてのパンが提供される。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。パンを焼くに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介