page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「ピピ島 費用」の見どころ情報

ピピ島 費用に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「ピピ島 費用」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


長距離バス、列車、ボートでの移動が多い旅にはバックパックが便利です
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/プーケット島(タイ) 
何が楽しいって、海外旅行の準備でしょう! とくに荷物のパッキングはワクワクしますよね。まずは旅行カバンはスーツケースか、バックパック(背中に担ぐリュック型バッグ)にするのか・・それは旅のスタイルで選びましょう。1都市滞在型、高級リゾート滞在やクルーズの旅など、自分で荷物を運ぶ移動が少ない場合は「スーツケース」、トレッキング目的や、長期間で何か国も周遊する旅ならば「バックパック」がおすすめです。近年は、どちらも軽量化と耐久性が進んでおり、とくにバッグパックは、デザインも女子仕様や世界一周向けなど、その機能性を知るだけで使ってみたくなるようなものが続々登場しています。どの大きさを選ぶかは、バッグ売り場のスタッフに旅行日数を伝えて相談してみてください。

この記事の続きを見る


プーケットから行く、隠れ家リゾートアイランド(その3)ピピ島、バンブー島
  • テーマ:
  • リゾート
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/プーケット島(タイ) 
(その2から続きです)ピピ島は、小さなピピ・レイ島と大きい方のピピ・ドン島の二つがあります。レオナルド・ディカプリオ主演の映画のロケ地として知られる島は、ピピ・レイ島のほうです。プーケットから日帰りツアーが出ており、所要1時間。どのツアーでもピピ・レイ島のマヤベイに上陸します。そして観光客たちは、ここが映画の舞台だったのかと、映画を見ていない人までその美しさにうっとりなるのです。この島は無人島で、断崖絶壁の険しい自然や、白砂の美しいビーチが点在しています。船のようなかたちの壁画が残っている洞窟がバイキングケーブで、ウミツバメの巣があったそうです。これがあの高級な「ツバメの巣のスープ」の材料になるのですね。ツアーに参加すると、こうした自然の威容をガイドしてくれながら、数カ所のポイントで停泊してくれ、ショノーケリングが楽しめます。

この記事の続きを見る


プーケットから行く、隠れ家リゾートアイランド(その2)ラチャヤイ島、ヤオヤイ島、カイ島
  • テーマ:
  • リゾート
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/プーケット島(タイ) 
(その1から続きです)ラチャヤイ島は、プーケット島から23キロ南に位置する島で、アンダマン海の外洋に位置しています。スピードボートで1時間弱ですが、結構揺れることもあります。島には高級ホテルのほか、格安バンガローや地元商店があります。一般的なのは1日ツアーに参加する方法で、ボートとランチ、シュノーケリング、ホテル送迎がセットになっています。出発はシャロン湾から。このあたりの島々でもっとも透明度が高く、30メートルは見通せるそうで、そんなところがダイバーに人気なのです。またダイビングスポットも10カ所以上あり、マグロやマンタ、ジンベイザメに遭遇することもあるそうです。初心者から上級者まで、また複数日潜っても飽きることがないために、この島に泊まる人もいるのです。高級ホテル「The Racha (ザ・ラチャ)」ではスピードボートによる送迎サービスを行っています。

この記事の続きを見る


タイ南部のビーチリゾートでのんびりバカンスを過ごしたい。どこを選べばいいの?(後編)
  • テーマ:
  • ビーチ
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/プーケット島(タイ) 
(前編よりつづく)ビーチリゾート選びは、洋服を選ぶのと似ています。洋服はデザインや丈などいろいろな要素が相応でないと似合わないですよね。町や島の“サイズ感”も面積だけに由来するものではありません。店やホテルの密集具合、アクティビティなどいろいろな要素の充実度によっても違う。合わない場所を選ぶと、にぎやか過ぎたり、退屈したり、いらぬ出費がかさんだり…。目的とその優先順位、環境を考えて選ぶのが大切です。後編では、その“サイズ感”に着目しておもなリゾート地を紹介します。

この記事の続きを見る


Q:ピピ島はもう大丈夫なの? A:津波以前よりもずっと元気ですよ!
  • テーマ:
  • ビーチ
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/ピピ島(タイ) 
「そういえば、ピピ島はもう大丈夫なの?」。タイの話をしていると、たびたびこう聞かれます。何が“もう大丈夫”なのかといえば、スマトラ沖地震(インド洋大津波)で被災してから、どうなったのか? ということです。あの震災が起きたのは、2004年12月26日のこと。私が初めてピピ島に行った2か月後でした。あれからもう10年以上も経つのに、いまだにそう聞かれることが多いのは、“ピピ島=津波で壊滅”というイメージがまだ強いんだなぁ、と驚きます。日本のテレビでは、ピピ島のことを繰り返し報道していたので仕方ないのかもしれません。

この記事の続きを見る


トンサイ・ベイからも、プーケットからも、海からアクセスする隔絶のレムトン・ビーチ。ジボラ前には150mに渡る白砂ビーチが広がっています
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/ピピ島(タイ) 
ピピ・ドン島の北東部、ボートでアプローチするレムトン・ビーチ。メインビーチのトンサイ・ベイが「喧騒×ユルさ」を持ち味とするなら、こちらは「静けさ×開放感」に溢れた雰囲気。歩いて約15〜20分ほどの長さの白砂ビーチに、4軒のリゾートを中心に数軒のバンガロー、そしてシー・ジプシーの村があります。今回ご紹介する「ジボラ」はスモール・ラクシャリー・ホテルズ&リゾーツのメンバーでもある、遊び心が効いた隠れ家リゾート。南の島らしさとリゾートライフが溶け合った滞在が楽しめますよ。

この記事の続きを見る


小高い丘の斜面からビーチにかけて、リゾートは展開しています。この傾斜感がランニングにはいい感じ!
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/プーケット島(タイ) 
プーケット本島から橋で渡されたスィレイ島の南に位置するウェスティン スィレイベイ リゾート&スパ。ウェスティン・ブランドのコンセプトは”パーソナル・エクスペリエンスと健康的なライフスタイルの提供”。海辺の爽やかな環境の中、ウェスティンワークアウトジムで汗をかき、ヘルシーメニューの”スーパーフード”でカラダの中から元気をチャージ。ユニークなサービスの”ラン・コンシェルジュ”と共に海を眺めながら敷地内を走るのも爽快です。ウェルネスに特化した海辺のリゾートで、リフレッシュする休日はいかがでしょう?

この記事の続きを見る


ランダム更新!本日のおすすめ見どころ・ガイド記事

アジアンテイストで統一された施術ルーム。広々としたシャワールームと大きなドレッサー完備でマッサージ前後もゆっくりくつろげるのが嬉しい。カップルルームもあり。
  • テーマ:
  • ビューティー
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
今回ご紹介するのはBTS ASOKE(アソーク)駅直結、タイムズスクエア内にある「MY SPA(マイ スパ)」。バンコク駐在妻さんたちから絶大な人気を誇る老舗スパです。「1人1人に自分のスパのようにくつろいで欲しい」という想いからMY SPAと名づけたという通り、店内の印象は「落ち着く」のひとこと。アジアンテイストで統一された施術ルームはアロマオイルの香りが漂い、リラックスムード満点。さらにシャワールームも完備され、ドレッサー前には綿棒やブラシなどメイク直しに必要なアイテムが用意されているなど、至れり尽くせり感が満点です。

この記事の続きを見る


色とりどりのボディローションは、香りや効能もさまざま
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/バリ島(インドネシア) 
バリ島の観光エリアの中でもいちばん自然を感じられる場所として人気の高いウブド。このウブドの南はずれにある「アジアン プロフェシー スパ」は、天然素材と最新機器をうまく融合したスパとして人気がある。今回ご紹介するのは、このスパの1階で販売されているスパプロダクト。ボディクリームやスクラブ、パック、シャンプー、コンディショナー、バスパウダーなどなど、種類も豊富に取り揃えられたプロダクトは、すべて天然素材にこだわり抜いた手作りのオリジナルプロダクトなのだ。使われている素材もジャスミン、ラベンダー、ローズマリー、サンダルウッド、ココナッツ、シナモン、コーヒー、グリーンティー、海草など多種多様で、効能や好みの香りで選ぶことができる。

この記事の続きを見る


メコン川にポツンと浮かぶ2軒のコテージ。向かって左が宿泊室、右がレストラン。対岸に市街地を望みながらも、さえぎるものがない大自然を満喫できます。
  • テーマ:
  • ヴィラ・水上コテージ
  • 行き先:
  • アジア/カンボジア/プノンペン 
観光客だけでなく出張者の訪問も多い首都プノンペンには、「都会のオアシス」と呼べるようなアーバンリゾートホテルがたくさん。しばし日常を離れ、プールやスカイバーなどの併設施設でリラックスできる場所には事欠きません。ただ、もう少し都会の喧騒と距離を取り、人目につかない場所でのんびりしたい!という方もいらっしゃるかもしれません。今回ご紹介するのは、そんなあなたにぴったりの水上に浮かぶコテージ「Floatation」。スイートルーム1室だけの贅沢な空間で、川から吹く心地よい風を感じながら、とっておきの時間を過ごすことができるでしょう。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。ピピ島 費用に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介