page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「ファイブスタークラブ モロッコ 砂漠」の見どころ情報

ファイブスタークラブ モロッコ 砂漠に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「モロッコ 砂漠」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


綺麗な緑の葡萄畑。犬たちがのんびり昼寝しているワイナリーも多く、のどかな風景である
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • 中南米/メキシコ/エンセナーダ 
エンセナーダの近郊グアダルーペ・バレーは、1980年代から本格的なワイン造りが始まるが、今ではワインの一大産地で、100以上ものワイナリーがある。メキシコで造られる最高級のワインは、そのすべてがここグアダルーペ・バレーで造られているという。言うならば、アメリカのナパ・バレーのようなところなのだが、ツアーが来るような規模のところはあっても中規模のワイナリーで、商業化されすぎていないのが魅力と言えるだろう。高級なワインは世界レベルのグレードで、ここでしか買えないものが多く、価格も本当に良心的なのだ。

この記事の続きを見る


Ando
  • テーマ:
  • 家族で海外旅行
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/モロッコ/サハラ砂漠(モロッコ) 
「子どもと一緒にサハラ砂漠を体験したい!」と思い調べてたどり着いたAndo Travelの3日間ツアーに参加しました。マラケッシュでは滞在しているホテルまでお迎え。英語のガイド兼ドライバーが運転するミニバスは満席でマラケッシュを出発、アトラス山脈をぐんぐんと進んで行きます。子どもの参加も可能ですが、移動時間が長くトイレ休憩も少ないので、小学生高学年以上だと楽しめるでしょう。1987年に世界遺産に登録されたアイト・ベン・ハドゥはハドゥ族のカスバ。カスバとは外敵から守る城壁に囲まれた要塞のこと。ハリウッド映画の「グラディエーター」や「アラビアのロレンス」のロケ地になったことで一躍有名に。現在でも5〜10家族が住んでいて、高台に行くまでの道のりにはお土産屋や炙り絵などが売っています。

この記事の続きを見る


サハラ砂漠にて
  • テーマ:
  • 大自然
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/モロッコ/サハラ砂漠(モロッコ) 
20代の前半から海外旅行ばかりしている僕は、知らない人から、よくこんな質問をされました。「自分探しの旅ですか?」と。こんな質問をされるかたは、ぜひもっとたくさん海外旅行に行ってもらいたいと思います。目の前にある、面白い世界の現実を海外旅行で感じてもらいたいのです。自分が、無職でうろうろしているため「自分探し」の疑問をもたれるのかな?と思います。ただ、人生にはもう少しゆとりがあってもいいのではないでしょうか。欧米人は、長期休暇をとったり、あるいは転職する際、古い仕事と新しい仕事の間のインターバルに旅をする人もいます。リラックスして、リフレッシュするのです。そして世界の現実を肌で感じてみましょう。

この記事の続きを見る


モロッコにある高原リゾートとは? フェズからサハラ砂漠に行く前に立ち寄ってみたい町
  • テーマ:
  • リゾート
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/モロッコ/イフラン 
モロッコの東部にあるフェズは、8世紀にイスラム王朝のイドリス朝が興った町です。町は丘の上にあり、複雑怪奇な迷路が縦横無尽に行き交っています。フェズに来ると、モロッコに来たなと感じます。迷路の中に立つ堅牢な家々は高い塀に囲まれ、狭い道を、荷物を背負ったロバが、悲しい目をして行き過ぎます。子供は元気で、大人も次々に、自称ガイドとなって声を掛けてきます。男女とも裾の長い民族服を着た人を多く見かけます。フェズは日本で言えば京都のような町なのでしょう。そして17世紀半ばにモロッコを統治し、現在まで続くアラウィー朝も、フェズが最初の首都でした。この町から、アトラス山脈を越えてサハラ砂漠を見に行くのが一般的な旅のコースです。そしてフェズから車で1時間も走ると風景が一変します。

この記事の続きを見る


ラクダの隊商が歩いた時代に迷い込む!! モロッコの城塞都市カスバを訪ねる旅(前編)
  • テーマ:
  • 城・宮殿
昔、「カスバの女」という歌がありました。1955年にリリースされた曲で、さすがに私もリアルタイムでは聞いていませんが(笑)、「カスバ」という言葉の響きが、意味も分からずに“何かタダナラヌもの”として頭のどこかに刷り込まれていました。何年か後、旅をするようになって、カスバとは北アフリカ一帯に残る要塞のことだと知りました。私が訪れたのは、アトラス山脈を越えた、モロッコの南に広がる荒涼とした砂漠地帯にカスバが点在する、「カスバ街道」でした。

この記事の続きを見る


桃源郷の奥にある、アトラス山脈の裂け目 〜トドラ渓谷〜
  • テーマ:
  • 大自然
モロッコは、アトラス山脈によって、大西洋側と南東のサハラ砂漠側とに分けられます。大西洋側には緑豊かで肥沃な平野が広がり、鉄道が敷かれ、カサブランカやマラケシュなどの大きな都市はこちら側に集中しています。しかし、アトラス山脈を越えると風景は一変。乾いた茶色い山々と砂漠が広がる荒漠とした風景の中、川沿いのオアシスに日干し煉瓦で造られた家々が並ぶ村が、ぽつぽつと現れます。マラケシュの華やいだ喧騒が別世界のような、厳しい、秘境感漂う風景が広がります。

この記事の続きを見る


ハマムで美に磨きをかけよう(1)〜美容の国モロッコ、魅惑のナチュラルコスメ〜
  • テーマ:
  • ビューティー
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/モロッコ/マラケシュ 
みなさんはモロッコと聞いて何をイメージしますか? エキゾチックな旧市街、砂漠を行くラクダ、クスクスやタジンなどの料理。そういえばちょっと前に「タジン鍋」が日本でも流行りましたね。それからバブーシュという革のスリッパやマルシェバッグをはじめとする雑貨もブームになりました。これらに加えて、最近は質の高い「天然素材コスメ」がいっぱいの「美容の国」として、女性たちの注目を集めています。確かに町で出会う女性たちのお肌はきめ細かくしっとりしていて、アイラインや口紅などのはっきりしたメイクがよく映えます。彼女たちはいったいどんなお手入れをしているのでしょう。

この記事の続きを見る


モロッコから攻めるサハラ砂漠 〜ラクダに揺られて砂漠に入る旅〜
  • テーマ:
  • 秘境
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/モロッコ/メルズーガ 
みなさん、砂漠といってまず頭に浮かぶのは「サハラ砂漠」ですよね。アフリカ大陸北部に広がる世界最大の砂漠で、アフリカ大陸の3分の1を占め、10ヶ国以上の国々にまたがっています。さらさらしたオレンジの砂、幾重にも重なる砂丘、砂に刻まれた風紋が歩くたびに崩れていく・・・というイメージに一番近い砂漠を見るなら、モロッコからのアプローチが最適です。エジプトの白砂漠は奇岩がごろごろしているし、そのほかの国は治安や旅のしやすさを考えると、まだちょっと訪れにくいところばかり。その点、モロッコは治安も落ち着いているし、砂漠に行くツアーや施設も整備されています。

この記事の続きを見る


リッチな使用感のアルガンオイルは若返りのオイル。
  • テーマ:
  • ビューティー
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/モロッコ/アガディール 
アルガンオイルとはアルガンの木の実から採集できるオイルのこと。古代フェニキア人が健康素材として使用していたと言われています。「モロッコの黄金」という異名があるだけあって、実際のオイルも黄金色。美容効果が非常に高く、美容に対する意識が高い世界中の人々から賞賛されています。採取できるのはアルガンツリーからだけで、この木がある森はアフリカ大陸の北西に位置するモロッコ王国にしかありません。アガディールからエッサウィラの辺りにアルガンツリーの森があり、ユネスコに生物圏保護区域として指定されています。森は海岸から内陸にむかって広がっていて、砂漠化を防ぐ役割も果たしているのだとか。

この記事の続きを見る


何もないサハラ砂漠で、一晩ただ何もしない過ごし方
  • テーマ:
  • 大自然
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/モロッコ/メルズーガ 
あるとき、砂漠へ行こうと思い立ち、向かったのはモロッコ。昔、地理の授業で習ったことのある、世界一大きい砂漠「サハラ砂漠」です。北アフリカ大陸を横断するように広がり、大陸の3分の1の面積を占めます。「砂漠」の定義は、ほとんど雨が降らず、動植物が少なく、人間の生活も制約されている地域のこと。一体、そんなところに旅行に行って、何をどう過ごすのだろうか?と思いませんか。「何もない」はずの砂漠ですが、行ってみると「素晴しいもの」がありました。旅の入口マラケシュから、バスで砂漠の町メルズーガへ向かいます。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。ファイブスタークラブ モロッコ 砂漠に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介