page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「ファッション 歴史 スペイン」の見どころ情報

ファッション 歴史 スペインに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「ファッション 歴史 スペイン」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


スペイン発「Pull
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
最初にご紹介するのは、セントラルワールド2階にある「Pull and Bear(プル・アンド・ベア)」。日本でもお馴染み、スペイン発のファッションブランド「ZARA」の姉妹ブランドとなります。ZARAよりも若い世代をターゲットとした品揃えとなっており、価格もその分リーズナブル。トレンドを取り入れたアイテムをプチプラで楽しめるとあって、タイでも人気のあるブランドです。元々はメンズコレクションからスタートしたブランドだけあって、メンズ商品の品揃えが豊富なのも魅力です。

この記事の続きを見る


とっておきの革靴を買うヨーロッパの旅
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/ミラノ 
若い頃は全く興味のなかった革靴ですが、20代後半にもなると大人の女性に似合う素敵な革靴が欲しくなりました。ファッション雑誌に載っているような、上品で、長く履けるものを探して、イタリアへ旅行したときのこと。フィレンツェで上品な婦人靴の代名詞「サルヴァトーレ・フェラガモ」の本店へ行きました。そこは、ブランドの歴史や著名人に愛されてきたデザインなどが展示された博物館がありました。靴にたいするこだわりを見て、ますますイタリア靴に魅了されたのです。

この記事の続きを見る


毎年、人気は水玉柄の衣装。フェリアのシンボル
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スペイン/セビリア 
スペイン南の都市セビリアで、日本のゴールデンウィーク近くに開催される「フェリア・デ・アブリル」。スペイン語で「4月の市場」という意味で、起源は毎年行われていた家畜の見本市。その周辺で人々がテントを出して飲んで踊ってのお祭り騒ぎをしたことからです。現在では、セビジャーナスという踊りを踊って、みんなで飲み明かすお祭りになりました。開催1週間のお祭りのために、女性も男性も着飾って参加します。特に女性達の衣装は華やかで、毎年新調したり、期間中に何着も着替えて参加する女性もいます。女性が集まれば、衣装の話題は欠かせません。

この記事の続きを見る


ゴージャスな市場階。高くてもついついその雰囲気に負けて購入してしまいそう。。
  • テーマ:
  • 歴史
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スペイン/マドリード 
マドリッドは最近、メルカド(市場)の再開発を積極的に行っているようだ。ここ数年マドリッドの最新ファッション地区の1つと言われているBARRIO DE JUSTICIA(バリオ・デ・ラ・フスティシア/正当地区)のCHUECA(チュエカ)駅より徒歩2分ほどのところに位置するMERCADO SAN ANTON(メルカド・サン・アントン/サン・アントン市場)は、コケティッシュさとダイナミックさが共存する魅力溢れる市場である。ちなみにCHUECA駅付近はゲイ地区として有名だ。

この記事の続きを見る


中世の邸宅が立ち並ぶボルネ地区に位置するテキスタイル博物館。ピカソ美術館の目の前にあります!
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スペイン/バルセロナ 
バルセロナには、世界有名ブランドショップが立ち並ぶ一方で、まだ無名なスペイン人新人デザイナーたちを専門に扱うセレクトショップなども多くあります。オリジナリティーあふれるお店も数多く、ファッションに興味のある方は歩いているだけで楽しめる街です。ファッションショーも数多く行われ、バルセロナは首都マドリッドと並び、スペインファッションの中心の町と言えるでしょう。

この記事の続きを見る


ボルネ地区中心に立つサンタマリアデマル教会の周りにはたくさんのレストラン、ショップが立ち並びます
  • テーマ:
  • 歴史
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スペイン/バルセロナ 
バルセロナっ子の間で人気のエリアといったらこのボルネ地区(EL BORN)。歴史は古く、13世紀から15世紀にかけてバルセロナの商業の中心として発達したエリアです。細い石畳の道が続き、中世時代の建築が数多く残り、モデルニズム建築とはまた違ったバルセロナの一面、中世バルセロナを満喫できるのです。ここ数年、おしゃれなデザイナーショップ、セレクトショップやカフェ、レストランが次々とオープンし、散歩、ショッピングにもお勧めのエリアです。

この記事の続きを見る


「ファッション 歴史」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

ソフィアの町のなにげない通り
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ブルガリア/ソフィア 
ブルガリアの首都、ソフィア。初めて行くとなると、どの程度の都会なのか、物価や治安はどうなのか…わからないこともありますよね。ここでは実際に行って感じた、町や人々の印象をまとめてみたいと思います。訪れた感想をひと言でいうと、ソフィアはとてつもない歴史をもつ、のんびりした都会でした。紀元前から栄えていたという歴史の深さ、そのさまざまな痕跡が残ることに驚きつつ、首都としては静かで、ゆったり過ごせました。美しい街並みには緑も多く、利便性と安らぎを併せもった都市です。

この記事の続きを見る


クールなインテリアデザインの児童室
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
オランダの首都であり、旅行者にとっては観光のハイライトでお馴染みのアムステルダム。有名な観光スポットは世界遺産でもある環状運河内に多々ありますが、新興開発地区にも意外な穴場が結構あるのはご存じでしたか?アムステルダム中央駅の東側、NEMOこと科学技術博物館の対岸にあるオーステルドク地区。オランダらしい大胆でモダンな建築が並ぶエリアです。オーステルドクの一端にそびえる威風堂々とした高層建築。ファッションビルのような趣ですが、実は公立図書館「アムステルダム中央図書館」なのです。

この記事の続きを見る


夕方になると、店先に本当に行列ができます
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イギリス/ロンドン 
イギリスの町を歩くとすぐに気が付くと思いますが、イギリスにはインド出身者やインド系イギリス人が多いです。イギリスが長年インドを統治していて、イギリスに移住した人が多かったためですが、インド料理レストランが随所にあるのはこの歴史が関係しています。「Dishoom」は2010年に、ロンドンのコヴェント・ガーデンに1号店がオープンしたインド料理の店です。インドカレーだけでなくインドの家庭で食べられるような小料理が豊富で、ドリンクもより取り見取りでおいしく、店内のレトロな雰囲気も居心地よくてと、たちまち評判になりました。朝からオープンしていますが、夕食(17時45分以降)は6名以上のグループでないと予約できないため、夕方になると予約なしで来た人の行列ができます。人気は衰えず、2018年12月には、新たに中部地方のマンチェスターにも開店しました。

この記事の続きを見る


Rymd
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スウェーデン/ストックホルム 
ストックホルムの歩行者天国通り、ドロットニングスガータンには、一流ブランドが出店する百貨店、オレーアンスをはじめ、日本でもおなじみのファッションブランドHアンドMや、Zaraなどが軒を連ねている。それぞれのショーウィンドウは、流行のファッションやグッズで彩られ、最先端ならではの魅力できらめいている。モダンなアイテム好きにはたまらないエリアだ。一方、品物の魅力は、新しいことだけではなく、作られたプロセスや、時代とともにはぐくまれた歴史もまた宿っている。そんな、時代が感じられる品々を集めたアンティークショップが、ストックホルムには意外と多いようにも感じられる。これは、古くなったらポイ、と捨てるのではなく、手直ししながら大切に使い続ける、というスウェーデンの人たちの心意気が影響しているのかもしれない。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。ファッション 歴史 スペインに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介