page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「フィリピン 看板」の見どころ情報

フィリピン 看板に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「フィリピン 看板」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


ツタは季節によって色が変わり、趣も変化します
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • アジア/韓国/ソウル 
昌徳宮を訪れた方なら、そのすぐ隣に建つ個性的な建物が目に入ってきたことがあるかもしれません。ツタに覆われたレンガ造りのビルと全面ガラス張りの細長いビルが並び建ち、レンガ造りのビルには大きく「空間」の二文字が掲げられています。これが「アラリオミュージアム・イン・スペース」。2014年にオープンした現代アートの美術館です。これまでも当「たびナレ」で、韓国の現代アートのレベルの高さについては記事にしてきました。この美術館もその代表格ですが、ぜひ、こちらの建築についての予備知識を仕入れてから鑑賞しましょう!

この記事の続きを見る


フィリピンとは思えない雰囲気のクリソロゴ通り
  • テーマ:
  • 世界遺産
第二次世界大戦以前、タイを除く東南アジア諸国は、欧米諸国に植民地支配を受けていた歴史はご存知だと思います。ところでみなさんは、スペインの植民地となった国がアジアにあることをご存知でしょうか。その植民地時代の歴史は長く333年間も続き、その後アメリカによる植民地時代を48年間、日本占領下時代を2年間経た国、フィリピンです。スペイン時代の建物の多くは破壊や老朽によって失われたのですが、ビガンという町には当時のままの町並みが残っています。

この記事の続きを見る


近場の海外旅行でおもしろいシンガポール 高層団地にあるローカル・マーケット(その2)
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • アジア/シンガポール/シンガポール 
「シンガポールの市場」その1からの続きです。市場はあちこちにありますが、今回は地下鉄MRTパヤ・レバ駅(イースト・ウェスト線)近くのウェット・マーケットをのぞいてみました。「ヘイグ・ロード・マーケット&フード・センター」という大きな赤い看板が目印ですが、よく見ると「海格路巴刹与熱食中心」という中国語も書いてあります。多民族国家シンガポールらしい玄関ですね。ちなみに、シンガポールの国語のマレー語では、市場は「パサール」といいます。

この記事の続きを見る


最近流行りの英語留学先 セブ島へ
  • テーマ:
  • 語学
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/セブ島(フィリピン) 
最近話題の英語留学先、セブ島。以前から美しいビーチの旅行先として耳にしますが、数年前から新しい渡航目的に注目されています。人気の背景は、リーズナブルな価格で英語が学べるからでしょう。フィリピンは第2言語が英語で、小学校から高等教育まで熱心に勉強されています。観光エリアに限らず、道の看板や表示に英語も見かけるほど、一般の人々の生活に英語が存在する国です。最短1週間から学べる学校も多くあるので、旅行ついでに英語を学びに行ってみませんか。

この記事の続きを見る


マニラ首都圏内の大通りに掲げられる看板。モデルはフィリピンで絶大な人気を誇る俳優。
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • アジア/フィリピン/マニラ 
マニラの街のあらゆる所で目にする広告看板。その広告モデルはフィリピン芸能界でトップを走る女優やモデル、スポーツ選手や著名人で、視覚的にも目を引く内容だったりします。「Belo」と聞いて、おそらく日本に住んでいる方はピンとこないかもしれませんが、フィリピンでは超有名なコスメブランド&ビューティークリニック。上流階級のセレブや芸能人に愛好者が多いうえ、「Belo」の女性オーナーDr.Vicki Belo氏自身も50代とは思えない(どうみても30代!)若々しさと美しさを保っているものだから、説得力があります。

この記事の続きを見る


人々がのんびりくつろげる公園が少ないマニラ。
  • テーマ:
  • 大自然
  • 行き先:
  • アジア/フィリピン/マニラ 
島国のフィリピン。南国の植物が生い茂る公園が各地にあるのではないかと期待したのもつかの間…、マニラの都心には公園はとても少ない。とくに家族で遊べるような緑豊かな広い公園ほど見当たりません。そんな状況について地元の人に尋ねたところ、公共の公園があると不法に住み着いてしまう人々が後を絶たないとのこと。なるほど、確かに川沿いや空き地、大学の構内でも、貧困層の人々が生活している様子を目にすることができます。そんな社会的な背景もあり数が少なく、私たちの考える「憩いの公園」は貴重な存在といえます。

この記事の続きを見る


遊園地のエントランス。大型バスが何台も連なって来場するのは日常茶飯事。とにかく週末は大混雑!
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/マニラ 
約15年前にマニラ郊外のサンタロサに誕生した「Enchanted Kingdom」は、マニラっ子の週末のデート・家族外出・修学旅行先として定番の巨大テーマパークです。マニラから南方面へ向かう高速道路を走っていると目に飛び込んでくる超高速回転する観覧車が見えれば、それが遊園地。17ヘクタールという広さだけれど、地元の学校が休みともなれば、ディズニーランド並みの混雑! アトラクション1つに1時間待ちなんて普通…。 宇宙・ジャングル・ビクトリア公園などエリアテーマがあり、カートレースから湖ボートなど老若男女が楽しめる設定になっています。

この記事の続きを見る


オアフ島ワヒアワ郊外にあるクカニロコ・バースストーン。昔、王族が出産した特別な場所です
  • テーマ:
  • スピリチュアル
  • 行き先:
  • ハワイ/ハワイ/オアフ島 
ハワイはマナ(聖なる力)に満ちた場所とも言われます。私達がハワイに行くと癒されたような気持ちになるのは、ハワイの穏やかな気候や美しい景色、海外での開放感以外にも、そんな目に見えない力が働いているのかもしれません。古代、今よりも、もっともっと自然と近しい暮らしをしていた時代、海を渡りハワイに移住したポリネシア人達は、森羅万象すべてのものに神を見出して信仰していました。そんなネイティブ・ハワイアンたちの寺院などの遺跡が、スピリチュアル・スポット・癒しの場所として今もハワイ各地に残っています。

この記事の続きを見る


「フィリピン」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

朝の会から外遊びに給食まで。親子一緒にフィンランドの教育機関が体験できるflying
  • テーマ:
  • 語学
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フィンランド/ヘルシンキ 
ここ数年日本では、子どもを連れての海外旅行や親子留学が流行っています。留学といえば、英語が学べる英語圏や近場のフィリピンが人気ですが、フィンランドという選択肢もあるのをご存知でしたか?フィンランドはフィンランド語とスウェーデン語などが公用語で、非英語圏ではあるのですが、聞き取りやすい英語を話す方が多く、おっとりとした性格の方が多いこともあり、話しかけやすいです。親子ショートステイプログラム「flying seeds(フライング・シーズ)」では、親子でフィンランドの保育園やプリスクールに体験入園する、 3〜6歳向けの「リトルコース」と就学年齢以上の子ども向けの「小学校コース」があります。親子留学と聞くと、親子それぞれ別々に現地の教育施設や語学学校に通うものがメジャーですが、このショートステイプログラムでは、親も子どもと一緒にリアルなフィンランド教育の現場を体験することができます。教育や異文化交流への意識が高いフィンランドでは、子どもだけ体験するなんてもったいない!親も教育現場をのぞいて我が子の体験を共有できたらもっと素敵じゃない?という考えが主流なのです。

この記事の続きを見る


南国気分を盛上げるカラフルなウェアがずらり♪ 店内は色別のディズプレーになっているので見やすいのもポイントです。
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/ミクロネシアビーチ/グアム 
グアムを訪れる観光客の多くがタモンエリアで過ごすと思いますが、今、ぞくぞくとニューショップやカフェがオープンしているのがハガニアエリア。レンタカーがあればタモンエリアから20分ほどで到着しますが、『ショッピングシャトル』バスを利用すれば誰でも簡単にアクセスできるようになりました。今回ご紹介する『SM island(エスエムアイランド)』も、そのシャトルバスの目的地、ハガニヤショッピングセンターの中にある人気のショッピングスポット。お土産にぴったりの雑貨から現地で活躍すること間違いナシのリゾートウェアまで”かわいい”がいっぱい詰まったショップをご紹介します。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。フィリピン 看板に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介