page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「フィレンツェ」の見どころ情報

フィレンツェに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「フィレンツェ」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果322

1 2 3 4 5 末尾 次へ


北欧の人気路線ベルゲン鉄道。
  • テーマ:
  • 鉄道
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イギリス/ロンドン 
ヨーロッパ内はシェンゲン協定(※)加盟国であれば国境を超えるのに入国審査の必要がなく、楽々と各国周遊の旅が楽しめます。島国の日本にいると、海外旅行は一大イベント感がありますが、たとえば中欧などは国が小さいために、各都市の距離も近く、日本の国内旅行のような感覚で旅できます。ただ、日本ほどではないにしても鉄道料金はそれなりにかかります。2区間でもあっという間に100ユーロは行ってしまうので、ぜひ活用したいのが欧州鉄道の乗り放題パス「ユーレイルパス」です。このパスが1枚あれば、どの国でも町でも乗り降り自由。個人旅行には欠かせないパスでしょう。1959年に誕生して、今年で60周年を迎えました。(※)シェンゲン協定とは、ヨーロッパ各国間の人や物の移動に関して、国境検査なしで越えることを許可するもの。

この記事の続きを見る


1)
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/フィレンツェ 
昨今日本では“テーマパーク・レストラン”や“コンセプト・レストラン”など、趣向を凝らした食事処が人気ですが、今フィレンツェで話題のレストランといえば、その逆を行くシンプルでナチュラルテイストの“温室レストラン”です! 温室って? そう、もちろん植木鉢の並ぶ温室のこと。沢山の植物に囲まれた店内は、そりゃもう最高に気持ちのいいリラックス空間。植物って実際、どんな高価な調度品にも勝る究極のオーナメントなんですね、ってことを教えられますし、屋内にいてこれだけの自然光を受けると、改めてその素晴らしさに感動するんです。自然の大切さを再認識する今の時代にマッチするこのスタイル、実は最新モードってわけですね。

この記事の続きを見る


レオナルド・ダ・ヴィンチ作『最後の晩餐』
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/ミラノ 
世界でもっとも有名な画家と、世界でもっとも有名な絵を問われれば、次の名を挙げる人が最も多いのではないでしょうか。“レオナルド・ダ・ヴィンチ”と、同画家の『最後の晩餐』。もともと大変評価されていたこの絵が、小説「ダ・ヴィンチ・コード」の出版とそれに続く映画の上映により、瞬く間に世界TOPの知名度を得ましたね。それが得てして我々には幸とはならず、お目にかかるのがますます困難に状況になってしまったものです。というのも、通常絵画は美術館と相場が決まっているものですが、この絵は教会付属の施設(元の食堂)にあり、人数を25人ずつに区切り15分だけ鑑賞できるというもの。世界中に鑑賞希望者がごまんといるというのに、これではチケットを取るのは宝くじに高額当選するようなものです。ですが皆さん、ようやくチャンスが巡ってきましたヨ!

この記事の続きを見る


セティ2世の像【紀元前12世紀のファラオ】
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/トリノ 
芸術大国イタリアには、屋内、屋外を問わず世界的に知られた美術館・博物館が多数存在します。例えばローマの「バチカン美術館」【厳密にはバチカン市国】、フィレンツェの「ウフィッツィ美術館」や「アカデミア美術館」、屋外であれば「ポンペイの遺跡」や「フォーロ・ロマーノ」etc…。これらは紀元前からのイタリアの歴史を紐解く貴重な国の財産ですが、そのイタリアに実は他のある国の古代の歴史をも辿ることのできる、そのコレクションに於いて世界第二の規模を誇る博物館があることをご存じでしょうか?

この記事の続きを見る


「Ravioli
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/フィレンツェ 
旅をするとき、自分だって旅行者なのに、できるだけ旅行者のいないレストランに入りたいって思ったりしません? それも現地の人で賑わっているお店。その中に身を置いて雰囲気を味わいたくもあり、何はともあれ地元の人の愛する料理とあれば三ツ星ですからね。とはいえ世界一の芸術の都であり食の都でもあるフィレンツェは、一年を通して観光客の数がスゴ〜くて、街中のレストランはどこも観光客でい〜っぱい。だから街中で見つけるのはかなりキビシイんです。

この記事の続きを見る


これぞイタリアンのアンティパスト
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/フィレンツェ 
見てください、このテーブル!! どうだ!とばかりに並ぶイタリアン。でもよく見ると分かりますよね。そう、これらは全てほんの“前菜”なんです(笑) 生ハムにサラミ、チーズ、鶏レバーや白いんげん豆のブルスケッタに鶏のテリーヌ。。。 これだけでお腹いっぱいになってしまいそうな量ですが、いやいや美食の国イタリアのディナーはまだ始まったばかり! 夏の暑さに閉口して食が細くなった人も秋には体制を立て直して、冬にかけて大いに食を楽しむ季節! そしてこれらの料理がまた芳醇なワインと相まって、胃に収まってしまうんですよ〜

この記事の続きを見る


映画で繰り返し登場するグランデ広場
  • テーマ:
  • 映画のあの場所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/フィレンツェ 
多くの観光都市があるイタリアのトスカーナ州。その中でアレッツォはそれほど目立った町ではありませんが、今でもファンが多いカンヌ国際映画祭グランプリの名作映画『ライフ・イズ・ビューティフル』のロケ地として知られています。映画で監督・脚本・主演を努めたロベルト・ベニーニはアレッツォ近郊の町の出身ということもあって、映画ではアレッツォの旧市街地がとても魅力的に映し出されています。この映画のファンなら、きっと一度は訪れてみたいと思ったことがあるのではないでしょうか?  今回はそんなアレッツォの観光スポットをご紹介します。

この記事の続きを見る


カンポ広場で行われていたパリオのリハーサル。すでにものすごい数の人
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/シエナ 
イタリア屈指の観光地域トスカーナ州。その中でも一番の人気都市と言えばやはり州都のフィレンツェですが、そのほかにも斜塔でおなじみのピサや音楽の都ルッカなど見どころがたくさんあります。そんなトスカーナ州の中でも今回特におすすめしたいのが、世界遺産の古都として有名なシエナ。この町がもっとも栄えた中世のころの景観が色濃く残っており、入り組んだ道が残る旧市街をぶらぶら歩いていると、まるでその時代にタイムスリップしたかような感覚を味わえます。見どころは世界遺産に指定されている歴史地区に集約されているので、そんな町並みを味わいながら徒歩だけで観光できてしまいます。今回は、そんなシエナのおすすめスポットをご紹介していきます。

この記事の続きを見る


ワーグナーも感動したというシエナ大聖堂
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/シエナ 
「世界遺産の古都シエナ(前編)」に続いてシエナの観光スポットをご紹介していきます。カンポ広場やマンジャの塔からの眺めを楽しんだら、次に向かうべきなのはそこから歩いてわずか数分のところにあるシエナ大聖堂です。白と黒の大理石によって縞模様で造られた大聖堂は、外観も内観もとにかく美しく、時間を忘れて見入ってしまいます。ワーグナーがこの大聖堂に感動し、遺作となったオペラ『パルジファル』の聖杯城のモデルとしたというエピソードも実物を目にするとうなずけます。フレスコ画やステンドグラスはもちろん、床にいたるまですべてが印象深く作られているので、ぜひたっぷり時間をかけて観光してください。また、教会内にあるピッコロミーニ図書館も、部屋を埋め尽くす鮮やかなフレスコ画や聖歌の装飾写本(楽譜)などを見ることができ、おすすめです。

この記事の続きを見る


シエナ大聖堂
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/シエナ 
フィレンツェの南50kmに位置するシエナは、中世期にはフィレンツェと覇権を競うほどに栄えていた都市国家。繁栄の名残は今なお町の隅々に見られます。2008年公開の映画「007 慰めの報酬」ではこの町が登場。冒頭で迫力のカーチェイスが繰り広げられてましたね。街はそんな映画のシーンにも選ばれる美しき古都。それを360度見渡せる贅沢な場所があるんです! それは市役所に聳える塔でも、大聖堂の鐘楼でもありません。それは、シエナの人々から親愛の情を込めて「Facciatone(ファッチャトーネ)」と呼ばれる“謎の壁”・・・

この記事の続きを見る


1 2 3 4 5 末尾 次へ


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。フィレンツェに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介