page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「フェアモント」の見どころ情報

フェアモントに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「フェアモント」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


斬新さを競うモルディブにおいても初登場の島を縦断するプール
  • テーマ:
  • ビーチ
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/インド洋ビーチ/モルディブ 
2018年4月に誕生したフェアモント モルディブ。マーレから北へ約230キロ(水上飛行機で約55分)、シャビヤニ環礁に位置します。上にハーダール環礁、下にヌーヌ環礁に挟まれた環礁の中の、シルフェンフシという島になります。ちなみに、島の名前は、地元の言葉で“秘密の水の島”という意味。この島で目を見張るのは、島を東西に横切る長さ200メートルものプール! これはモルディブ最長です。東側はスパ、西側はレストランに近く、その間にはヤシが林立するエリアやキッズ向けの浅瀬も。ありそうでなかったインパクト大なプールです。

この記事の続きを見る


代表的なのはフェアモント、パレスホテル、リッツカールトンなど
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ロサンゼルス 
フィッシャーマンズ・ワーフ、ケーブルカー、ゴールデンゲートブリッジなどで知られるサンフランシスコ。しかし、サンフランシスコのトレンドと言えば、焼きたてスコーン、サンドイッチと紅茶で知られる「アフタヌーンティ」なのをご存知だろうか?しかも、高級ホテルで開催されていることが多いので、優雅なひとときが満喫できるのも大きな魅力。この次のサンフランシスコ滞在には、ぜひ、アフタヌーンティを楽しんでみてはいかが?

この記事の続きを見る


「フェア」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

デ・ハール城はオランダで最も美しい中世のお城と讃えられています。
  • テーマ:
  • 城・宮殿
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/ユトレヒト 
ハールザイレンス (Haarzuilens) はユトレヒトの北西10kmに位置する、人口500人の小さな町です。13世紀から続くデ・ハール城の城下町として発展しました。デ・ハール城は18世紀から19世紀にかけて荒廃したものの、1892年から20年の歳月をかけて全面的な再築工事が行われ、ネオ・ゴシック様式のお城に生まれ変わっています。オランダで最も大きいお城ですが、その佇まいは愛らしく、城壁やお堀、つり上げ橋などに中世の面影を残しています。現在のデ・ハール城は、城主のファン・ザイレン家が滞在する9月を除いて、ミュージアムとして一般公開されています。2002年の訪問者数は7万6千人にのぼり、オランダのミュージアム訪問者数ランキングでも20位内に入るほどの人気スポットです。

この記事の続きを見る


ボリュームたっぷりのサンデーがおすすめ。
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/デンマーク/コペンハーゲン 
ネオンサインのロゴにカラフルな店内。コペンハーゲンのおしゃれストリートJaegersborggadeにある Istidはおいしくて写真映えするアイスクリームショップです。素材はオーガニック、液体窒素で一瞬で作られるアイスクリームはいつでもフレッシュ!写真はビーガンチョコレートサンデー、トッピングはキャラメルポップコーン・チョコレートソース・ココナッツクリーム 55dkk。Istidノアブロ店住所:Jaegersborggade 13, 2200 Noerrebro

この記事の続きを見る


家と庭にまつわる商品が一同に集結
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
バーン レ スアンフェアは、年2回ペースで開催されているインテリア関連商品と雑貨の一大フェア。イベントタイトルにある「バーン(Baan)」はタイ語で家、「スアン(Suan)」は庭という意味を持つのですが、その名の通り、家と庭にまつわる商品を一同に集めたイベントとなっています。イベントの運営はタイの有名ライフスタイルメディアが行っており、その販売商品のセンスの良さから、インテリア好きのタイ人のあいだでは根強い人気があります。

この記事の続きを見る


ビネンホフ近くのハッピートスティ
  • テーマ:
  • 世界のカフェ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/デンハーグ 
オランダ王室の所在地であり、行政の中心であるデン・ハーグ。官庁でもあるビネンホフ近辺には、気取ったショップやカフェ、レストランなどをよく見かけます。 さて最近のオランダでは素材にこだわり、地球に優しいコンセプトのレストランやカフェが脚光を浴びています。ビネンホフの近くにあるハッピー・トスティ(Happy Tosti)もそんなお店のうちの一つでしょう。

この記事の続きを見る


今やオランダでお馴染みとなったトニーズチョコ
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
オランダのチョコレートといえばドロステが有名で、キュートなチューリップ・チョコレートは空港でもお馴染みのオランダ土産ですよね。ココアで有名なバンホーテンもオランダの会社です。何気にチョコレート関係が有名なオランダですが、最近目覚ましい躍進を遂げているオランダ発のチョコレート・ブランドがあります。

この記事の続きを見る


カタカタとミシンの音が心地よい。同社製のジーンズに埋もれながらの作業だから、仕事もはかどるというもの
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スウェーデン/ストックホルム 
Nudi Jeansは、環境と社会的責任を考え抜いたポリシーに則って商品を展開している。安い材料と低賃金の労働でたくさん商品を作り、世界で売りさばき、自分たちだけが儲ければあとはどうなってもいいという営利主義とは正反対のスタンスなのだ。自分たちの住む地球の将来を考え、少しでも環境破壊を抑えるために原料や商品の輸送を工夫し、当な賃金や雇用条件で労働者を搾取することをチェックする、フェアウエアファウンデーションのメンバーでもあり、会社として正しい方法で物を作り、社会的責任を果たすことを大切にしているのだ。もちろん、自らも提携先に電撃訪問し、チェックするという徹底ぶり。この姿勢は、消費者が環境のことを意識するきっかけを与えてくれる。

この記事の続きを見る


ロサンゼルスマガジン誌で「ベストジェラート・イン・ロサンゼルス」賞を受賞
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ロサンゼルス 
ロサンゼルスで人気のジェラートショップ「Gelateria Uli(ジェラテリア・ウリ)」。ここは、今、ロサンゼルスタイムズ紙など、さまざまなメディアで取り上げられて話題のお店。その人気の秘密は、これまでジェラートに使われたことがない、珍しい食材が使われているから。しかもその食材が、人種のサラダボールのロサンゼルスらしさを表しているから、ユニーク。「ジェラートはイタリア発祥ですが、当店のジェラートは、ロサンゼルス発祥です」。こんなふうに話してくれたのは、オーナーのウリ・ナシボバさん。

この記事の続きを見る


2017年に展示されたポップアート・アーティストのカミーユ・ワララ氏の作品「ヴィラ・ワララ」
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イギリス/ロンドン 
2003年から始まったロンドン・デザイン・フェスティバル。最先端のデザインが、イギリス国内だけでなく世界から集合するイベントで、今年も9月15日〜23日に開催されます。昨年はイベント会場に75ヶ国から45万人の動員を記録したそうですが、年々その規模は大きくなる一方。ヴィクトリア&アルバート博物館をはじめ、公共空間に設置されるパブリック・アートの作品も多く無料でも楽しめるイベントなので、気軽に立ち寄ってみてください。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。フェアモントに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介