page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「フェリー 大阪 台北」の見どころ情報

フェリー 大阪 台北に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「フェリー 大阪」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


プレミアムフライデーの海外旅行 アジアにいながらヨーロッパ気分のマカオへ!
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • アジア/マカオ/マカオ 
プレミアムフライデーの恩恵に預かれそうなあなた。あなたが旅好きさんであれば、「週末に海外旅行へ」と考えるのは当然ですよね。けれどもこの短期間で行くなら、行き先はかなり限られます。私のおすすめは、“あえてひと頑張りしてマカオへ”。その理由は、なんといっても、香港、韓国、台湾、上海といった近隣の土地よりも、「遠くへ来た」という感覚が段違いだからです! 近くて遠い不思議な旅の気分を、ごく短時間でも味わえるのがマカオの魅力なんですよ。

この記事の続きを見る


釜山の魚市場
  • テーマ:
  • 船・クルーズ
  • 行き先:
  • アジア/韓国/釜山(プサン) 
日本の下関と韓国の釜山が初めて航路で結ばれたのは、1905年のことです。関釜フェリーの始まりでした。1910年に日韓が併合されると、さらに重要度は増し、当時の鉄道省は壮大な計画を描きます。それが大東亜縦貫鉄道です。日本は島国なので、併合した韓国の釜山を基点に、南はシンガポールに達する路線、ロシア経由でシベリア鉄道を使ってドイツのベルリンに達する路線を考えていたのです。しかし日本が先の大戦で敗戦すると、大東亜縦貫鉄道どころか、関釜フェリーも廃止されてしまいました。復活したのは25年後の1970年です。「ポッタリチャンサ」と呼ばれる、担ぎ屋のおばちゃんたちが、常時100人以上は乗船し、韓国からは食品や雑貨を、日本からは電化製品やバナナなどを運んでいたのです。バナナは日本では安く買えても、韓国では病気にならないと食べられない時代が80年代くらいまで続いていたそうです。

この記事の続きを見る


「大阪 台北」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

台北駅地下街のコインロッカー
  • テーマ:
  • 鉄道
  • 行き先:
  • アジア/台湾/台北 
(その1より続く)LCCばかりでなく、中華航空や日本航空なども発着しているのが台湾桃園空港です。最近は、台北経由便を利用する旅行者も多くなりました。超リクライニングの椅子や、無料シャワー、無料電源などサービスも充実、コンパクトでわかりやすいとなかなかの評判です。到着したら、今回、預け荷物はないのでそのまま入国審査を通り、矢印にしたがって、バス乗り場に向かいます。MRT(台湾地下鉄)の開通は2017年3月と言われていますが、これまでも開通延期を繰り返しており、どうなるか予断を許しません。ただ、バスターミナルから頻繁に各社のバスは出ています(120元くらい)。所要約1時間ですが、渋滞に巻き込まれることも多くあります。そこで、高鉄桃園駅までシャトルバス(30元)で行き(所要15分)、台湾新幹線で台北駅に向かいました。日本の新幹線にそっくりで、所要20分、165元です。(1元=3.6円)

この記事の続きを見る


真夜中の羽田空港出発ロビーは、結構明るい
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • アジア/台湾/台北 
ここ数年で、LCC(格安航空会社)がこぞって日本に上陸し、近場の東アジア各地を結ぶようになっています。中でもソウルと台北は、弾丸ツアーまで登場し、その価格競争は熾烈を極めています。今回僕が利用したのは、A航空を利用する1泊3日の台北弾丸ツアーです。価格は13500円。なんと東京~大阪間の「のぞみ号」片道切符より安い値段なのです。このツアー、台北でおいしいものをサクッと食べに行くような旅行者たちに人気です。週末を利用すれば、有給休暇を取らなくても台北に行けちゃうのですから。宿泊はゲストハウスのドミトリーが1泊付いています。しかし、これほど安いのは、何もゲストハウスが安価なだけではありません。羽田空港の深夜から早朝にかけてのアクセスの悪さを、全面的にかぶるからです。出発は早朝の5時台ですし、帰りの到着は深夜1時近くです。いずれの時間帯も公共の交通機関が利用できないのです。

この記事の続きを見る


「フェリー」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

Jubilee
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/マルタ/ゴゾ 
地中海に浮かぶマルタ共和国は、首都バレッタ自体ほか、2つの世界遺産(計3つ)があり、海と石造りの建物の美しさにあふれています。史跡好きのツーリストにはもちろん、モダンな世界とは違う空間にひたりたい人たちにも人気です。首都のあるマルタ島の西北側にゴゾ島があります。ゴゾ島にも遺跡があり、たくさんのツーリストが訪れます。バレッタからは「バスで1時間強⇒フェリー渡航⇒ゴゾ島到着、バスで中心地のビクトリアまで25分」と少し時間はかかりますが、日程に余裕があればゴゾ島訪問はおすすめです。マルタ島とは、少し違った雰囲気が楽しめます。(ゴゾ島訪問ツアーもありますし、バスやフェリーの本数が多いので個人でも行けます)このゴゾ島・ビクトリアにある要塞チタデル(Citadel)のすぐそばにあるショップ「Jubilee Foods ジュビリー・フーズ」は、ゴゾ島の特産品(食品)を販売しています。特産品を売る店はほかにもありますが、Jubilee Foodsでは、スイカジャム、レモンジャム、オレンジマーマレードなどのジャム類を試食することができます。ウチワサボテンやイナゴマメ(キャロブ)のリキュールやコーヒーも試飲できます。

この記事の続きを見る


重厚な雰囲気を醸し出しているセントラル駅は、シドニーの交通の要
  • テーマ:
  • 鉄道
  • 行き先:
  • オセアニア/オーストラリア/シドニー 
旅行先として、日本人に人気の高いオーストラリアのシドニー。個人旅行で訪れる方も多く、パッケージツアーでも自由時間が設けてられていることが多いですよね。フリータイムのお出かけにはどんな交通機関を使えばよいでしょう? シドニーの主な公共の交通機関は4つあります。2階建のダブルデッカー車両でおなじみのシドニートレイン、入り組んだ入江を縦横に移動するフェリー、南北の移動に便利なシドニーバス、市内中心部の移動の足となるライトレールと呼ばれる路面電車です。

この記事の続きを見る


キンタ・アベニダからの入り口です。ADOバスターミナルから徒歩2分の場所にあります。
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • 中南米/メキシコ/プラヤ・デル・カルメン 
カンクンからバスで45分走ると見えてくるのが、お洒落でモダンな町、プラヤ・デル・カルメンです。プラヤ・デル・カルメンのメインアベニュー、Av.5ta(アベニダ・キンタ)はショッピング天国とも言われています。ブティック・レストラン・カフェが数キロに渡り立ち並び、常に観光客でごった返しています。Av.5taのほぼスタート地点に位置するのが、今回ご紹介する「パセオ・デル・カルメン」というエリアのプラザです。プラザとはいえ、ブティックやレストランが立ち並ぶ屋外のショッピング・モールと考えていいでしょう。屋外ではありますが、簡単な屋根でおおわれているため、強い日差しや雨に影響されることなく、ゆっくりと買い物を楽しめるエリアです。

この記事の続きを見る


ディスカバリーベイについて
  • テーマ:
  • ライフスタイル
  • 行き先:
  • アジア/香港/香港 
香港のリゾート地であるディスカバリーベイは、ディズニーランドがあるランタオ島の東側にロケーション。海や山、大自然に囲まれたビーチリゾートです。

この記事の続きを見る


レパントの海戦を再現!ショーのクライマックスの戦闘シーン。
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ギリシア/パトラ 
パトラから車で30分。リオ・アッディリオの橋を渡って少し海沿いに走ると見えてくるのが小さなナフパクトスの街です。ここが、サラミナの海戦などと並ぶ世界史で知られる海戦の舞台となったレパントです。「レパント」というのはナフパクトスのイタリア語、スペイン語名称です。オスマン朝トルコ帝国が絶大な勢力を誇っていた時代の1570年〜1571年に、当時ヴェネツィアが支配していたキプロス島をオスマン朝トルコ帝国が占領しました。町は破壊され、ヴェネツィア、ギリシャ両軍の兵士はもちろん一般市民も大変残酷な方法で殺されたそうです。そして同じ時代、スペインもイスラムの勢力の拡大を恐れていました。同時にヴェネツィアにとっては、東地中海からアドリア海にかけての貿易を手中にしたいという思惑もあり、様々な要因がカトリック教会側の国々を結び付け、オスマン朝トルコ帝国に対抗する協力体制を生み出すこととなりました。

この記事の続きを見る


ゆっくりここで読書でもしたくなるラウンジ。
  • テーマ:
  • 安宿
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フィンランド/ヘルシンキ 
今年の秋から冬、北欧デザインの旅や冬のオーロラ鑑賞など、ヘルシンキを拠点にした旅を考えている方もいらっしゃるでしょう。プランを組むときに頭を悩ますのが北欧の物価の高さ、とくにホテル代です。そこで、リーズナブルに泊まれて、なおかつオシャレ、北欧らしい気分を味わえるとっておきのユースホステルをご紹介します。「ヘルシンキ・ユーロホステル」は、とくに夏と冬のラップランドの旅の際、日本人女子がよく利用するという超穴場のユースホステルです。場所は町の東側、フェリー乗り場からほど近い住宅街に位置し、中心街へも歩いて15分ほどで行ける、立地も最高なのです。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。フェリー 大阪 台北に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介