page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「フランス イタリア スイス ドイツ 4カ国周遊」の見どころ情報

フランス イタリア スイス ドイツ 4カ国周遊に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「フランス イタリア スイス ドイツ」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


EUへの入国には、あらかじめ手続きが必要に
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
日本のパスポートを持っていると、多くの国々へビザなし渡航ができます。とても便利ですね。ところが、基本的にビザは必要ないのだけど、事前に渡航申請が必要な国があります。一番有名なのは、アメリカですね。アメリカの渡航認証システム、ESTA(エスタ)はよく知られています。渡航前に、パスポート情報などをオンラインで訪問国に送っておく必要があります。その他には、カナダのeTA(イータ、イーティーエー)があります。こういったシステムがある国に行くには、日本出発までに、渡航認証システム経由で申請をしておかないと、飛行機にすら乗れません。それと似たものが、EUにも導入されることになりました。予定では、2021年に導入とのことです。まだ時間がありますが、あらかじめ知っておいて、来たるときに備えましょう!

この記事の続きを見る


現在のシャモニ-。紅葉前に何度も雪が降り、頂上は新雪で雪化粧を繰り返し、その下は紅葉も見所になりました。この季節、晴れていれば山頂の白化粧した岩肌が夕暮れ時、燃えるようなピンク色に染まります。
  • テーマ:
  • ドライブ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/コルマール 
ヨーロッパの観光名所の近くには、数多くの空港があり格安航空で少ない日程でも周遊することが可能です。しかし空港は大抵郊外にあるため、中心街までの移動に時間や費用が掛かってしまうことも。国鉄を利用する場合、出発日の3ヶ月前よりサイトでの予約が可能で、条件付ですが正規の値段の半額で買える場合もあります。しかし、放浪の旅をしたい方には向かないシステム。そこでお勧めしたいのが、車の相乗りを募集するサイト。http://www.covoiturage.fr 先日実際にこのサイトを使い子供を連れて旅行してみました。

この記事の続きを見る


ユーロ期間にチューリヒ中央駅に設置されていたサッカー選手の巨大なモニュメント
  • テーマ:
  • サッカー観戦
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スイス/チューリヒ 
華麗なパスサッカーのスペインが優勝した欧州選手権(ユーロ)2008は、今も多くのサッカーファンの心に焼きついている。ロシアのアルシャビンやクロアチアのモドリッチらニュースターの出現も今後に向けて楽しみな材料である。このユーロ2008の会場地を巡る今回の企画で、ただ1つ取り上げていなかったのがチューリヒ。スイス最大の都市であり、ドイツ、イタリア、オーストリアへの列車のゲートウェーでもある。私も今回のユーロ期間中には両国を行き来するベースとしてこの町に滞在した。チューリヒを改めて紹介すると、スイスの金融・経済・商業・文化の中心都市で、人口は約37万人。細長いチューリヒ湖の両岸に開けている。歴史は古く、紀元前の時代からローマ帝国の関所として栄えた。中世には北ヨーロッパとイタリアを結ぶ交通の要所として発展した。16世紀前半にフリードリヒ・ツヴィングリによる宗教改革が始まったのもこの町。今では美術館や博物館なども多く、古きと新しきが同居する土地なのだ。

この記事の続きを見る


ルーブル美術館を右手に見て
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
メトロのストライキがあったときに一躍脚光を浴びたのが、水上バスBATOBUS。仕事先に行くために、セーヌ河岸のBATOBUS乗り場に列を作って人々がニュースで放映されました。BATOBUSはBateaux mouchesなどの観光船ではないので、まったくマイクでの旅行者用の説明などがありません。また、チケットは1日券、2日券から1年券となっており、有効期間内なら何度でも降りたり乗ったりすることができるパス。1日券が12Eで、もしかするとメトロよりもずっと割安。夏場は朝10時から夜9時半まで運行しているので、観光にももってこい。

この記事の続きを見る


ベルンの「スタッド・ドゥ・スイス」。ベルンヤングボーイズの本拠地だ
  • テーマ:
  • サッカー観戦
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スイス/ベルン 
スペインの優勝で幕を閉じた欧州選手権(ユーロ)2008。今回の企画ではウィーン、バーゼルなど開催都市を紹介してきた。が、まだ取り上げていないのがスイスの首都・ベルンだ。ここではオランダがイタリアを3−0、フランスを4−1で破るなど、歴史的なゲームの何試合かを見ることができた。ユーロは終わっても、その歴史は変わることがない。しかもベルンには「BSCヤングボーイズ(BERNER SPORTS CLUB YOUNG BOYS)」というクラブもある。この先もまだまだサッカーは楽しめるのだ。

この記事の続きを見る


6月9日に行われたユーロ2008のウィーンの開幕戦、オーストリア対クロアチア戦。白熱したゲームはクロアチアが1−0で勝った
  • テーマ:
  • サッカー観戦
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ウィーン 
前回から始まった欧州選手権(ユーロ2008)特別企画。第2弾は開催国・オーストリアの3試合と準々決勝2試合、準決勝1試合、そして決勝の7試合が行われる最大の要所・ウィーンを取り上げる。ウィーンと聞けば、ドナウ川やハプスブルク家の歴史など、さまざまなことが連想されるが、一番は「音楽の都」ではないか。ハプスブルク家の支配を受けた中世のウィーンでは華やかな宮廷文化が栄え、王宮・ホーフブルク、離宮・シェーブルクなどの宮殿が次々と作られた。こうした中、モーツアルトやベートーベンら数多くの作曲家が活躍。今もウィーン国立歌劇場などでオペラが連日、上演されている。交響楽団のコンサートや舞踏会も多く、音楽や踊り好きにはたまらない町といえる。

この記事の続きを見る


バーゼル市内をゆったりと流れるライン川
  • テーマ:
  • サッカー観戦
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スイス/バーゼル 
今月7日に開幕した欧州選手権2008(ユーロ2008)。スイス4会場のうち、グループリーグ3試合に準々決勝2試合、準決勝1試合の行われるバーゼルは特別な場所である。グループリーグでは地元・スイスがここバーゼルでベスト8進出に挑む。2006年ドイツワールドカップではグループを1位通過しながら、決勝トーナメント1回戦でウクライナにPK負けを強いられたものの、彼らの実力が世界に示されたのは間違いない。そのスイス代表が再びビッグトーナメントに姿を見せるのだ。地元での期待は非常に大きなものがあるようだ。約50万の人口を誇るこの町は、バーゼル・シュタット準州の州都。ちょうどドイツとフランスの3カ国の国境に位置する。空の玄関口であるバーゼル・ミュールーズ・フライブルグ空港の所在地はフランス領内。空港にはフランス用とは別にスイス用の出入り口が設けられ、直接スイス領内へ出られる面白い構造になっているほどだ。

この記事の続きを見る


サッカー欧州選手権、EURO2008のマスコット。色々な所で見かけるようになりました
  • テーマ:
  • サッカー観戦
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ウィーン 
サッカー欧州選手権・UEFA EURO 2008はFIFAワールドカップの中間年に開催されるヨーロッパのナショナルチームによるサッカーの選手権です。2008年に開催される今回のEURO2008はオーストリアとスイスの合同開催で、2ヶ国8ヶ所のスタジアムを使って開催されます。6月7日にスイスのバーゼルで開幕戦、6月27日の決勝戦はオーストリア、ウィーンのエルンスト・ハッペル・スタジアムで行われます。ウィーンの他、クラーゲンフルト、ザルツブルク、インスブルックでも試合が行われます。

この記事の続きを見る


太陽のひかりが差し込むアラ・パチス
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/ローマ 
アラ・パシスは、ローマの旧市街中心にある平和の祭壇。イタリア語で、「アラ」は祭壇、「パシス」は平和という意味だ。皇帝アウグストゥスが、ガッリーア(現在の北イタリア、フランス、ベルギー、スイス西部、オランダ一部、ドイツの一部を含む地域)とヒスパニア(現在のスペイン、ポルトガル、アンゴラ、ジブラルタール、フランス南部を含む地域)を征服し、ローマに帰国したことを讃えて、元老院が建設を委託し、紀元前9世紀に完成。アウグストゥスの勝利によって、ローマ帝国がいつまでも平和で繁栄するようにという願いが込められている。

この記事の続きを見る


「フランス イタリア ドイツ」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

普段なにげなく使っているパスポートですが…
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ボスニア・ヘルツェゴビナ/サラエボ 
ボスニア・ヘルツェゴヴィナを旅行中、中国人の女性と話をする機会がありました。アラサーぐらいに見える彼女は、私と同じ一人旅。最近は同じアジア人で、日本人以外でも女性の一人旅をよく見かけるようになってうれしくなります。お互いの旅程を話しているうちに、彼女が切々と語りだしたのはビザのこと。自国のパスポートだと海外旅行の手続きに苦労することが多く、「フランスやドイツに行くのも大変。あなたはどこにでも行けていいわね」とうらやましそうでした。いわれてみると日本のパスポートは本当にすごい。当たり前のように海外旅行をしている自分を、いま一度振り返るきっかけになりました。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。フランス イタリア スイス ドイツ 4カ国周遊に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介