page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「フランス カフェ 内装 インテリア」の見どころ情報

フランス カフェ 内装 インテリアに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「フランス カフェ 内装 インテリア」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


フランス人オーナーのセンスが光る外観・内装
  • テーマ:
  • スポット
  • 行き先:
  • アジア/ベトナム/ホーチミン 
緑に囲まれた入口を通ると明るい日差しが差し込む、広い天井の店内となっております。倉庫をリノベーションした店内は広々しており、ソファー席は長居するのにもぴったり。お子様連れのお客様にも過ごしやすい空間となっています。

この記事の続きを見る


気分に合わせて選びたい、ルーブル美術館の中にあるカフェ
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
パリを訪れると、街中のいたるところにカフェがあるのに驚きます。1杯のコーヒーで休憩したり、ちゃんと食事を取る事もできるカフェはもはやフランス人にとっては自宅の延長のような場所です。今回ご紹介するのは、ルーブル美術館の中にあるカフェ(レストラン)です。日本でもミュージアムに併設されているカフェやレストランは雰囲気も良くて人気がありますね。ルーヴル巡りに一日を費やす、という方も多いと思います、ぜひ足が疲れたら利用してみてはいかがでしょうか。

この記事の続きを見る


パリ8区、オスマン大通りにあるジャックマール・アンドレ美術館
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
パリとアートとカフェが好きな方に一度訪れて頂きたいジャックマール・アンドレ美術館内にあるカフェをご紹介いたします。パリ8区、オスマン大通りにあるジャックマール・アンドレ美術館は19世紀末の裕福な美術品収集家ジャックマール・アンドレ夫妻が残したオスマン風の優雅な建造物です。当時ダイニングルームとして使用されていた部屋が、今はカフェになっています。壁には豪華な絵画が飾られ、天井にはフレスコ画、気品のあるテーブルや椅子などの調度品が並び、優雅な気分でお茶を楽しめます。

この記事の続きを見る


ル・カフェ・マルリーのテラス席で優雅にティータイム
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
パリを訪れたなら誰もが一度は足を運びたいと思うルーブル美術館、そして、ルーブル美術館を訪れたなら一度は足を運んでいただきたいのが、ここル・カフェ・マルリー(Le cafe Marly)です。ルーブル美術館のリシュリュー翼側、地上階にあるこちらのカフェは、有名な建築デザイナー、コスト兄弟によるデザイン。重厚感のある落ち着いた造りと、近代的なインテリアがなんとも素敵な空間を生み出しています。広いルーブル美術館の見学の後は、ル・カフェ・マルリーのテラス席で一息つくのはいかがでしょうか。

この記事の続きを見る


パリに点在する老舗パン屋さんのPAUL
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
日本でも人気パン屋さんの上位に挙がるPAULですが、今回は本場パリのPAULの魅力をお届けします。PAULは1889年、フランスの北部の街リールにて開店、その後フランスの大手スーパーMONOPRIX(モノプリ)やAUCHAN(オーシャン)などに卸しを始め、近年では急速にチェーン展開し拡大していきました。どこの店舗もパン焼きの釜や店舗の内装インテリアや絵画、テーブルなどどこか懐かしくて素敵ですが、これは創業当時の19世紀をイメージしているのだとか…。 創業当時から変わらない製法で焼かれているPAULのパン、パリ旅行の際には一度は試してみて下さい。

この記事の続きを見る


グリーンの壁が目印のパティスリー カドール。ルーブル美術館のすぐ脇にあります
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
バカンスも明けた、秋のパリ。気温も涼しくなり、スイーツが恋しい季節になりました。今日はパリの中心地1区にあるパティスリー、カドールをご紹介致します。ルーブル美術館に見学に出かけた際には、ぜひ立ち寄っていただきたいクラシックなお菓子がそろっているパティスリーです。カドールは映画のロケにも使われたり、上品な地元お買い物客や観光客に人気のお店。セーヌ川沿いから一本入った角地に位置し、淡いグリーンの壁が目印です。日曜日もやっており、朝食やランチのメニューもあるので気軽に入ってみてくださいね。

この記事の続きを見る


「フランス カフェ 内装」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

クロムニェジーシュにある世界遺産「大司教の城」
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/チェコ/ブルノ 
中欧の小国チェコには全部で14の世界遺産があり、そのうちの半数近くはチェコ南部の中心都市ブルノから日帰り観光できます。今回はそのうちのひとつ「クロムニェジーシュの庭園と城」について詳しく紹介しますね。チェコ南東部のモラヴィア地方にある人口約3万人の地方都市クロムニェジーシュは、13世紀頃から交易で栄えた町。町の中心部にあるヴェルケー広場を中心に、世界遺産に登録されている「大司教の城」や「フラワーガーデン」が徒歩圏にあります。落ち着いて歩きやすい小さな町なので、世界遺産観光だけでなく、半日ほどゆったりと滞在するのもいいでしょう。

この記事の続きを見る


フレンチコロニアルな建築物が多いのがベトナム。そうした建築物を訪ね歩くのも街歩きの楽しみのひとつ
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • アジア/ベトナム/ホーチミン 
ベトナムでは街を歩けば小さな椅子に腰かけてお茶を飲む人を多く見かけます。古くから喫茶文化があり、ベトナムの人々は老若男女問わずお茶をするのが大好きな人が多いようです。フランス統治時代にはコーヒーが持ち込まれてからはコーヒーも加わり、喫茶スタイルもさまざまに変化しています。現代では道端カフェも健在ですが、WiFiのある屋内カフェも人気。特に近年ではヘリテージビルを改装した、すばらしいカフェもお目見えしています。

この記事の続きを見る


2階にあるロマンチックなピンクの部屋。
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
ラ・ヴィレット公園の近くに流れるパリ19区、ウルク運河。この近辺は再開発の後、映画館やレストラン、カフェ、バーなどが立ち並び、夏にはパリプラージュと言うイベントも開催されています。 運河沿いには小さな公園もあり子供の遊具、卓球台はもちろん、フランスで有名なペタンクをしている人もいて、憩いの場所として親しまれています。そんな運河沿いに一軒家があります。その名前は「 Le pavillon des canaux」。19世紀に建てられた一軒家がそのまま数年放置されていたものを改築し、レストラン、カフェ、バーに生まれ変わりました。

この記事の続きを見る


店内はこぢんまりとしていますが、なんとも居心地が良い!
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
週末にパリでブランチを食べられる場所を探していると、カフェ大好きなパリジェンヌから「ぜひ!」と薦められたのが15区のカフェ「O Coffee」。パリの中心やモンマルトル(18区)やマレ(3区)には有名、もしくはおしゃれなカフェが多く存在しますが、15区はカフェとしてはあまり知られていない地区。それゆえ15区に素敵な場所があると知り早速訪れてみました。週末になるとよく並んでいるほど人気があるカフェだそうで、オープンする9時に行くとよいとアドバイスを受けて行ってみると、確かに10:00には満席に。期待も高まります。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。フランス カフェ 内装 インテリアに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介