page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「フランス スイス イタリア 添乗員付き」の見どころ情報

フランス スイス イタリア 添乗員付きに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「フランス スイス イタリア」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


EUへの入国には、あらかじめ手続きが必要に
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
日本のパスポートを持っていると、多くの国々へビザなし渡航ができます。とても便利ですね。ところが、基本的にビザは必要ないのだけど、事前に渡航申請が必要な国があります。一番有名なのは、アメリカですね。アメリカの渡航認証システム、ESTA(エスタ)はよく知られています。渡航前に、パスポート情報などをオンラインで訪問国に送っておく必要があります。その他には、カナダのeTA(イータ、イーティーエー)があります。こういったシステムがある国に行くには、日本出発までに、渡航認証システム経由で申請をしておかないと、飛行機にすら乗れません。それと似たものが、EUにも導入されることになりました。予定では、2021年に導入とのことです。まだ時間がありますが、あらかじめ知っておいて、来たるときに備えましょう!

この記事の続きを見る


夏でも寒いので、ジャケットは必要
  • テーマ:
  • 家族で海外旅行
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スイス/ツェルマット 
子どもはもちろん、大人も大好きなスイスチョコレートのTobleroneのモデルになった山、マッターホルンをいろんなアングルから観察できるのがツエルマット。ハイキングやスキーだけでなく、観光するだけでも十分楽しめる自然に囲まれた美しい街です。標高3883メートルにあるヨーロッパで一番高い駅クライン・マッターホルンへはツエルマットからゴンドラでフーリとトロッケナーステッグで乗り換え、所要時間約45分で到着。一年中スキーができるので、ナショナルチームの練習場にもなっている他、キッズはスノーチューブで夏でも雪の世界を楽しむことができます。グレーシャー・パラダイズでは氷の彫刻やすべり台、椅子などがあり、氷の世界を満喫。展望台からはマッターホルンだけでなくスイス、イタリア、フランスの山をみることができ、大迫力!

この記事の続きを見る


シャモニースードゥの橋の上から見た紅葉と新雪のハーモニーが大変美しい風景。この時期ならではの景色を心行くまで堪能してくださいね。
  • テーマ:
  • スキー・スノーボード
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/シャモニー 
10月の終わりから、既に下界にも雪が降りはじめたモンブランのお膝元、シャモニー。現在は紅葉したアルプスの山頂に真っ白な雪の大変美しいハーモニーが味わえる時期です。この時期晴れて気温が低い日は、少しだけ雪が降り積もると、余計に山の岩肌がはっきりと浮き立ち大迫力の風景を堪能できますよね。線路に雪が降り積もっている日の夜、モンブラン・エキスプレスに乗車すれば摩擦で発生する火花のような光景を堪能することもできます。今シーズンオープンしたエギュイユ・ディ・ミディの岩の上に突き出した半透明の展望台は、スリリング感味わえることを間違いなし。更に今年の冬メール・ドゥ・グラスで小さな飛行船に乗れる企画も進行中だとか。大迫力の風景を堪能しながら、今年の冬はシャモニーでスキー三昧を堪能しませんか?

この記事の続きを見る


今年の大会は雨の中開幕。会場には傘をさした観客たちが見守る中、雨で手が滑ってしまうのか、寒さのあまり指が凍り付いてしまうのか途中でリタイヤする方も。大抵の方がこの付近でリタイヤしていました。
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/シャモニー 
アウトドア王国、シャモニーでは夏場様々なアウトドアスポ-ツの大会が主催されます。6月末には、モンブランマラソン大会が行われ、世界中からマラソン愛好家が集いました。そして、7月10から12日まではロッククライミングの世界選手権がシャモニ-中心街のモンブラン広場で繰り広げられます。こちらの大会も毎年恒例で、日本からもトップクライマーたちが訪れます。人口の壁が二つ設置され、ひとつは垂直の壁を如何に早く上まで到達できるか競います。その速さ、猿でもかなわないのではと思うほど、白熱した闘いに魅せられます。

この記事の続きを見る


シャモニー中心街、観光案内所近くのバス停付近。満開中の花々と新雪のコラボ。この時期ならではの、風景です。
  • テーマ:
  • トレッキング・登山
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/シャモニー 
モンブラン観光の拠点となる、フランスのシャモニー。標高の高いシャモニーでも、天気が良い日は既に22度を超えるようになりました。ただし、この時期天気が悪い日は山の上には新雪が降り積もるので、一気に気温も下がります。ただいま、花々が満開中のシャモニー界隈ですが、桜や梅と新雪のコラボをこの時期ならでは堪能することも可能です。エギュイユディミディの頂上にオープンした透明のガラスで覆われた展望台。一目下を見れば、崖の上から飛び出しているのでまるで空中散歩をしている様な錯覚に陥るのではないでしょうか?今年の夏シャモニーを旅行する人は、是非スリリングな気分を味わってくださいね。

この記事の続きを見る


パリ、ルーブル美術館近くの骨董品やさんのディスプレー。男心をくすぐるような、壮大な夢のロマン。
  • テーマ:
  • 鉄道
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/シャモニー 
皆さんは、もう今年の旅行の計画はお済ですか?今年フランスを旅行したい方は、鉄道パスを買う前にフランス国鉄サイト、http://www.voyages-sncf.com/ を必ずチェックしてみてくださいね。近隣の国に比べると、フランス国鉄のお値段高いように思えるのですが、実は早期割引が大変お得。現在、夏のバカンス用のTGVなどのチケットが大売出し中です。例えば、パリから25ユ-ロの最安値でいけるのは、ボルドー、マルセイユ、リヨン、スイスのロ-ザンヌ。出発日や出発時間帯により値段の変動はありますし、売り出す席は限られているので早い者勝ち。隣の席なのに予約時期が遅ければ、この倍以上軽くしてしまうのでフランス周遊を考えている方は計画を早めに立てましょう。4月11日〜5月11日までの一ヶ月間、パリ〜リヨン、パリ〜ボルドー間などTGVが何と一人分のお値段で二人分のチケットが購入できるようです。これなら断然パスを購入するより、国鉄サイトで予約してくださいね。

この記事の続きを見る


現在のシャモニ-。紅葉前に何度も雪が降り、頂上は新雪で雪化粧を繰り返し、その下は紅葉も見所になりました。この季節、晴れていれば山頂の白化粧した岩肌が夕暮れ時、燃えるようなピンク色に染まります。
  • テーマ:
  • ドライブ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/コルマール 
ヨーロッパの観光名所の近くには、数多くの空港があり格安航空で少ない日程でも周遊することが可能です。しかし空港は大抵郊外にあるため、中心街までの移動に時間や費用が掛かってしまうことも。国鉄を利用する場合、出発日の3ヶ月前よりサイトでの予約が可能で、条件付ですが正規の値段の半額で買える場合もあります。しかし、放浪の旅をしたい方には向かないシステム。そこでお勧めしたいのが、車の相乗りを募集するサイト。http://www.covoiturage.fr 先日実際にこのサイトを使い子供を連れて旅行してみました。

この記事の続きを見る


スキーで国境を越えることもできる、本場アルプスのスキー場
  • テーマ:
  • スキー・スノーボード
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スイス/ツェルマット 
昨今の登山ブームで、海外ハイキングを楽しむ人も少なくありません。その中で特に人気なのは本場のアルプス。日本からアルプスを目指す人のほとんどは夏の間に集中しますが、ヨーロッパの人にとって、アルプス観光のハイシーズンは冬です。冬の間、分厚い雲に覆われ、常に薄暗いヨーロッパの人にとって、雲の上で太陽が降り注ぐアルプスは天国のような場所なのです。だから意外にも冬の山岳リゾートは、どこも満員御礼。日光浴をしにくるだけのお年寄りもいますが、すばらしいスキー場でスキーやスノーボードを楽しむ人が大勢いるのです。

この記事の続きを見る


フランスの中のベニス アヌシ−の春を告げるカ−にバルは、本場さながらの衣装を身にまとった方々が可愛らしい旧市街を大行進します。参加者が自分で用意した衣装は、とっても素敵でうっとりしちゃいます。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/ベネチア 
モンブランのお膝元シャモニ−は、スイスやイタリアからのアクセスも抜群に良い場所に位置しています。パリからは、時間帯にもよりますがパリリヨン駅よりフランスの中のベニスと称えられるアヌシ−、または美食の町リヨン乗換えで来るのが主流です。スイスのジョネ−ブ国際空港からは、バスに乗れば直通で来ることが可能。また、スイスのマルティ二からは、モンブランエキスプレスで直通で来る事も可能です。そして、イタリアのミラノ、北イタリア第二の都市トリノからは、SAT社のバスを使い、アオスタ、クールマイヨールで乗り換えて同日中に着くことも可能です。

この記事の続きを見る


ユーロ期間にチューリヒ中央駅に設置されていたサッカー選手の巨大なモニュメント
  • テーマ:
  • サッカー観戦
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スイス/チューリヒ 
華麗なパスサッカーのスペインが優勝した欧州選手権(ユーロ)2008は、今も多くのサッカーファンの心に焼きついている。ロシアのアルシャビンやクロアチアのモドリッチらニュースターの出現も今後に向けて楽しみな材料である。このユーロ2008の会場地を巡る今回の企画で、ただ1つ取り上げていなかったのがチューリヒ。スイス最大の都市であり、ドイツ、イタリア、オーストリアへの列車のゲートウェーでもある。私も今回のユーロ期間中には両国を行き来するベースとしてこの町に滞在した。チューリヒを改めて紹介すると、スイスの金融・経済・商業・文化の中心都市で、人口は約37万人。細長いチューリヒ湖の両岸に開けている。歴史は古く、紀元前の時代からローマ帝国の関所として栄えた。中世には北ヨーロッパとイタリアを結ぶ交通の要所として発展した。16世紀前半にフリードリヒ・ツヴィングリによる宗教改革が始まったのもこの町。今では美術館や博物館なども多く、古きと新しきが同居する土地なのだ。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。フランス スイス イタリア 添乗員付きに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介