page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「フランス 有名な 動物」の見どころ情報

フランス 有名な 動物に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「フランス 有名な 動物」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


湖を背に、オレンジ色のオブジェが引き立ちます。湖沿いへつながる道があり、徒歩で一周(要2時間)できます。
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スイス/チューリヒ 
スイスでも、秋はおいしいものが出回ります。カボチャもその1つ。その旬のカボチャを買うのと、カボチャのオブジェを眺められる有名な場所が、チューリヒ近郊の農場「ユッカ―ホフ」です。ユッカ―兄弟が経営するこの大農場には、特製の木と藁の型にいろいろな種類のカボチャを固定して作った像が飾ってあります。もちろん農場で収穫したカボチャで、全部で約45万個使われているそうです。デザインはベルリン在住のドイツ人芸術家ピット・ルーゲさんが手掛けています。

この記事の続きを見る


パリ郊外にあるブローニュの森
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
パリの人ごみに疲れたら、気分転換にブローニュの森に行ってみませんか? 846ヘクタールと東京の代々木公園の約16倍もの広さがあります。かつては王の狩猟場だったところです。メトロ1号線のレ・サブロン駅を降りてすぐには、動物園と遊園地があり、バラ園で有名な『バガテル公園』や、テニスの全仏オープンが行われる『スタッド・ローラン・ギャロス』、キャンプ場などがあります。週末ともなれば、広大な敷地内では、サイクリングやジョギングを楽しむ人や、散歩がてら訪れる人、湖でボートを漕ぐ人も多く見かけます。パリの中心部からわずかに5kmと交通の便もよく、こんなところに緑の豊かな森を保全してきたフランス人のセンスのよさを感じますね。そしてこの森には、欧州最高峰の競馬レース、凱旋門賞が行われるロンシャン競馬場があるのです。毎年10月の第1週に開催されるので、時期が合えば、ぜひ行ってみましょう。

この記事の続きを見る


世界の競馬場巡り その2 パリのロンシャン競馬場とヴァンセンヌ競馬場を訪ねてみよう!
  • テーマ:
  • スポーツ観戦
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
芝コースの競争では「500万ユーロ」と、世界一の賞金総額で有名な凱旋門賞。これはフランスはパリのロンシャン競馬場で毎年、秋に開催されています。日本から遠征して出走する馬も多いのですが、凱旋門賞の壁は厚く、優勝馬は未だにいません。しかし近年では2012年、2013年と2年連続2着になったオルフェーブルのように、世界に通じる実力を持った日本馬が増えつつあります。今年こそは、といった期待を持つ日本のファンも多いことでしょう。今回はそんなパリの競馬場について紹介しましょう。

この記事の続きを見る


ファミリー向けのおすすめスポット【パリ編】
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
家族で初めてのパリ旅行なら、是非おすすめしたいのが、セーヌ川をクルーズする観光船「バトー・ムーシュ」です。クルーズには食事付きのコースもありますが、ファミリーなら気軽な遊覧だけの方がリラックスできると思います。気持ちのよい風を浴びながら、ルーヴル美術館、ノートルダム寺院、エッフェル塔などの観光名所を観光できます。食べ物や飲み物の持ち込みが可能なので、サンドイッチを買って船上でランチも素敵です。小さな船旅はきっとお子さんにとっても楽しい思い出になる事でしょう。

この記事の続きを見る


ペルー南部を源流とする世界最大の河川、アマゾン川
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • 中南米/ペルー/イキトス 
アマゾンの都市「IQUITOS/イキトス」。ペルー北東部に位置し、国内第6位の人口を誇るロレト州の州都だ。かつて天然ゴムブームに沸いたこの街は、現在アマゾン観光の主要都市として国内外の観光客を積極的に受け入れている。大自然を満喫した後は、ロックやサルサが鳴り響くクラブでナイトライフを楽しむもよし、また博物館や歴史的建造物が立ち並ぶ街を散策し、混沌とした伝統的市場に迷い込んでみるのもいい。ありとあらゆるものが混在したパワー溢れるイキトスは、旅行ガイドブック・ロンリープラネットの「2011年に訪れたい世界の都市トップ10」で6位に選ばれた。陸路では辿り着けないジャングルの秘境も、飛行機を使えばリマからたったの2時間弱だ。

この記事の続きを見る


ロバは馬よりずっとおとなしいので、さわってもオーケー。蹴っ飛ばされません
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/カンペール 
パリの硬水に対抗するにはロバのミルク石鹸がいちばん! 硬水のせいで、年中、肌が荒れがちなパリジェンヌの間で、最近、口コミでブームになっています。古い皮膚細胞を取り除き、新陳代謝を高めるとともに、潤いある柔らかい肌を!というのがその特性。クレオパトラが、毎日ロバのミルクのお風呂に入っていたというのは有名な話。そのために700匹の雌ロバを飼っていたと言われています。そして、フランスの歴代王妃たち、宮廷女官たちも、ロバのミルク風呂には目がなかったということ。

この記事の続きを見る


「フランス 有名な」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

「プノン・サンパウ」からの雄大な眺め。バッタンバンへは、観光地シェムリアップから車で約3時間、首都プノンペンからは約5時間。ピースフルな街の雰囲気を味わいに、少し足を伸ばしてみませんか?
  • テーマ:
  • 観光地・名所
カンボジア北西部の都市バッタンバン。のどかな田園風景が広がる国内有数の稲作地帯であるほか、複数の大学校舎がある学園都市でもあります。サンカー川の周辺に広がる中心街にはお洒落なショップが立ち並び、フランス領時代の面影を残す街並みも人気があります。観光地としては、アンコールワットを有するシェムリアップの陰に隠れがちなバッタンバンですが、他にも見どころがたくさんあるのです。今回ご紹介するのは、史跡好きの方も満足できること間違いなし!丘の上の名所「プノン・サンパウ(Phnom Sampov)」です。頂上にはフォトジェニックな黄金の寺院もありますよ。

この記事の続きを見る


フランスでの食事に欠かせないチーズ。手前がコンテ、奥がマンスター
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
11月にはぶどうの収穫祭があり、ボジョレー・ヌーボーも日本にたくさん入ってきましたね。そんなワインと共にチーズを食べる人もいると思います。カマンベールやモッツアレラ、ゴーダなど、日本のスーパーでも輸入ものが見られるようになりましたが、今回はチーズ王国フランスの、日本人の口に合いやすいチーズを独断で紹介したいと思います。フランスのチーズは何種類あるか正確にはわかっていないようです。400近いと言われていますが、1000以上あるという説もあります。旅行の際、フレンチレストランに行くと、最後の方にチーズの選択があるので食べることもできますが、スーパーはもちろん、チーズ専門店に行けばもっと数えきれないほどたくさんの種類が置いてあります。お店の人にいろいろ聞いて味見をさせてもらったり、量り売りしてもらえるので、「うわ〜何この味!こんなの買うんじゃなかった!」という失敗も避けられますよ。

この記事の続きを見る


きらびやかな内装に目を奪われます。
  • テーマ:
  • 映画のあの場所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
「リヨン駅」という名の通り、パリからリヨン、アヴィニョン・ニースなど南東方面へ向かう列車が乗り入れているこの駅構内に、まるで宮殿のような内装のレストラン、「ル・トラン・ブルー」があります。このレストランに入ると、どこかで見たことがある気がする方もいるでしょう…。それもそのはず、日本でも大ヒットした映画「レオン」の監督として知られるリュック・ベッソン氏が制作した「ニキータ」(1990)をはじめ、ジェローム・サル監督の「アントニー・ジマー」(2005)、スティーヴ・ベンデラック監督の「Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!」(2007)など様々な映画の舞台になっているのです。映画を見たことがないのであれば、行く前に映画を見ることをオススメします。まるで映画の中に入ったような気分が味わえます。

この記事の続きを見る


『マドリード、1808年5月3日』あるいは『プリンシペ・ピオの丘の虐殺』(プラド美術館収蔵)
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スペイン/マドリード 
「スペイン3大画家のひとりゴヤの生涯と作品から、当時の社会背景を知る」その3からの続きです。もう1点は、有名な『マドリード、1808年5月3日』あるいは『プリンシペ・ピオの丘の虐殺』と題されたもので、市民の暴動を鎮圧したフランス軍が逮捕者を銃殺した事件を描いたものです。日本でも世界史の教科書によく掲載されているので見たことがあるでしょう。右側の銃殺隊は暗く闇の中に配置され、「死」をイメージさせています。対照的に左側の殺される者たちには光を当て、その表情をはっきり映し出して「生」を感じさせます。なかでも中央の両手を広げた白いシャツの男は、手に聖痕があることから「キリスト」を象徴していると言われます。名作ですが、フランスから戻った国王フェルディナンド7世は反動的な専制君主で、民衆を力強く描いたこれらの作品を好まず、公開しませんでした。現在、これらの2作品もプラド美術館で見ることができます。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。フランス 有名な 動物に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介