page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「フランス 点字 場所」の見どころ情報

フランス 点字 場所に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「フランス 点字 場所」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


色々な人種が住んでいて、それぞれの言葉を話す人がいるパリ。この博物館がパリの中心にあることの意味も分かる気がします。
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
パリの中心、6区に位置し、ルクセンブルクの庭園と聖スルピス教会の間にひっそりと佇む「MUNDOLINGUA」は、言語、言語学を扱った個性的な博物館です。「言語学」といわれると、何やら難しく聞こえますが、この博物館では心配無用。訪問者が言語と歴史を学ぶ上で「体験」することによって理解できるようにと、ユニークな展示方法で魅了します。ニュージーランド生まれの創設者はパリで言語学を学び、マスターを取得した後、言語のための特別な遊び場を作ろうと思い立ちました。そこで言語学研究者、エンジニア、学生、アーティストなどと協力して3年間かけて非常に豊かなものを作り出すことに成功したのです。

この記事の続きを見る


このあたりがカルチエラタンと呼ばれるようになったのは、12世紀。ソルボンヌ大学の前身である神学校ができたころ、神学生たちはラテン語を話していたことに由来。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
この街がパリと呼ばれるようになるのは4世紀のこと。それ以前、リュテースという名で呼ばれていたころから、現在パンテオンがある場所は、街の中心でした。ローマ帝国支配下では、市場や集会所、政治や司法のとりおこなわれる場でもあったフォラムが、ここにありました。その後、5世紀になると、パリはアッチラ率いるフン族に襲撃されますが、そのときにパリを守り抜いた聖女ジュヌヴィエーヴにちなみ、現在のパンテオン界隈は、聖女ジュヌヴィエーヴの丘と呼ばれるようになりました。

この記事の続きを見る


「フランス 場所」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

トカイの大きな醸造所にはワインを販売するショップがあり、あらゆるカテゴリーのワインを揃えている
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ハンガリー/トカイ 
“ワインの王”、と呼ばれる名ワインは今日、世界に色々あるが、最初にこの言葉を発したのはフランスのルイ14世である。それはハンガリーのトカイワインに対しての誉め言葉だった。18世紀初頭、トカイ地方を治めていたハンガリーの貴族ラーコーツィ・フェレンツ2世は、自分の領地で作られた素晴らしいワインをルイ14世に寄贈した。その琥珀色のワインを口にしたルイ14世は驚き、「これは王のワインであり、ワインの王である!」と絶賛する。以来、フランスの宮廷ではトカイワインが出され、世界に広まっていった。今日、トカイワインはハンガリーの東北、もう少し北へ行けばスロバキアとの国境にたどり着く小さな町トカイで栽培され、醸造されている。トカイワインは糖度の高い貴腐ワインで、日本ではデザートワインとして親しまれている。

この記事の続きを見る


Marche
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/プロヴァンス地方 
20世紀の画家たちのインスピレーションの源として知られているプロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏。ニースやカンヌは有名ですが、ここに位置するサン・ラファエルは日本人にはあまり知られていません。しかしフランス人には観光地として好まれており、バカンスシーズンになると賑やかになります。電車が通っているため交通の便も良く、パリからTGVに乗れば、約5時間でサン・ラファエル/ヴァレスキュア駅に到着します。飛行機で行く場合はニース・コートダジュール国際空港を利用しましょう。ニースからサン・ラファエルは65 kmほどです。コート・ダジュールは年間約3,000時間という日照時間を誇り夏はもちろん、冬も光が綺麗でパリとは違った穏やかな気持ちになります。

この記事の続きを見る


センテンドレの中央広場。小さな町なので歩いて回れる
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ハンガリー/ドナウベント 
ハンガリーの首都ブダペストは、中欧から東欧に流れるヨーロッパの大河ドナウの岸に発展してきました。そのためブダペストを訪れた外国人観光客の多くは、ここを起点にドナウ川クルーズを楽しむ人が多いです。ドナウ川沿いには、古くからの歴史ある町がありますが、今回紹介するのはブダペストから北へ約19kmにあるセンテンドレの町です。ここへは定期船でも行けますが(往路1時間20分)、簡単に日帰りしたいなら郊外電車のヘーヴが早いです(片道約40分)。

この記事の続きを見る


  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
筆者は、アジア方面をメインにさまざまな国を旅してきました。ヨーロッパ方面は学生時代にバックパッカースタイルで2か月程旅して以来、訪れる機会がありませんでした。そんな中、インドでフランス人とイギリス人夫妻と仲良くなり、彼らの住んでいる南仏に2回ほど滞在する機会に恵まれました。今回は、フランス人の日本に対する印象について、筆者が体験したことをお伝えします。友人夫妻の住む南仏へ行く前、筆者はパリ近郊で10日間のセミナーに参加しました。参加者のほとんどがフランス人だったのですが、筆者が日本人と知ると皆口々に話しかけてきてくれたのです。その中には、日本を訪問して素晴らしかったこと、日本食の美味しさ、村上春樹さんのファンであること、日本のアニメや映画の素晴らしさを語る人などが多かったのです。特に印象的だったのは、樹木希林さん主演の映画「あん」を絶賛する人の多さでした。筆者が「あん」を見たことがないというと皆一様に信じられないという表情で、鑑賞を勧められ、その後見ましたが素晴らしい映画でした。

この記事の続きを見る


英雄広場に面して建つ、ギリシャ神殿風の建物
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ハンガリー/ブダペスト 
ハンガリーの首都ブダペストには大小合わせ、数多くの美術館や博物館があります。代表的なものには、中世からモダンアートにいたるハンガリー美術の代表作を収めた「ハンガリー国立美術館」、現代美術や企画展が中心の「現代美術館」がありますが、今回は「ブダペスト国立西洋美術館」を紹介します。ここはおもにハンガリー国外の作品を展示しており、西洋美術史に名があがるような有名作家の作品もあるので、ハンガリー国立美術館よりも楽しめるかもしれません。場所はドナウ東岸のペスト地区、アンドラーシ通りの突き当たりの「英雄広場」北側です。

この記事の続きを見る


夏の夜空に打ち上げられる花火に見とれてしまう
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/デュッセルドルフ 
花火といえば日本の夏に欠かせない風物詩。花火大会へ行ったり、家族や友人と一緒に花火を楽しむ光景があちこちで見られますよね。ドイツでは大晦日の打ち上げ花火が恒例ですが、その他にもイベントの締めくくりとしてよく打ち上げられます。例えばデュッセルドルフ近郊のベンラート城の庭園で開催される「光の祭典」は、クラシック音楽と噴水ショー、そして花火を一気に鑑賞できる毎夏恒例のイベントです。2020年は8月22日に開催される予定でしたが、新型コロナの感染パンデミックにより、中止になってしまいました。今回は昨年訪問時の様子をご紹介します。なお2021年は7月3日に開催予定ですので、デュッセルドルフ観光と共に是非体感したいものです。

この記事の続きを見る


ソウルの明洞は韓国コスメショップがいっぱい。若い女性に人気のブランド「ザ・セム」
  • テーマ:
  • ビューティー
「今度の旅行のメイク道具、どうしようかなあ」。男性旅行者には共感しづらい悩みがこれ。海外旅行の準備中に考える、旅行先でのメイクについてです。海外旅行では、持ち物もおのずと厳選されていきます。そのとき意外と見落としがちなのが、現地の女性たちのメイク事情なんです! 旅先で、旅行中の外国人だということがひと目でわかることは、まあ、当たり前。とは言えあまりにも周囲から浮いているのも、なんとなく居心地が悪いものです。女性の場合、その一因にメイクの違いが挙げられます。

この記事の続きを見る


暗い地下室に無数の人骨が積まれています。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
地下墓地、というと何やら不気味なイメージがあると思いますが、花の都であるパリにも地下墓地があるのです。「カタコンブ・ド・パリ」と呼ばれている地下墓地は、世界でも珍しい場所です。カタコンブ・ド・パリは14区のデンフェルロシュロー広場というパリの中心部に位置しています。地下墓地は一般公開されており、観光客ももちろん入ることができます。地下墓地は意図的に掘削されたのではなく、かつての採石場を利用しています。当時、パリには多くの首都は採石場があり、主に石灰岩の供給源となりました。建築材料としてノートルダム・ド・パリのような多くの記念碑や家に使われました。 内部に入るとその両脇には驚くほどの数の骨が埋められています。その数は約600万体にも及ぶと推測されています。しかしながら、なぜここを選んだでしょうか。その理由は衛生問題がきっかけなのです。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。フランス 点字 場所に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介