page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「フランス 点字 場所」の見どころ情報

フランス 点字 場所に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「フランス 点字 場所」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


色々な人種が住んでいて、それぞれの言葉を話す人がいるパリ。この博物館がパリの中心にあることの意味も分かる気がします。
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
パリの中心、6区に位置し、ルクセンブルクの庭園と聖スルピス教会の間にひっそりと佇む「MUNDOLINGUA」は、言語、言語学を扱った個性的な博物館です。「言語学」といわれると、何やら難しく聞こえますが、この博物館では心配無用。訪問者が言語と歴史を学ぶ上で「体験」することによって理解できるようにと、ユニークな展示方法で魅了します。ニュージーランド生まれの創設者はパリで言語学を学び、マスターを取得した後、言語のための特別な遊び場を作ろうと思い立ちました。そこで言語学研究者、エンジニア、学生、アーティストなどと協力して3年間かけて非常に豊かなものを作り出すことに成功したのです。

この記事の続きを見る


このあたりがカルチエラタンと呼ばれるようになったのは、12世紀。ソルボンヌ大学の前身である神学校ができたころ、神学生たちはラテン語を話していたことに由来。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
この街がパリと呼ばれるようになるのは4世紀のこと。それ以前、リュテースという名で呼ばれていたころから、現在パンテオンがある場所は、街の中心でした。ローマ帝国支配下では、市場や集会所、政治や司法のとりおこなわれる場でもあったフォラムが、ここにありました。その後、5世紀になると、パリはアッチラ率いるフン族に襲撃されますが、そのときにパリを守り抜いた聖女ジュヌヴィエーヴにちなみ、現在のパンテオン界隈は、聖女ジュヌヴィエーヴの丘と呼ばれるようになりました。

この記事の続きを見る


「フランス 場所」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

世界最大のインドアクリスマスライトアップイベント!
  • テーマ:
  • イベント
  • 行き先:
  • 北アメリカ/カナダ/オタワ 
2017年に初めてバンクーバーで開催されて以来、様々な国で開催されてきたこのイベント。世界最大のインドアクリスマスライトアップイベントとして、各地で人々の人気を集めています。今年も発祥地のバンクーバーをはじめ、トロントやエドモントンなどカナダ各地、米国ではシアトルとピッツバーグ、そしてデンマークでも開催されますが、オタワにも初めて登場します!極寒の冬を迎えるオタワでもクリスマスのライトアップイベントをゆっくり楽しめる嬉しいインドア!展示はイギリス、フランス、メキシコなど6か国のテーマがあり、全ての展示でスタンプを集めると何かもらえるかも!?

この記事の続きを見る


環状鉄道の廃駅を再利用した建物は他にもレストランなどがあります。
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
クリニャンクールののみの市が有名なポルト・ド・クリニャンクール駅(地下鉄4番線の終点)。その駅を降りると何やら人がたくさん集まるエコ・フレンドリーなカルチャースポット「REcyclerie」があります。ここはかつての環状鉄道の廃駅を再利用した建物です。環状鉄道とは「プティト・サンチュール」といってパリ市内を運行していた鉄道。現在でも利用されている駅もありますが多くの駅はすでに壊されているか、何かの建物として利用されている駅もあります。「REcyclerie」はまさに後者で2014年から運営されています。

この記事の続きを見る


市立劇場周辺には石畳が敷かれヨーロッパのような風景が広がって居ます。アメリカのテレビコマーシャルの撮影場所にも選ばれていました。
  • テーマ:
  • オペラ・音楽
  • 行き先:
  • 中南米/チリ/サンチアゴ 
サンティアゴ在住歴も長くなって来ましたが、まだまだ行ったことがない場所は色々とあります。今回ご紹介する国宝建築のサンティアゴ市立劇場もそんな場所の一つです。市立劇場はサンティアゴ旧市街にあり、昔ながらの植民地時代の雰囲気が残る、南米に居ながらどこかヨーロッパを感じる風景が残る場所に建てられて居ます。そんな市立劇場は、サンティアゴで最も重要な舞台演劇およびオペラハウスで、チリの文化・芸術の中心的な役割を果たしています。

この記事の続きを見る


店内はこぢんまりとしていますが、なんとも居心地が良い!
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
週末にパリでブランチを食べられる場所を探していると、カフェ大好きなパリジェンヌから「ぜひ!」と薦められたのが15区のカフェ「O Coffee」。パリの中心やモンマルトル(18区)やマレ(3区)には有名、もしくはおしゃれなカフェが多く存在しますが、15区はカフェとしてはあまり知られていない地区。それゆえ15区に素敵な場所があると知り早速訪れてみました。週末になるとよく並んでいるほど人気があるカフェだそうで、オープンする9時に行くとよいとアドバイスを受けて行ってみると、確かに10:00には満席に。期待も高まります。

この記事の続きを見る


IBRIKは赤い可愛い扉が目印。
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
9区に他ではなかなか味わえないコーヒーショップがあると聞き、訪れてみました。お店の名前は「IBRIK」。ここはトルコ式コーヒーショップで、煮出しコーヒーが楽しめます。お店の名前であるイブリックは、銅製の小さなひしゃく型のポットのことで、一般的に知られているコーヒーの入れ方とは違います。トルコ式コーヒーは手間がかかり、出来上がるまでに約10分ほど時間がかかります。時間がないときは、美味しい一般的なコーヒーも用意されているのでご安心を。エスプレッソ、ラテ、カプチーノ、さらにはフランスでは珍しいアイスコーヒーまであり、来るたびに色々なコーヒーを味うこともできます。

この記事の続きを見る


気軽に入って軽食をとるならカフェ。ファストフード店も多い
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
フランスは日本のように外食代は安くはありません。パリではランチでも1000〜1500円ぐらいは覚悟しておきましょう。店のタイプとしては、入りやすいのは市内のどこにでもある「カフェ」で、朝から晩までオープンしており、サンドイッチやサラダなどの軽食を食べることができます。お酒も飲めるので何かと便利ですよ。市内中心部では1ブロックにひとつはカフェがあるぐらいなので、休憩がてら食べるにはいいでしょう。カフェも地元向けと観光客向けがあり、見た目でなんとなく分かります。観光客向けのところのほうが入りやすいですが、雰囲気の分お値段も高いかもしれません。ファストフードは、マクドナルドやKFCといった日本でもおなじみのチェーン店もたくさんあります。値段は日本と同じか2割ほど高いですが、時間がないときには重宝します。

この記事の続きを見る


パリ観光中の食事。どんなところで食べられる?
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
パリでの食事について、今回は「観光の合間の食事」という視点で書いていこうと思います。リピーターの方は、多分どこでどんなものが食べられるとかはご存じでしょう。細かい記事はネット上にもたくさんありますが、今回はパリ初心者のために、シャンゼリゼ、エッフェル塔、ルーブル美術館の3つの観光地での食事のパターンをざっくりと紹介してみようと思います。

この記事の続きを見る


パリには見どころがたくさん!
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
2019年4月15日、ノートルダム大聖堂の火災という悲劇が起きたパリ。観光客にとっては非常に残念なできごとですが、幸いにして焼けたのは屋根の部分なので、数年後の再公開が待たれます。パリにはそのほかにも多くの観光地がありますが、今回は私がおすすめする「初めてのパリ。観光地ベスト5」。見るべきところがたくさんあるパリですが、初めてならここだけは行っておいたほうがいいという場所をチョイスしました。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。フランス 点字 場所に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介