page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「フランスといえば 食べ物」の見どころ情報

フランスといえば 食べ物に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「フランスといえば 食べ物」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


ミルク好きにはたまらない、乳製品王国フランス
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
フランスはEU地域の中で、ドイツに次いで第二位の生乳生産量の、約2割近くの生乳シェアを持つ酪農大国です。それを実感させてくれるのが、食料品売り場の乳製品コーナーです。ミルクは日本と同じく、乳脂肪分の違うタイプが揃っていて、“BIO”と表示されている有機農法で育てられた乳牛から絞ったオーガニックのミルクも人気があります。

この記事の続きを見る


「食べ物」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

民宿「50年代屏東市郷下人家生活体験」正面の「大廰」の様子
  • テーマ:
  • 安宿
台湾の伝統的な住居スタイル「三合院」。現在では、地方の一部でしか見られなくなりましたが、住居スペース全体が「コ」の字型をしたい住空間となっています。南国らしい青空が見えるコの字型の住居スペースの真ん中には、日本でいう中庭であり、子供たちが安全に遊べ、家族が顔を合わせる憩いの場となっていました。建物の中の配置は、各家庭によって多少は違いがあるようですが、一般的には、真正面の「大廰」と呼ばれる部屋には祖先を祭る祭壇が設けられており、さらに家族や客が集うリビングとなっていました。そして、「大廰」の中から見て左側の建物には台所とメイン寝室、右側にはその他の寝室が設けられていました。赤いレンガを積み上げて建てられた三合院は、経年劣化により、現在では廃墟となっているところも多いですが、近年、民宿やカフェやレストランとして生まれ変わっている建物もあります。

この記事の続きを見る


スタンダードで部屋数も多く、最も人気が高い“真っ白”タイプの部屋
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ウィーン 
ウィーンに数ある5つ星ホテルの中で、かなりユニークな最高級ホテルをご紹介しよう。ソフィテル・ウイーン・シュテファンスドームだ。2012年12月にオープンした比較的新しいホテル。客室は全部で156室。ウィーンの最高級ホテルとしては大型だ。18階建ての高層ビルで6階から上がホテルになっている。スタンダードな部屋でもかなりラグジュアリー。寝心地の良い大きなベッドが置かれ、アメニティはエルメス。ミニバーは無料で毎日ソフトドリンクが補充される。暖かい飲み物はコーヒー、紅茶が用意され、ネスプレットも置かれていてこちらも毎日補充される。唯一、なんとも評価しがたいのがバスルームだ。客室は全てワンルームでバスルームがベッドルームと繋がり、水が飛ばないようにガラススクリーンで区切ることもできるが バッチリsee-through。ヨーロッパの斬新なホテルにこのタイプが多く、一人で泊まるなら機能的で良いしカップルも問題ないとして、それ以外の二人はどうなのでしょうか。

この記事の続きを見る


ポーランド人の食生活にかかせない『スープ』
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ポーランド/ワルシャワ 
ポーランドに来て驚いたことの一つに、スープの種類の多さが上げられます。ポーランド人との食事では、スープは欠かせません。ポーランド語で表現すると、スープは飲むのでなく、食べるもの。中には野菜や卵など具材がしっかりと入っていて食べ応えがあります。中でもおすすめなのが、『ジュレック(zurek)』ライ麦を発酵させて作るスープです(写真右) 日本ではあまり馴染みのないスープですが、酸味があってクセになる味。白ソーセージ入りのもの(zurek z kielbasa)や玉子入りのもの(zurek z jajkiem)も食べ応えがあって美味しいです。スープ皿またはパンをくり抜いて作られた器に入れてもらうことができます。写真左の『野菜スープ』はどこのレストランにも必ずある定番スープのひとつ。優しいお味で、中にヌードルが入ってる場合も。子供たちも大好きなスープです。写真中程の肉料理『ビゴス(Bigos)』は、ザワークラウト(キャベツ)とお肉を煮込んだ酸味のある定番料理。こちらもなかなか日本ではない味付けですが、日本人ウケも良いのでぜひお試し下さい!

この記事の続きを見る


グループでカードゲームに興じるもよし、ハンモックに揺られながら昼寝してもよし。水上小屋でひたすらのんびりするのがカンボジア流休日の過ごし方。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
王宮、ワットプノン、ローカルマーケット。プノンペンの定番観光地を一通り巡ったら、郊外の行楽地まで少し足を伸ばしてみるのはいかがでしょう?今回ご紹介するのは、プノンペン近郊に住むカンボジアの人々に人気のスポット。プノンペン市街地から約30km。車・トゥクトゥクで1時間30分ほど走ったところに位置するトンレバティ湖畔です。アンコール時代の遺跡が残るほか、水上小屋から湖を眺めながらリラックスできるのどかな場所。ローカルな雰囲気に癒されつつ、のんびりデイトリップをどうぞ。

この記事の続きを見る


自動車が写っていなければ、いつの時代か分からなくなりそう
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/台湾/金門島 
金門島に行ったことがありますか? ここは台湾の中でもとびきりユニークな存在。中国からの侵攻を総力戦で撃退した歴史を持ちながらも、都会にはないのんびりした雰囲気が楽しい島です。金門島の観光は、中国との戦いの跡を見学するスポットと、戦跡以外を見る観光スポットの二つに分かれます。今回はバラエティーに富んだ島(大金門島)の観光をご紹介します。

この記事の続きを見る


ここに来たら湖畔の散歩はマスト!
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/マケドニア/オフリド 
北マケドニアの人気観光地、オフリド。ここでは実際に歩いて感じた、町の印象をお伝えしたいと思います。まず感動したのは、広大なオフリド湖。町に着いて初めて湖が見えてきたときは、まるで海のよう…と目を見張りました。景色を楽しめるように、湖畔に沿って気持ちのいい歩道がつづいています。けっこう長い距離があり、お土産や食べ物の露店が並ぶエリアも。ここには夏の水辺の観光地にありがちな“気取り”もなし! のんびりしていて、居心地のいいところでした。

この記事の続きを見る


珍しいフィリーチーズステーキ専門店
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
世界各国の料理を気軽に楽しむことができるバンコクですが、そんな環境下でもこれまで出会う機会がなかなかなかったのがアメリカ・フィラデルフィア発祥のサンドイッチ「フィリーチーズステーキ」。そんななか、外出自粛期間中にようやく見つけたのが、絶品フィリーチーズステーキを販売する「South Philly(サウスフィリー)」というショップです。

この記事の続きを見る


珍しい台湾おにぎりの専門店
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
在住日本人のあいだで話題となったのは台湾発祥のおにぎり「ファントゥアン」を専門で販売するショップ、その名も「Fantuan」。私はこのファントゥアンをこれまで食べたことがなかったのですが、台湾では朝食の定番メニューとしてお馴染みの食べ物なのだそうです。バンコクには台湾料理店が多数存在しますが、このファントゥアンを専門で販売する店というのはおそらくこの店が初。物珍しさから、オープン早々話題を集めることとなったようです。

この記事の続きを見る


町の北側に広がる商店街
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/アルバニア/ティラナ 
アルバニア北西部の町、シュコドラ。町の真ん中あたりにある環状交差点の付近には、石畳のおしゃれな通りがいくつかありますが、歩いて楽しい通りはそれだけではないんです。環状交差点から北に延びる大通り、Qemal Dracini通りを進んでいくと、次第に庶民的な商店街となってきて、歩きまわるほどに、さきほどとは違う活気が。歩道にせり出して、所狭しと商品を並べた小さなお店や露店が並び、カラフルでにぎやかなのです。こんな場所もあるのだと意外でした。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。フランスといえば 食べ物に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介